(トピックス)参勤交代中、大名が急死!そのとき本陣はどうした?草津宿本陣、最大の事件を紐解く資料展

「佐土原藩主急死事件」に関わる新資料が並ぶ特別展

江戸時代、幕府が定めた制度の中に「参勤交代」という制度がありました。

「参勤交代」とは、全国の諸大名や交代寄合などを交替で江戸に出仕させる制度です。

寛永12年(1635)3代将軍・徳川家光の時代に「武家諸法度」が改定(寛永令)され、その第2条で「大名小名在江戸交替相定也、毎歳夏四月中可参勤」と規定されたことにより徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的として「参勤交代」が明文化されます。

「参勤」とは自分の領地から江戸へ赴くこと、「交代」とは自分の領地に帰還することを指し、鎌倉幕府から続く慣習としては、武家の棟梁(=征夷大将軍)である徳川将軍に「御恩」として領知を宛行われた事に対して、「奉公」として将軍の許に出仕する、との意味合いがあります。

但し、「参勤」は実際に、「参」(まい)って「覲」(まみ)える(=目上の人に会う)」という意味で、正しくは「参覲交代」と表記すべきところ、誤って「参勤交代」と記載してしまったために、慣例化してしまったのだとか―

― ◇ ◇ ◇ ―

kusatsujukuhonjin_002.jpgkusatsujukuhonjin_004.jpg

東海道と中山道なかせんどうが分岐・合流している交通の要衝である近江栗太くりた郡草津町にある草津宿じゅく(現在の滋賀県草津市草津)には大名らが休泊する本陣が2軒ほどありました。その1つ、田中七左衛門本陣は現在も江戸後期の建物が現存しており、「史跡草津宿本陣」として国史跡に指定されています。

kusatsujukuhonjin_003.jpg約40室を有する草津宿本陣 草津宿本陣に保存されている数々の宿札

寛永12年(1635)6月、田中七左衛門が本陣役(本陣職)を拝命して以降、大名や旗本、幕府役人、勅使、宮、門跡などの宿泊所として明治3年(1870)10月に本陣としての名目が制度廃止されるまで務めました。

― ◇ ◇ ◇ ―

そんな田中七左衛門本陣で大変な騒動があったのです。

江戸時代後期の天保10年(1839)4月7日、江戸への参勤途中だった日向佐土原さどわら(現在の宮崎県宮崎市佐土原町)第10代藩主・島津しまづ忠徹ただゆきが到着したその日の夜にしゃく(何らかの内臓疾患)のため急死してしまったのです。

突然の忠徹の死に随行の家臣たちは慌てふためきます。

忠徹は享年43歳。世継ぎである忠寛ただひろ忠徹の次男)はまだ12歳と幼かったため、跡目相続自体申請しておらず、幕府に知れると事態は一転して佐土原島津家は御家断絶、佐土原藩は改易・お取り潰しの危機に直面したのです。

家臣たちは、忠徹の死を伏せたまますぐさま急飛脚を出し、江戸藩邸には「病気の為、草津にて逗留中」、国許には「殿様死亡」を知らせ、善後策を講じます。

― ◇ ◇ ◇ ―

忠寛への跡目相続の許可を得るには急飛脚を使っても約50日は掛かります。

家臣たちはは本陣当主の田中七左衛門忠徹の遺体安置の協力を求め、忠徹の死を隠し、忠徹が存命しており、本陣で病気逗留中であるかのように装って時間を稼ぎます。

その間、田中七左衛門本陣も窮地に陥り、他の大名たちの宿泊予定を、別の本陣や脇本陣に振り替えたり、前後の宿場町に変更するよう要請したり、と交渉や工作に難渋したようです。

― ◇ ◇ ◇ ―

また、跡目相続のための願書には現藩主であるに忠徹の判と花押が必須なのですが、「手が震えるので花押は省略する」との一文を添えるなど、家臣たちの苦心が窺えます。

家臣らの奔走もあって忠寛への跡目相続の書類が全て揃ったのが翌月の5月25日、忠徹の死は翌日の26日に公表され、田中七左衛門本陣の表門前に掛かる札が「島津飛騨守遺骸宿」に替えられたとあります。

