「われら青春!」


スカパーのファミリー劇場「われら青春!」が始まりました。

沖田俊先生(中村雅俊さん)が先生の青春ドラマです。舞台は太陽学園。(山梨県に実在する学校です!)

顔触れも懐かしさでいっぱいです。杉田校長(有島一郎さん)、江川教頭(穂積隆信さん)、塚本先生(柳生博さん)、そして“丹頂鶴”(笑)杉田陽子先生(島田楊子さん)、そして3年D組のメンバーたち…山本大作(穂積ペペさん)や神野吾郎(千葉裕さん)もすごく懐かしいです。

ちなみに女子生徒のメンバーの中では年上のお姉さんへの憧れもあったからでしょうか、白川梨絵(大原福美さん)が好きでした。ところが、現在この年齢になってみて、改めてドラマを観返してみると、チビ、こと原田弥生(橋本裕子さん)が良い感じだったりして…

ドラマの中で使用された音楽もいまだに耳に残ってるくらい印象深いです。主題歌の「帰らざる日のために」はモチロン!中村雅俊さんのデビュー曲で大ヒットした「ふれあい」の実はA面だった「青春貴族」も良かったしなぁー。

第1話の感動シーンは、伝説の!そう、あの伝説の線路をはさんでの(ラクビーボールの)ボールまわし。何度観ても感動!感動!感動の嵐です。

あと、1トライできたら、ユニフォームが作れるという試合での山本から神野へのライン際の友情パス!のシーンや最終回でトライできたら逆転勝利のプレーで神野がダンプにタックルされてトライできずノーサイドになったシーンもウルルンものです。

そして、最も印象的なシーンは、ラグビー部が部費増額をかけて運動部対抗マラソン大会で上位10位以内に3人を送り込まなければならないって状況になったのですが、考えた作戦が鈍足で太っちょな細井太郎(堤昭夫さん)をペースメーカーに仕立てて他の部の有力選手を撹乱させようというもの。

ところがこの細井は”高校時代の思い出に完走したい”と日々練習していたんですね。これを知った他の部員たち、皆細井同様にペースメーカーになって猛ダッシュ!

作戦で上位を確保しようとしていた3人も途中から“全員で完走する”ことを沖田先生に訴えます!そしたら沖田先生も感動して、さぁー例の名セリフ―“涙は心の汗だ”―が決まります。

ましてや、ラクビー部を含め運動部で他にも参加していた全員が完走を果たした時、1位になった運動部の生徒よりも完走を果たした生徒1人1人に賛辞を送る杉田校長のシーンにもウルルンときちゃいます。(何せ、マラソン大会が始まって初めての全員完走だったのです―)

何よりも、この番組を観て、ラクビーが好きになったし、(京都やけど、「スクールウォーズ」ネタ=伏工(伏見工業、現京都工学院)の優勝、よりもこちらが先だよ!)僕にとっての理想の教師像は沖田俊先生なんですよね!

…この「われら青春!」の小説?があるそうなんですけど読んでみたいです。

"「われら青春!」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。