“越の国”で歴史散策!

2月24日、25日と1泊2日で福井市内と敦賀市内を散策してきました。

大阪の友人と計画立てをして、初日は1泊することも考えて、大阪駅から福井駅まで特急で出発。

心配だったのが、前日あたりから強風の影響で運転見合わせや運行状況の遅れなどでしたが、当初計画していた時刻よりも1本早い特急に乗り込み、大阪駅を出発。

しかしながら、やはり強風の影響は避けられなかったようで、湖西線経由でのルートが米原まで東海道線、そこから北陸線というルート変更、全体でも30~40分遅れでの運行とのアナウンスが!…結果的には、当初の計画通りのタイムスケジュールとなりました。

いざ福井駅に到着し、宿泊する温泉旅館の送迎バスが来るまで時間まで3時間弱あるので、市内の歴史スポットを散策開始です!

福井へはほぼ10年前に大学(史学科)の友人たちと来て以来の訪問です。その時は、一乗谷丸岡城左内公園など周辺地域を中心に巡ったので、市内をじっくり巡るのは今回初めてです。

― ◇ ◇ ◇ ―


まずは福井城址を目指します。

由利公正(三岡八郎)像 岡田啓介像

中央公園内に入って、由利公正きみまさ(三岡八郎)像岡田啓介像をチェック。

松平春嶽像

続いて、福井神社に参って松平春嶽(慶永)像をチェック。

yuuki_hideyasu.JPG 由利公正(三岡八郎)・横井小楠像

そこから福井城址内の福井県庁横を通って、県庁正面の結城秀康像をチェックし、内堀公園由利公正(三岡八郎)・横井小楠像をチェックしました。

次に目指したのは、柴田神社北の庄城址公園です。

前回は苦労して苦労して探し当てた場所ですが、鬼瓦などの発掘(→こちらを参照)があって以降、多少の復原がなされて整備されているので、寄ってみました。

柴田勝家像

お決まりとして、柴田勝家像をチェック。10年前にはあった定食屋さんは見当たりませんでした。(お市定食、三姉妹弁当とか…懐かしいデス 笑)

ラストに丹羽長秀の墓(史学科の同級生である女性のご先祖様なんですが…)を巡って、初日の福井散策は終了!

― ◇ ◇ ◇ ―


さて、2日目は、旅行のメインでもある、敦賀城址巡りです。

福井駅から普通電車で約50分。

都怒我阿羅斯等像

まずは、「敦賀」の語源ともなっている、意富加羅国(今の朝鮮半島南部)の王子・都怒我阿羅斯等(つぬがあらしと)像がお出迎えです。

ちょうど、お昼時に到着したので、まずは腹ごしらえとアルプラザでランチタイム…(失礼ながら、こんな所でもHOPカードが使えるなんて…笑)

敦賀城等案内碑 来迎寺表門(元敦賀城中門) 大谷吉継幟旗

まずは敦賀西小学校前に立つ敦賀城等案内碑をチェック。そこから敦賀城の原風景(掘割りなど…)を感じるべく真願寺来迎寺を巡り歩きました。

武田耕雲斎像

最後は松原神社水戸天狗党ら烈士や武田耕雲斎の墓を巡って、目的を終了。

敦賀駅に迎い、新快速に乗って帰洛しました。

今回、旅行前日に体調を壊してしまい、いわば万全の状態で臨めなかったのが痛恨の極みでした。今度は暖かい時期にでも行こっ!

"“越の国”で歴史散策!"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。