関札(関所手形)が出て、忠徹の遺体が本陣を出発したのが6月25日。この日までの77日間、本陣は大切に安置されたのです。

さらに出発の際、忠徹に随行していた家老が心労で倒れてしまったため、代わりに田中七左衛門愛知川えちがわまで見送った、という記録も残っています。

― ◇ ◇ ◇ ―

佐土原藩は改易・お取り潰しの危機を脱し、その感謝の礼として田中七左衛門に金300両や「丸に十文字」の家紋入りのかみしもを下賜するとともに、忠徹の遺体を安置した上段の間の改修をも行っています。

また、その後明治に至るまでの30年近く、毎年5月に米10俵を贈り続けたそうです。

― ◇ ◇ ◇ ―

上記の島津忠徹の急死事件を扱った特別展「本陣職はつらいよ~佐土原藩主急死事件とその後~」「国指定史跡草津宿本陣」で催されています。

同展では七左衛門忠徹ひつぎの装飾などを京の職人に発注した文書や、藩主の最側近である「側御用人」が七左衛門に当てた感謝状など、平成30年(2018)6月から始まった草津宿本陣歴史資料調査でこの夏新たに発見された史料3点を含む計24点を展示。客を守るために協力した田中七左衛門本陣の姿勢も窺えます。

急死した藩主の家臣から本陣当主にとどいた礼状「田中七左衛門宛狩野勇書状」

新たに発見された史料は、本陣の調査で今年7月に見つかったもので、忠徹の参勤に付き従った家臣の狩野勇が七左衛門に宛てた礼状「田中七左衛門宛狩野勇書状」といい、「こまやかな心遣い誠にありがとうございました…(中略)…来春に帰国する際には1泊お願いの予定でおりますので、積もる話はその時まで残しておきます」などと感謝の気持ちが丁寧に綴られています。

天保十年大福帳

さらに特別展では、「四月七日御逝去」と実際には4月7日に亡くなった忠徹の死亡日時を「御病に付き御滞留遊ばされ候」と病気療養を装い続け、5月26日と記載した表向きの大福帳(宿泊簿)や、七左衛門が事態の一部始終を記録した留書とどめがき、宿泊予定日を当初の1泊2日から77日間へと書き直した宿割帳などが展示されます。

また、この事件を機に佐土原藩は定宿をこの田中七左衛門本陣に代えたそうです。七左衛門の役割や苦労などに思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

開催期間は11月29日まで。詳細は史跡草津宿本陣まで。

(トピックス)「承久の乱」描いた絵巻 80年ぶりに再発見

jokyuki_001.jpgjokyuki_002.jpg

平安期から鎌倉期の承久3年(1221)、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権である北条義時の専横に対して反北条義時の追討を命じたが、逆に鎌倉幕府の軍勢に京都を蹂躙じゅうりんされ、朝廷方が惨敗した「承久の乱」を描いた現存唯一の絵巻とされる『承久記絵巻』が、約80年ぶりに発見されたと云います。

『承久記絵巻』は軍記物語『承久記』を基にしたもので、元々は高野山真言宗・別格本山龍光院(和歌山県伊都郡高野町高野山)が所蔵していましたが、昭和14年(1939)4月に恩賜京都博物館(現在の京都国立博物館、京都市東山区茶屋町)で展示されたのを最後に、所在が分からなくなっていました。

― ◇ ◇ ◇ ―

jokyuki_003.jpgjokyuki_004.jpg

『承久記絵巻』は全6巻で、各巻の長さは横が約15m、縦は約50㎝。保存状態は良好のようです。

収められた木箱には、絵は室町期から戦国期にかけて活躍した絵師の土佐光信筆とあり、詞書ことばがきは能筆で知られた「月輪つきのわ禅定太閤」と呼ばれた関白・藤原兼実による、と記されていました。

― ◇ ◇ ◇ ―

『承久記絵巻』には、『承久記』の本文と鎌倉幕府3代将軍・源実朝が討たれる直前に鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市)を参拝している様子から、後鳥羽上皇が鎌倉幕府執権である北条義時の追討を命じて敗れ、隠岐島(隠岐国海士あま郡中ノ島、現島根県隠岐郡海士町)に流されるまでの全36場面が描かれています。

