木猿だけが知っている!―姉小路公知殺傷事件=朔平門外の変(猿ヶ辻の変)

sarugatsuji 02.jpg

京都御所をぐるりと囲む築地塀ついじべい。そのちょうど北東の方角に当たる場所の塀の一角だけが折り曲げられて建っています。

その場所は、うしとらの方角に当たり、まさに御所にとっての「鬼門」の場所に相当します。「鬼門除け」のために折り曲っているんですね。

江戸時代の末期、すなわち幕末の動乱の時期にこの「鬼門除け」の立地を利用して、何者かが尊王攘夷派の若い公家を殺傷する事件が起きました。

文久3年(1863)5月に起きた襲われた姉小路公知あねがこうじきんとも殺傷事件です。

姉小路公知
は当時、三条実美と共に攘夷派の中心人物で、日米修好通商条約勅許について反対派の急先鋒だったり、和宮親子ちかこ内親王の降嫁問題では推進派の岩倉具視らを弾劾したり、幕府に対し即今攘夷の実行を強く迫っていたりしました。

― ◇ ◇ ◇ ―

それは、5月20日夜の事、御所での会議を終え、朔平門さくへいもんを出た公知は従者3人と共に帰途につくのですが、「鬼門除け」に差しかかった時、突然、刀を持った黒い影に道を遮られてしまったのです。

公知は従者に「太刀を!」と求めますが、太刀と提灯を持った従者2人は後ずさりして逃げてしまいます。

仕方なく、公知は手元にあった扇でもって応戦しますが、顔や胸を切られて重傷を負い、その場に残った従者に抱えられて屋敷に戻りますが、間もなく出血多量で息絶えます。(朔平門外の変)

その時の様子を、当時姉小路家と関わりの深かった跡見花蹊かけい(のちの跡見学園女子大学創立者)の日記から抜粋すると、

廿四日…(前略)…殿様(公知)御事、廿日之夜四ツ時、御所より御退出懸、朔平御門の廻り懸(猿ヶ辻)にて、浪人物三人、面を包(み)、うしろはち(鉢)巻にたすきかけにて、向より御胸を切付、此きつ(傷)長(さ)六寸深サ四寸ばかり、殿様、太刀太刀とと四度も仰せられ候へとも……(『跡見花蹊日記』文久三年五月廿四日条)

と、事細かに記しています。花蹊の姉が公知の嫡子(のちの公義きんよし)を産んだ関係で父は外戚の立場で「目付」に、弟が「近習」として仕えていたようで、事件の際に逃げなかった従者と親しかった事もあって、花蹊はこの従者から直接、事件の様子を聞いたのだと思われます。

事件後、現場に残されていた刀などの物的証拠から薩摩藩の田中新兵衛などが特定され捕縛されましたが、取り調べ中に田中が自殺したため、真相は“薮の中”に消えました。

さて、この事件。もしも「鬼門除け」という死角がなかったら、待ち伏せは成功しなかったかもしれませんね。

sarugatsuji 01.jpg sarugatsuji 03.jpg

この「鬼門除け」には別な言い回しがあり、「猿ヶ辻」と呼んでいます。ちょうど、「鬼門除け」の築地塀の瓦の軒下に烏帽子を被り、御幣を担いだ木彫りのお猿さんが居てはります。

このお猿さん、比叡山延暦寺の地主神である日吉大社のお使いで、鬼門を守るために遣わされたそうです。それで「猿ヶ辻」と呼ばれるようになったのですが…

ところがこのお猿さん、夜な夜な築地塀から抜け出しては付近をうろついて悪戯が過ぎるので、金網が張られて、閉じ込められたのだそうです(笑)

もしかしたら、事件のあの夜、築地塀から真犯人を見ていたのやもしれませんね。

"木猿だけが知っている!―姉小路公知殺傷事件=朔平門外の変(猿ヶ辻の変)"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。