NHK土曜ドラマ「遠雷と怒涛と」

CSの時代劇専門チャンネルにおいて、昭和57年(1982)3月から4月のかけて放送されたNHK土曜ドラマ「遠雷と怒涛と」がCS初放送として放映されます。

私は当時、高校2年生になったばかりで、いよいよ大好きな歴史の授業が受けられる、と期待に胸膨らませていた時期で、この作品も観ていたんですよね、実は…

しかし、断片的にしか記憶に残ってません!相当なインパクトがあったはずなのに…

私が小学校6年生の昭和52年(1977)に放送されたNHK大河ドラマ「花神」を観て、歴史にハマり、この時点で将来は歴史の勉強がしたい!と目標が定まったきっかけを与えてくれたのですが、この「遠雷と怒涛と」という作品も実はその方向性を指し示してくれた作品だったのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

「花神」を観て長州藩が好きになり、そこから司馬遼太郎氏の作品を読み出し、原作として引用された『世に棲む日々』、『花神』、『峠』、『十一番目の志士』などを読み漁りますが、同じ時期に父が購入していた小学館の『日本の歴史』シリーズを読み始め、その中の第24巻『明治維新』に出会います。執筆されたのが田中彰先生で、先生が書かれた脱退騒動や“隊中さま信仰”の話に興味が湧いたんですね。

さらに、奈良本辰也先生の著書も読んでいくうちに、奈良本先生が周防大島(山口県大島郡大島町)出身である事を知ります。

京都って、昔は割に部落・同和問題に関する授業が小学校から習ったりするのですが、奈良本先生の著作もその方面に関するものが多く、そこから吉田年麻呂(稔麿)の被差別部落民の登用策や維新団の結成など、武士階級に虐げられてきた下層階級の存在を知っちゃいます。

おかげで、周りの長州好きな連中とは話が合わなくなっちゃいました。みんなはやっぱり、幕末・維新期の幕府に立ち向かっていく長州(基本はもちろん「花神」ですけど…)が好きで、好きな人物は高杉晋作や久坂玄瑞が挙がるんですが、私は上記に挙げた“隊中さま”だったり、名もなき隊士に興味が変わっていき、むしろ維新期以降の長州の動きに注目するようになった訳です。

大学の史学専攻科に進み、広島や山口出身者と友達になり、彼らを通じて萩藩毛利氏に関する情報や知識を吸収したりして、夏休みには山口県文書館に通って、そこにしかない書籍を読み漁ったりしました。

そんな私への歴史への興味を促してくれた作品がこの「遠雷と怒涛と」という作品だったのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、前置きが長くなりましたが、本放送時にリアルタイムで観ていた割に断片的な映像しか憶えていないなんて、って感じですが、大学の史学専攻科の時、広島と山口出身者からマツノ書店の存在を知ります。ちょうど『定本奇兵隊日記』を発刊される記事だったかな…

そこで、会員となったら、マツノ書店から古書目録が送られてきました。その古書目録を探ってみると、こんな記載があったのです―(以下、引用)

enrai-to-doto-to.jpg

書名:遠雷と怒涛と
著者:湯郷将和
出版社:日本放送出版協会
価格:500円
刊行年:昭和57年
詳細:B6 248頁 天小口少ヤケ ▼激動の発火点・長州毛利藩には半官半民の鯨組があった。大山市之進は士分を棄ててこれに投じたが…。士族の誇りにこだわって反目しあう同志、妻タツの離別、やがて骨肉血で血を洗う「萩の乱」へと押し流されていく。明治維新史に欠落していた「普通の人びと」の息づかいを活写して、放送文学審査委員の高い評価を受けた力作。

―断片的な記憶で作品タイトルさえ忘れていた私でしたが、「もしかしたらこれじゃないかな?」と思い立ち、購入する事に決めました。

本が手許に届き、内容を読んでいくうちに、「間違いない、これだ!」と確信。

キーワードとなるものが定まると、後は雪崩のように見つかっていくもんで、作品が放送された年月日も把握でき、主な出演者も判りました。

さらに、「NHKって情報紙あったよな?」って事で図書館で調べると、『グラフNHK』を発見!そこでようやく「遠雷と怒涛と」の特集記事にお目にかかれた訳です。

― ◇ ◇ ◇ ―

以下、「遠雷と怒涛と」の情報データです―

本放送時の日程は、
  • 第1回-昭和57年(1982)3月27日
  • 第2回-昭和57年(1982)4月 3日
  • 第3回(完)-昭和57年(1982)4月10日
って感じでした。