― ◇ ◇ ◇ ―

さてさて、宇治市民である私としては最大の興味は第4巻目に描かれている「宇治川の合戦」でしょうか。

「宇治川の合戦」といえば、

①治承4年(1180)5月、後白河法皇の第三皇子・以仁王もちひとおうが打倒平家を叫び、それに呼応した摂津源氏・源頼政らの軍勢が南都(奈良)に落ち延びようとした際、宇治橋付近で平家方の追討軍に追いつかれ、戦うも敗れ散った“橋合戦”と呼ばれるもの、

②寿永3年(1184)正月、平家を都から追い落とした信濃源氏・木曽義仲の京都での横暴に対し、義仲追討を命じられた鎌倉幕府軍の源義経軍が義仲軍を宇治川で打倒したもので、“河合戦”と称されます。

③承久3年(1221)6月、北条泰時率いる鎌倉幕府の軍勢が後鳥羽上皇を打ち滅ぼそうと京都に攻め寄せた際、都への防禦ラインとして激戦が繰り広げられたもの、

の3つが浮かびます。今回の「承久の乱」では、わがご先祖様も幕府創業以来、源頼朝の側近だったのに、北条氏によって鎌倉を追い落とされ、京方に組みした結果、騙まし討ちによって打ち滅ぼされたという経緯があるんですよね。

― ◇ ◇ ◇ ―

『承久記絵巻』は来春の4月6日~5月23日、京都文化博物館(京都市中京区東片町)の特別展「よみがえる承久の乱」で公開される予定です。

(トピックス)応仁の乱で途絶えた神仏習合の祈り 「北野御霊会」 550年ぶり再興

並んで本殿に向かう僧侶と神職

学問の神様・菅原道真を祀る北野天満宮(京都市上京区御前通今出川上ル馬喰町、以下、北野天神)で、祭神の菅原道真を慰霊し、神道と仏教が一緒になって疫病や災害をもたらすとされる祭神の怨霊おんりょうを鎮める儀式「北野御霊会ごりょうえが、約550年ぶりに執り行われました。

「北野御霊会」とはて天暦元年(947)6月9日に北野天神が創建されて以来、疫病や災いを鎮めるため行われてきたとされる神仏習合の儀式で永延元年(987)に一条天皇からの使者が派遣され、勅祭「北野祭」の一環として始まりました。

しかし、応仁・文明の乱(応仁元年〔1467〕~文明9年〔1478〕)で「北野御霊会」は途絶え、維新政権下で神社と寺を区別する神仏分離政策(慶応4年〔1868〕3月13日から明治10年〔1877〕1月11日まで)をきっかけに、境内での仏事は全く途絶えてしまったのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

北野天神は創建以来、比叡山延暦寺の管轄下にあり、宮司の役割を担う別当職を天台宗京都五門跡(曼殊院まんしゅいん〔京都市左京区一乗寺〕、青蓮院しょうれんいん〔京都市東山区粟田口三条坊町〕、三千院=梶井門跡〔京都市左京区大原来迎院町〕、妙法院〔京都市東山区妙法院前側町〕、毘沙門堂門跡〔京都市山科区安朱稲荷山町〕)の1つで、竹内門跡とも呼ばれる門跡寺院(皇族・貴族の子弟が住持を務める別格寺院)の曼殊院の門主が代々務めており、平安時代以来、幕末期に至るまで北野天神と関係が深かったようです。

曼珠院の開基である是算ぜさんは菅原氏の出身であったことから、北野天神創建と同時に北野別当職(北野天神の初代別当)に就き、歴代の曼殊院門主は以後、明治維新に至るまで別当職を歴任しています。

そうした所縁で、比叡山延暦寺の僧侶が参列し、読経など仏教的な要素も取り入れた神仏習合の「北野御霊会」を共に催されてきました。

― ◇ ◇ ◇ ―

北野天満宮と比叡山延暦寺によって行われた「北野御霊会」

そのような状況下、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、北野天神は今年6月に比叡山延暦寺に新型コロナウイルスなどの疫病退散や健康、安全を祈願する「北野御霊会」の再興を打診した結果、明治期の神仏分離以来、約550年ぶりに神仏習合による祭典が執り行われた訳です。

