Mr.タイガース・村山実氏の銅像の落ち着き先が宙ぶらりん!

村山実氏の銅像

プロ野球・阪神タイガースの選手及び監督として活躍され、「Mr.タイガース」と呼ばれた故村山実氏の銅像があります。

村山氏の母校・尼崎市立尼崎産業高校に平成16年(2004)8月、卒業生らが「後輩の励みになるように」と寄付金約1000万円を募って、校門近くに建立されたものです。

高さは台座も含めて2・65m。像はほぼ等身大に近い造型です。

昭和34年(1959)の後楽園球場で行われた読売巨人軍との試合=いわゆる「天覧試合」巨人長嶋茂雄選手相手に投げている瞬間がモチーフになっているのだとか―

村山氏の命日である8月22日には同校の教職員が花を供えたり、全国のファンたちも訪れたりしてるそうです。

ところが―

この尼崎市立尼崎産業高校が3年後には別の市立高校と統合し、移転するとかで、村山氏銅像の行方をめぐり、「騒動」が起こっているようです。

市側が校舎の移転計画の中で村山氏銅像の移転場所を全く考慮してなかったのがそもそもの事の発端!

その後も意向を明らかにしない市側に対し、建立した卒業生は「保存先は後輩たちのいる統合校の校内以外は認めない!」と主張しており、大騒動に発展…あの世で村山氏も苦笑いしてるかも!!


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68418699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック