大河ドラマ「春の波涛」

11月からCSのホームドラマチャンネルNHK大河ドラマ「春の波涛」(全50話)が放送されます。この作品は昭和60年(1985)1月6日~12月15日に放送したNHK大河ドラマ第23作目の作品です。

番組宣伝から引用すると、

明治維新から10余年。急速に姿を変えつつある日本、この時代に自らの青春を燃やし続け夢を追い求めた4人の若者たちがいる。川上音二郎、貞奴、岩崎姚介、福沢房子たち。彼らの波乱に満ちた人生と愛憎を縦糸に、明治大正という近代日本の青春期を描いていく。壮士芝居川上座を旗上げし、新派演劇の基礎を築いた男、また自由民権運動「オッぺケペ-節」で名高い川上音二郎を主人公として物語は展開していく。名声、富、愛、そして嫉妬、4人が織り成す青春模様を描いたNHK大河ドラマ。今、演劇界で再び脚光を浴びる川上音二郎を中村雅俊が好演。貞奴役には松坂慶子が共演。
となっています。原作は杉本苑子さんの『冥府回廊』、『マダム貞奴』などです。

当時、大河ドラマ“近現代三部作”(前年の「山河燃ゆ」(昭和59年=1984)、翌年の「いのち」(昭和61年=1986)と続く)と言われたうちの第2段目の作品です。

主な登場人物としては、
  • 川上貞奴=松坂慶子さん

  • 川上音二郎=中村雅俊さん

  • (岩崎)福沢姚介=風間杜夫さん

  • 福沢房子=檀ふみさん


  • 前沢正子→松井須磨子=名取裕子さん

  • 島村抱月=山本学學さん

  • 島村市子=日色ともゑさん


  • 伊藤博文=伊丹十三さん

  • 伊藤梅子=松あきらさん


  • 福沢諭吉=小林桂樹さん

  • 福沢錦=南風洋子さん

  • 福沢里子=五大路子さん

  • 福沢一太郎=岡本富士太さん

  • 福沢捨次郎=田山涼成さん

  • 福沢俊=立原麻衣さん


  • 黒岩周六=滝田栄さん

  • 黒岩勝子=森下愛子さん


  • 金子堅太郎=山口崇さん

  • 板垣退助=米倉斉加年さん

  • 山県有朋=高橋悦史さん

  • 井上馨=土屋嘉男さん

  • 井上武子=塩沢ときさん

  • 山田顕義=伊藤浩二さん


  • 幸徳秋水=蟹江敬三さん

  • 中江兆民=近藤洋介さん


  • 坪内逍遥=仲谷昇さん

  • 平塚雷鳥=岡本麗さん


  • 芸妓置屋「浜田屋」の女将、浜田屋亀吉=淡島千景さん

  • 「浜田屋」の芸妓、琴次=小川知子さん

  • 「浜田屋」の芸妓、仇吉=東てる美さん

  • 野島イト→「浜田屋」の芸妓、小照=和由布子さん


  • 野島覚造=小林薫さん

  • 野島義平=荒井注さん

  • 奥平剛史=藤岡弘さん

  • 雲井八重子=江波杏子さん

  • 桜木範幸=ケーシー高峰さん

  • 三浦又吉=柴俊夫さん

  • 雷吉(実は音二郎の子)=清水善三さん
が演じられています。

各話それぞれのタイトルは、
  1. 自由は死せず

  2. 馬上の女

  3. 遊戯会

  4. 母と子と

  5. 獄のうちそと

  6. 養子縁組

  7. 小奴狂乱

  8. 門出の宴

  9. 孤独な日々

  10. オッペケペー

  11. めぐり逢い

  12. 川上一座旗揚げ

  13. 小田原の夜

  14. 東京初公演

  15. もんちゃく続き

  16. 女ごころ

  17. 自由民権のゆくえ

  18. 華燭

  19. 壮絶快絶

  20. 思惑ちがい

  21. 日本一!音二郎

  22. 華麗なる幕開け

  23. 危うし!川上座

  24. 好きも嫌いも

  25. 日本丸出航

  26. おお、サンフランシスコ

  27. アメリカ御難日記

  28. 女優誕生

  29. 洋行中の悲劇

  30. パリで切腹

  31. 母と子の別れ

  32. 巨星堕つとも

  33. 揺らぐ心

  34. 女優第一号

  35. 吹きすさぶ嵐

  36. 女優学校は…

  37. ふるさとの山河は遠く

  38. その名は須磨子

  39. ただ独り立てる者

  40. 幕が下りて

  41. 女の戦い

  42. 川上一座解散

  43. 醜聞

  44. 姚介座

  45. カチューシャの唄

  46. 女の中の夜叉

  47. 抱月、逝く

  48. 愛の別れ路

  49. 波路も遠く
となっています。

― ◇ ◇ ◇ ―

僕が、この「春の波涛」で現在でも鮮明な程に一番印象深かったのは、藤岡弘さん演じる奥平剛史でした。後年知ったのですが、奥平剛史という人物はにはモデルがいて、明治43年(1910)に起こった政府による社会主義運動家一斉検挙事件として有名な大逆事件に連坐して刑死した
奥宮敬之という人物だったんですね。

もちろん、尊敬する幸徳秋水(蟹江敬三さん)や中江兆民(近藤洋介さん)も登場していましたが、やはり奥平剛史の存在が僕の中で一番インパクトがあった気がします。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

名古屋の文化のみちをいろんなことを思索しながら散策して参りました。さわやかウォーキング
Excerpt: <旅日記>  今日のJR東海のさわやかウォーキングは、「みんなで歩こみゃあ 名古屋の文化のみち」です。出発駅は、中央本線千種駅です。  改札を出てすぐ、錦通を西に行きます。住友生命千種ビル、メルパ..
Weblog: 蜻蛉”投資”日記
Tracked: 2007-12-16 00:44