「北野御霊会」には北野天神の神職と比叡山延暦寺の僧侶らを招き、延暦寺の僧侶が向かい合って座り、法華経の教義を問いかけ合う、天台宗最高の修行とされる「山門八講」が営まれ、新型コロナウイルスの早期終息などを祈られたそうです。

「医は仁術」小石川養生所と赤ひげ先生

享保7年(1722)12月13日、江戸幕府立「小石川養生所」が開設されます。

徳川幕府第8代将軍・徳川吉宗が享保6年(1721)8月、江戸城辰ノ口の評定所(当時は「寄合場」と呼称していた)前(現、東京都千代田区丸の内)に将軍への直訴制度として設置された目安箱(※1)を設置していたのですが、同年12月、漢方医で町医者の小川笙船が江戸市中の身寄りのない貧民たちの救済のため、施薬院のような無料の医療施設の設置を求める意見書を投じます。

そこで幕府は、小石川御薬園おやくえん(現、小石川植物園)内に「小石川養生所」を開設し、享保年間以降、幕末期まで146年間貧民救済施設として医療活動を実践していきます。

※1 目安箱
「目安箱」という呼称は、「藩」という歴史用語と同様に明治政府が使用した用語であって、当時(江戸時代)においては、単に「箱」と呼称していたようですね。(『徳川実紀』や『御触書寛保集成』には「名もなき捨て文を防止するために、評定所に『箱』を設置した」とあります。)


― ◇ ◇ ◇ ―

幕府は、人口が増加しつつあった江戸で暮らす人々の薬になる植物(薬草)を育てる目的で、寛永15年(1638)に麻布と大塚に薬園を設置します。

やがて大塚の薬園は廃止され、貞享元年(1684)には麻布の薬園も館林宰相だった徳川綱吉の小石川にあった下屋敷で白山御殿と呼ばれていた跡地に移設され、その後この地に小石川御薬園が設置されるのです。この場所で様々な薬草の栽培や、国外から持ち込んだ植物の移植を行わせ、本草学(※2)の実験場とします。

※2 本草学
中国古来の植物を中心とする薬物学で、薬用とする植物・動物・鉱物の、形態・産地・効能などを研究する学問。日本では自生する植物・動物などの研究に発展し、博物学・植物学などに受け継がれた。


享保7年(1722)12月、小川笙船の意見書により、江戸町奉行(南町奉行)の大岡越前守忠相に検討させ、御薬園内の約1000坪の地所を区切って「小石川養生所」が開設されますが、貧民救済を目的とし、入所者は病苦に悩む貧窮者に限られ、治療その他一切の費用は官費による負担でまかないました。御薬園内で生成された薬を市民に施すことから「施薬院」とも呼ばれていたようです。

― ◇ ◇ ◇ ―

その後、慶応元年(1865)9月、医学館の管轄に移った形で「小石川養生所」は一旦廃止されるのですが、維新後、慶応4年(1868)6月、「貧病院」と改称され存続しますが、漢方医廃止の方針により閉鎖されてしまいます。

その後、小石川御薬園と「小石川養生所」の施設は、管轄が東京府(現、東京都)→文部省(現、文部科学省)と移り、明治4年(1871)9月には博物局に所属します。

明治10年(1877)には東京大学に払い下げられて最終的には同大学理学部に組み込まれ、小石川御薬園は「小石川植物園」(正式には東京大学大学院理学系研究科附属植物園本園)となり、「小石川養生所」は東京大学医科大学附属医院(のち東京大学医学部附属病院)小石川分院となります。

園内には当時「小石川養生所」で使われていた井戸跡が保存されており、水質が良く、水量も豊富で、実際に関東大震災(大正12年=1923=9月)の折りには命からがら避難し、家を亡くした3万人もの被災者たちの飲料水として大いに役立ったと云います。

「小石川養生所」が担っていた貧民救済を目的した施設は、明治5年(1872)10月15日に設立される養育院(現、東京都健康長寿医療センター)によって引き継がれていきます。