原作は、湯郷将和氏による同名タイトルの『遠雷と怒涛と』

ちなみに、湯郷将和氏は昭和63年(1988)に57才でお亡くなりになっています。

主人公にあたる人物が湯郷将和氏の曽祖父にあたる方をモデルに書きあげられています。

放送文学賞の第3回(昭和55年度=1980・4~81・3)受賞作品で、

幕末・維新期を背景にした物語には、知名度の高い人物にスポットをあてたものが多いが、この作品の主人公は、名も知れぬ長州藩の下級武士。

ドラマでは、長州藩の下級武士・大山市之進を中心に、維新という激動の時代の変革に遭遇し、否応なしに翻弄されていく人々の戸惑いや苦悩を描いた作品

となっています。

舞台設定としては、慶応2年(1866)に始まる四境戦争で長州藩が石見浜田藩(松平右近将監家=越智松平家)を攻めた石州口の戦い(益田戦争)から、明治3年(1870)の長州藩諸隊脱退騒動を挟んで、明治9年(1876)の萩の乱辺りまでが描かれます。

舞台は江戸時代、長州藩の公設処刑場である大屋刑場地や大屋検問所があった長門国阿武郡大屋村(現、山口県萩市大字椿大屋、萩市笠屋)と、長門市仙崎から北にわずか120m、仙崎湾にかかる仙崎大橋を渡った青海島おおみじまの東側に位置し、古式捕鯨の里でも有名な長門国大津郡仙崎通村(現、山口県長門市通)の通浦かよいうらという場所。

なかでも、通浦は江戸時代から捕鯨基地として発展した地。

通浦の鯨組(数百人を単位とした捕鯨組合組織)は延宝元年(1673)に長州藩に取り立てられて以降、明治41年(1908)まで235年間にわたって、古式捕鯨(網掛け突き捕り法=鯨を網に追い込んで、銛で突いて捕獲する網掛け突き取り方法によつ漁)を続けました。

同市仙崎出身の金子みすゞの詩歌「鯨捕り」の中には次のような一節が見受けられます―

 むかし、むかしの鯨捕 り
 ここのこの海、紫津しずが浦

 いまは鯨はもう寄らぬ
 浦は貧乏びんぼになりました

―通浦の鯨組の網頭(網元)であり、庄屋役を務めていた13代目・早川源治右衛門の家は「早川家住宅」として国の重要文化財に指定され、現存しています。

主な出演者の顔触れは―
  • 大山市之進=勝野洋さん

  • 市之進の父・松三郎=芦田伸介さん
  • 市之進の弟・末松=広岡瞬さん
  • 市之進の妹・ウメ(早川清太郎の妻となる)=宮崎美子さん

  • 市之進の長男・米蔵(タツとの間の子)=大塚利明くん
    →原作者の祖父にあたる

  • 市之進の先妻・タツ(片岡家の出、佐世八十郎の従妹→離別する)=竹下景子さん
  • 市之進の後妻・サヨ=宇都宮雅代さん

  • 市之進の叔父、松三郎の兄・又一(萩・明倫館の剣術師範)=下条正巳さん
  • 大山家の使用人・キヨ=鳳八千代さん

  • 庄屋&網頭・早川権左衛門=金田龍之介さん
    →おそらく、13代目・早川源治右衛門のモデル

  • 権左衛門のせがれ・清太郎=永島敏行さん

  • 鯨組の若年寄・勘助(磯部勘助)=北浦昭義さん
  • 勘助の妻・フク=木村夏江さん

  • 大屋検問所の番役人・周助=岡本信人さん

  • タツの実父・片岡伝右衛門=大木実さん
  • タツの実兄・片岡内蔵太=村野武範さん

  • サヨの実父・孫兵衛=加藤嘉さん

  • 大村益次郎=米倉斉加年さん
  • 神代こうじろ直人=深水三章さん
  • 木戸孝允=河原崎長一郎さん

  • 山田えい太郎(前原一誠の弟)=浜田晃さん
  • 奥平謙輔=内田勝正さん
  • 横山俊彦=伊藤高さん
  • 一誠の妻・綾子=千北谷和子さん

  • 市之進の従兄・佐世八十郎(前原一誠)=近藤正臣さん
放送日時は、
  • 第1回=3月17日(土)22:00~23:13(再放送:4月7日〔土〕25:00~)
  • 第2回=3月24日(土)22:00~23:13(再放送:4月7日〔土〕26:20~)
  •  第3回(完)=3月31日(土)22:00~23:13(再放送:4月7日〔土〕27:40~)
となっていますよ。

ホントに、ホントに待ち望んで、実に35年!1コマ1コマを鮮明に瞼に焼き付けようと思います!

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)NHK大河ドラマ「花神」、新たに2話発掘される!
※(参照)待ちに待った「風が燃えた」、33年ぶりの再放送!
※(参照)映画「獄に咲く花」―松陰先生と久子女史を描いた物語
※(参照)NHK大河ドラマ「花神」第19話「上海みやげ」
※(参照)その時歴史が動いた「奇兵隊~幕末に命を賭けた若き庶民たち~」
※(参照)「長州ファイブ」
※(参照)すべてはこの時から―昭和52年!

"NHK土曜ドラマ「遠雷と怒涛と」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。