(トピックス)小松帯刀とお近―日本最初の新婚旅行!

小松帯刀像

こんなニュースを発見!―

日本初の新婚旅行は坂本龍馬ではなく薩摩藩家老の小松帯刀!」―

わが国最初の新婚旅行は一応、坂本龍馬と妻のお龍と云われています。慶応2年(1866)、薩長同盟が締結された後、寺田屋における捕縛騒動で被った怪我の湯治を兼ねて塩浸しおひたし温泉=霧島市=などに滞在したというのが定説になっています。

ところが―

それよりも10年も前に小松帯刀と妻お近が同じ霧島の栄之尾えのお温泉に湯治旅行に来ている史実があり、これこそが「日本初の新婚旅行ではないか?」というんですね。

小松帯刀とお近が結婚したのは安政3年(1856)正月頃なのですが、この霧島への旅行はそれから3か月後の出来事です。

『小松帯刀日記』安政3年4月19日条(『鹿児島県史料集』)によると―

御トヽ様(清穆)ニハ今日ヨリ踊之内栄之尾温泉エ御湯治トシテ六ツ過御船ヨリ御出ナリ、尤チカ(お近)ニモ御同道申上、差越候事、拙者(帯刀)ニハ来ル廿二日方ヨリ差越つもりナリ

との記載が見られます。帯刀の義父にあたる清あつの湯治を兼ねた栄之尾(えのお温泉、霧島市牧園町高千穂の霧島いわさきホテル周辺)への旅行に、お近も同道し、帯刀も後から追いかけた事がわかります。

先ず、お近と清穆が4月19日に栄之尾に出発。仕事を片付けた帯刀が同22日に後を追います。23日の日記には、

栄之尾占大鐘時分着直ニ入湯ナリ(=栄之尾に午後6時頃着き、直ぐに温泉に入った)

とあり、以降12日間「入湯無事」などの記述が続きます。

まとめると―

帯刀とお近は安政3年(1856)4月23日から5月6日までの間、霧島の栄之尾温泉に湯治旅行に来ている。その後、2人とは別行動をとり、清穆とお近は5月10日まで栄之尾温泉に湯治してから帰郷したようです。

この一連の霧島旅行は、養父である清穆の病気療養のために同道という点もあり、夫婦水入らずというわけではありませんが、親への孝養と新婚旅行を兼ねたものと解釈できますね。(現代風に当事者のみで旅行するから新婚旅行という考え方では理屈に合わないかもしれません。やはり、この当時に生きていた人の目線で考えなきゃ!)

現に、帯刀もお近も霧島滞在を楽しんでいる様子が見受けられます。

― ◇ ◇ ◇ ―

帯刀は龍馬とお龍の新婚旅行の際には大坂から薩摩までの船に同乗、彼ら夫婦を鹿児島市原良の別邸に宿泊させるなど親密な交流関係だったといいます。それ故に。帯刀はこうした、楽しかった経験を龍馬に「ここは良い場所やで!」って勧めたのではないでしょうか?

それで、龍馬とお龍は慶応2年(1866)に塩浸温泉=霧島市=に湯治に来たのかもしれませんね。

"(トピックス)小松帯刀とお近―日本最初の新婚旅行!"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。