― ◇ ◇ ◇ ―

意見書を出した小川笙船は、戦国時代~安土桃山時代の武将で伊予国府城国分山こくぶやま、愛媛県今治市国分)城主だった小川土佐守裕忠すけただの子孫で、江戸時代の町医者で漢方医でした。

笙船は「小石川養生所」(以下、養生所肝煎きもいり職(幕府の職名で、同職中の支配役・世話役)に就任し、以降笙船の子孫が代々幕末まで7代に渡り世襲します。

山本周五郎氏の小説『赤ひげ診療譚』や、この作品を映画化した黒澤明監督の作品「赤ひげ」では「赤ひげ」こと新出去定にいできょじょうがこの小川氏の下で働く医長として描かれています。

実際、「赤ひげ」の舞台設定として、少なくとも天保14年(1843)以降と考えられます。養生所の番医は当初定員が9名で本道(内科)、外科、眼科に分かれていましたが、享保18年(1733)9月に7名に、天保14年(1843)の制度改革によって7名から5名に削減され、全て町医者が担当するように切り替えられています。『赤ひげ診療譚』および「赤ひげ」では養生所の番医の定員が内科医、外科医、婦人科医から成る5名となっていますので…

「小石川養生所」は柿葺の長屋で薬膳所が2か所に設置され、収容規模は享保7年(1722)の開所当時40名でしたが、翌8年(1723)建物が増築されて100人、同14年(1729)ついで150人となりますが、同18年(1733)から120人→117人となり、以後幕末まで変わらなかったようです。

当時の医療は漢方(東洋医学)が主流で、勤務形態は肝煎を除いて、本道(内科)・外科・眼科の医師が医療行為に従事していました。

その後、医師として長崎で南蛮外科を学んだ杉本家の第3代・杉本良英よしふさが勤務するようになり、幾分か西洋医術も採り入れられたようです。

勝手な解釈だけど、映画やドラマになった「赤ひげ」に登場する長崎で修行した見習医・保本登(やすもと・のぼる)は杉本良英、あるいは杉本家の人だったら面白いよね。

享保7年(1722)の開所から安政6年(1859)に至る137年間の全入所者数は、累計3万2000人以上であり、そのうち1万6000人が全快退所とされているので、かなりの治療実績があった医療施設であったのではないでしょうか。

(トピックス)米沢市上杉博物館で特別展「米沢城 ―上杉氏の居城―」

特別展「米沢城―上杉氏の居城―」01特別展「米沢城―上杉氏の居城―」02

伝国の杜 米沢市上杉博物館(山形県米沢市丸の内)では、9月19日(土)から特別展「米沢城―上杉氏の居城―」が開催されます。

出羽米沢城は江戸時代を通じて米沢藩主・上杉家の居城として、藩内の軍事・政治の拠点でした。本丸を取り囲むように二の丸、三の丸を配した平城ひらじろで、城内には上杉家の御殿、家祖・上杉謙信を祀る御堂、武器庫であり城の目印ともなった三階やぐらなどが立ち並んでいました。

現在、城跡には当時の建造物は残っていませんが、本丸の周辺部には現在も堀や土塁が残り、公園や街路には城下の名残りを見つけることができます。

そして、城に関する資料として、4000名以上の藩士の居住地を記した城下絵図、随所に工夫を凝らした城郭と上杉家の御殿の詳細な図面、国宝『上杉家文書』をはじめとした古文書、二の丸を中心とした考古資料などが豊富に残されています。

これらの資料を展示し、城下町の構造や軍事拠点としての機能、政庁としての役割、藩主一族の住居と儀礼の実像などを紹介し、米沢という地域の城下町としての特性を感じつつ、城跡の変遷を辿たどります。

また、本展示では米沢藩主・上杉家にまつわる史料が展示されるほか、家祖である上杉謙信の生涯を関東という視点から学べる内容となっていますよ。

開館期間:9月19日(土)~11月23日(月)
(前期):9月19日(土)~10月18日(日)
(後期):10月24日(土)~11月23日(月・祝)
※なお、11月3日(火・祝)は「東北文化の日」のため入館無料となります。

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:9月23日(水)・10月28日(水
※10月19日(月)~10月23日(金)は展示替のため常設展のみ

入館料:一般620円、高校・大学生420円、小・中学生270円 ※団体割引あり(20名以上)