「公民権運動の母」―ローザ・パークス

今年も人権週間(12月4日~10日)の時期がやってきましたね。僕自身、学生時代から人権関連の授業を受講したり、職場でも担当になったり…とまだまだ学び得る事がたくさんあります。

今回は、最近になって注目し出した人物を採り上げます。

― ◇ ◇ ◇ ―

1963年(昭和38)8月28日、ワシントンDCへの20万人デモ行進にて、プロテスタント系バプティスト派の牧師で公民権運動(American Civil Rights Movement)の指導者であるマーティン・ルーサー・キング・Jr(Martin, Luther King. Jr.)氏がスピーチをしました―

say to you today,my friends so even though we face the difficulties of today and tommorrow,I still have a dream.

It is a dream deeply rooted in the American Dream.

I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of it'screed,“We hold these truths to be self-evident,that all men are created equal”.

I have a dream that one day on the red hills of Georgia,the sons of former slaves and the sons of former slaveowners will be able to sit down together at table of the brotherhood.

I have a dream that one day even the State of Mississippi, a state sweltering with the heat of injustice, sweltering with the heat of oppression,will be transformed into an oasis of freedom and justice.

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not judged by the color of there skin but the cotent of their character.

I have a dream today.

I have a dream that one day down in Alabama with vicious racists,with its governor having his lips dripping with the word of interposition and nullification.

One day right there in Alabama,little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.

I have a dream today!

I have a dream that one day “every valley shall be exalted,every hills and mountains shall be made low,the rough places will be made plain,and the crooked places will be made straight,and the glory of the Lord shall be revealed,and all fresh shall see it together”.

This is our hope.

This is the faith that I go back to the South with.

With this faith that we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope.

With this faith we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood.

With this faith we will be able to work together,to pray together,to struggle together,to go to jail together,to stand up for freedom together,knowing that we will be free ine day!

This will be the day...This will be the day when all of God's children will be able to sing with new meanig,“My country,It's of thee,sweet land of liberty,of thee I sing:Land where my fathers died,Land of the pilgrims' pride,from every mountainside,Let freedom ring.”

And if America is to be a great nation,this must come true.

So let freedom ring from the prodigious hilltops of New Hampshire.

Let freedom ring from the mighty mountains of New York.

Let freedom ring from the heightening Alleghenies Pennsylvania!

Let freedom ring from snow-capped Rockies of Colorado!

Let freedom ring from curvaceous slopes of California!

Not only that.

Let freedom ring from stone mountain of Georgia!

Let freedom ring from Lookout Mountain of Tennessee!

Let freedom ring from every hills and molehills of Mississippi,and from every mountainside!

Let freedom ring and when this happens.

When we allow freeedom to ring, when we let it ring from every village and every hamlet,from every state and every city,we will able to speed up teh day when all of God's Children,black men and white men,Jews and Gentiles,Protestants and Catholics,will be able to join hands and sing in the words of the old Negro Spiritual,“Free at last!Free at last!Thank you god Almighty,we are free at last!”

―ってなスピーチです。なかでも、「I have a dream」というセンテンスは有名ですね。この翌年の1964年(昭和39)7月2日、リンドン,B・ジョンソン大統領政権の下で公民権法(Civil Rights Act)が制定され、建国以来230年が経ったアメリカで施行されてきた“法の上における人種差別”が終わりを告げたわけです。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、こうした運動にまで発展した1つの出来事が、1955年(昭和30)12月1日午後6時頃、アラバマ州モンゴメリーで発生しました。すなわち「ローザ・パークス逮捕事件」です。

事件当日、ローザ・パークス(Rosa,Parks)さんは勤めているモンゴメリー・フェアー百貨店での帰途で起こりました。

ローザさんは、帰宅するために市営バスに乗車します。バス内は白人用座席と黒人用座席に分けられていた(当時のアメリカ、とくに南部の州ではジム・クロウ法=Jim Crow laws=と呼ばれる人種分離法が施行されていて、公共の場における黒人と白人との生活隔離が実施されていた)のですが、黒人用座席が満席だったので、中間の座席(白人が乗車していない時は黒人も座っても良いとされていた)に座っていました。

ある停車駅で白人が乗って来たので、運転手が中間席に坐っていたローザさんを含む黒人4人に立つよう命じます。

黒人の4人中3人はすぐ席を立ちましたが、ローザさんは立ちませんでした。運転手がローザさんの所に来て「何故立たない?」と詰問し、席を譲るよう求めますが、ローザさんは「立つ必要は感じません」と毅然とした態度で答えて拒否したため、運転手は警察に通報し、ローザさんは市の条例違反(人種分離法違反)で逮捕された。(拘留されますが、即日で保釈。罰金刑の通告を受けます)

このローザさん逮捕の知らせが黒人たちの間に伝わり、牧師として赴任したばかりのキング氏らが抗議運動に起ち上がり、モンゴメリーの全ての黒人にバス乗車ボイコット運動を呼び掛けます。「モンゴメリー・バス・ボイコット事件」(Montgomery Bus Boycott)というヤツです。

この行動は381日間続き、またローザさんも市の条例違反の判決に対し、バス車内の人種分離の条例は違憲だとして控訴したところ、1956年(昭和31)連邦最高裁判所は違憲判決を出し、ここに“法律上における”公共交通機関での人種差別撤廃となります。

その後、南部の各州で公民権運動が活発化し、前述のワシントン大行進を最大のピークとして1964年(昭和39)の公民権法成立に繋がるのです。

その意味では、ローザ・パークスさんの取った行動が公民権運動の導火線となったと言っても過言ではなく、それが故に彼女は「公民権運動の母」と呼ばれるようになります。

ローザ・パークスさんも後年は公民権運動に活躍し、2005年(平成17)10月24日に92歳で永眠されます。

彼女の残した足跡として、1987年(昭和62)に青少年の人権教育を促進する場として設立したローザ・レイモンド・パークス自己開発教育センターや、アラバマ州モンゴメリーにはローザ・パークス博物館も設立され、後世の人々への教導役としてその名を残しているのです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック