「ホジュン(許浚)」

ホジュン晩年の肖像画 「ホジュン」最終回から

今日からCSの衛星劇場で始まった「ホジュン(許浚)」を観ました。
なんでも、韓国では1999年11月から2000年6月にかけて全64話で放送され、1992年に出版された恩成ウンソン氏の原作『小説 東医宝鑑』は300万部を超える大ベストセラーで、最高視聴率63・5%も記録するなど、「大長今」よりも人気のあったドラマだとか―

主人公のホジュン(許浚)は、両班ヤンバンの家柄に生まれるも、その母が妾であったが故に賎民の身分である白丁ペクチョンとしてしいたげられ、夢も持たず投げやりな生活を送っています。

ところが、師匠となる医師と巡りあった事で医術の道を目指し、多くの病人を救うために奮闘し、遂には首医に昇り詰め、正一品輔国崇禄大夫の爵号を賜る、といった人間愛に満ち溢れた波乱万丈な人生を描いたドラマになるみたい―

また、彼を後世にまで名を成さしめたのが、漢方の本家、中国の漢方書『本草綱目』を凌ぐと評価された朝鮮医学の集大成『東医宝鑑』(全25巻)の著述なのだそうです。

この「ホジュン(許浚)」は2003年には台湾、2005年には香港で放映されており、中国では今年から正式放映される予定だとか―

とくに香港では、当初は日本のドラマ「大奥」を予定していたのですが、この「ホジュン(許浚)」に変更したのだそうです。

日本の視聴者も「宮廷女官チャングムの誓い」(原題「大長今」)と重なる分、男性版「チャングム」と見ちゃう傾向があるかもしれませんが、舞台設定がチャングムが活躍した時代より50年後の話で、ちょうど中宗の孫のあたる宣祖から曾孫にあたる光海君の時代であり、まともに豊臣秀吉の文禄・慶長の役(壬辰倭乱)とかぶるので観ておいて損はしないものと思います。

― ◇ ◇ ◇ ―

ところで…

ホジュンが“はり治療”をする際、字幕では“はり”=「針」としているものが割と多いように思われます。

京都に住む私としては、京都には鍼灸師を目指す大学もあったりするので、“はり”といえば「鍼」の字しか当てはまれないんですよね。

他に、「宮廷女官 チャングムの誓い」でも「太陽人イ・ジェマ」(原題「太陽人 李済馬」)でも同じ様に“はり”=「針」と翻訳がなされていました。

チョット…違和感あり!な感じです。

― ◇ ◇ ◇ ―

僕の70歳になる母は、今まさに韓流ドラマにハマってる真っ只中!なのですが、「宮廷女官チャングムの誓い」(「大長今」)も「チェオクの剣」(原題「茶母」)も夢中な様子。母も現代劇モノよりかは時代劇モノが好きなようなので(笑)…

"「ホジュン(許浚)」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。