(書斎の窓)『大坂の陣 豊臣方人物事典』

『大坂の陣 豊臣方人物事典』 『大坂の陣 豊臣方人物事典』

宮帯出版社から刊行された『大坂の陣 豊臣方人物事典』は、大坂冬の陣・夏の陣で大坂城に群集した家臣、古参・新参の諸士、女房たち1113人を史料に基づき収録した、豊臣方では初の人物事典で、北川央・大阪城天守閣館長の監修の下、史料に基づき一人ひとりの人物が詳述されています。

『大坂の陣 豊臣方人物事典』 『大坂の陣 豊臣方人物事典』

『大坂の陣 豊臣方人物事典』
以下、目次を掲載―
  • 秀吉没後の豊臣家と大坂の陣(北川央)
  • 大坂城中の五人衆
  • 大坂の陣 豊臣方人物
  • 大坂の陣 豊臣方人物(女房衆)
  • 巻末付録/付録(下記参照)
本書の特徴は、
  • 大坂冬の陣・夏の陣で豊臣方に加勢した家臣、古参・新参の諸士、女房たち1000名以上を収録した初の人物事典。
  • 本書に収録した人物の記述はすべて史料に基づくもので、その出典がもれなく明記されている。
  • 開きやすさと堅牢性を兼ね備えた製本方法を採用。当該ページを開いたままにしておける。
  • 付録も充実!
    1. 「豊臣秀頼御上洛之次第」に記載された豊臣家の家臣団のリスト(翻刻)
    2. 「慶長十六年禁裏普請帳」における「大坂衆」
    3. 大坂七組
    4. 大坂籠城中の軍職等
    5. 大坂籠城諸士・女房らの相関図
    6. 重要文化財『大坂夏の陣図屏風』(右隻・第3~4扇、大阪城天守閣蔵)のカラー拡大図(A2サイズ相当)
など、今後の研究に活用できる資料が多数収録されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

待ちに待った!書籍が刊行されましたね。思えば、私が最初に卒論のテーマにと考えたのが「大坂衆」でしたが、資料収集に関して歴史知識がまだ乏しかったので、諦めたんですよね。
しかも、平成5年(1993)に大阪城天守閣にて催された「豊臣秀頼展」生誕400年記念特別展で展示されていた山口県文書館所蔵『豊臣秀頼御上洛之次第』が翻刻されている点も大注目ですよ。



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック