「江戸時代」っていつまで?

朝日放送で放送していた「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」を観てました。「アナウンサー軍団 vs インテリ芸人軍団」の対決で、「プレッシャーSTUDYスペシャル」をやってましたが、その上級編での「江戸時代ドボンクイズ」(=11項目の歴史的事件のうち、1つだけ江戸時代でないのが入っている…)でちょっと「あれっ?」と思うような事がありました。

それは、「江戸時代」でない歴史的事件は「龍馬暗殺」だったわけですが、最初に11個の歴史的事件を観た時、「全部江戸時代やん!」と感じてしまったのが事実なんですよね。

そう思って、最終的に「龍馬暗殺」がそれだったとわかった時もなかなか疑問が解けなかったんです。

確かに、学生時代から愛用している『角川日本史辞典』に依れば、

徳川家康征夷大将軍になった慶長8年(1603)から15代将軍慶喜大政奉還辞職した慶応3年(1867)まで
とはなっています。もっと細かく見れば、

慶長8年(1603)2月12日に徳川家康征夷大将軍に任ぜられてから、慶応3年(1867)10月14日に徳川慶喜大政奉還するまで
って感覚なのでしょうね。

クイズ的にいえば、坂本龍馬が暗殺されたのは、慶応3年(1867)11月15日だから、上記の感覚で行けば、「『江戸時代』ではない」って事になるのはわかりますね。

しかしながら―

・慶応3年(1867)10月14日は、徳川慶喜大政奉還朝廷に申し出た日付である事

さらに、

・同年10月24日は、慶喜征夷大将軍職の辞任を朝廷に申し出た日付である事

つまり、今風に言えば、慶喜が朝廷に2つの案件について「退職願」「辞職願」を提出した日に過ぎない―わけですね。

そしてそれらが、慶応3年(1867)12月9日に王政復古の大号令が発せられた際、承認されたのだという事を考えると、12月9日までは江戸幕府は存続しているし、将軍であった事になります。

かいつまんでいえば、王政復古の大号令によって、朝廷が「ほな、政事やってみますわ」って事になって、徳川氏はお払い箱になって感じかな(笑)。

そうなって、先の征夷大将軍辞任という申し出「辞職願」は解雇処分ぽくなって決定されます。

すなわち、12月9日までは徳川氏主導による幕藩体制の路線が敷かれていましたが、12月9日以後は朝廷主導による朝藩体制となったんですね。(→明治4年=1871=の廃藩置県まで)

そうのように考えれば、「江戸時代」の終結は「慶応3年(1867)12月9日」って事になりませんか?

そうなると、先の「龍馬暗殺」はまだ「江戸時代」って事になるんですけどね(笑)

(PS)
個人的な考え方では、「江戸時代」の始まりは元和げんな偃武えんぶ宣言して以降を「江戸時代」と考えているのですが、どうでしょう?

「元和偃武」とは、慶長20年(1615)5月の大坂の陣において、徳川氏豊臣氏を攻め滅ぼした事により、応仁・文明の乱以来150年近く続い
た争乱の時代(=戦国時代)の終焉を同年7月13日に元号を「元和」と改めると共に江戸幕府が宣言したものです。

「偃武」とは中国の古典『書経』の周書武成篇の中にある「王来自商、至于豊。乃偃武修文」(王商自り来たり、豊に至る。乃ち武をせて文を修む)に由来していて、「武器を偃せて武器庫に収める」という意味です。

これをもって、戦国時代の終焉しかり、中世の終焉と考えています。

→※(参考)「鎌倉幕府」と「鎌倉時代」

この記事へのコメント

  • 御堂

    indoor-mamaさん、こんばんは!

    確かに時代の区切りって難しくて、決まりはないのが良いのでしょうね。

    戦国時代ってのは、室町時代(←この時代も南北朝時代に重なるけど…)から群雄割拠が激しくなって、戦国時代に突入し、やがて桃山時代を経て、江戸時代を迎える…ってな解釈をしてます。

    中国の歴史でいう、周(西周)の時代から、周が東遷(→東周)して、春秋・戦国時代へと移行していった流れみたいな感覚ですね。

    国文や歴史って理数系の科目と違って「1+=2」では決まらないもので、「3」にも「4」にも答えが広がっちゃう、って常々思っているので、色々な考え方があるのが良いのでしょうね!
    2007年10月29日 18:36
  • indoor-mama

    御堂さん、こんばんは~
    江戸時代がいつまでか?・・・
    おもしろいですね~
    なんで、そんな微妙なところの出来事をクイズにしちゃったんでしょうかね。
    戊辰戦争の中どれかの出来事にすれば、皆、納得できるのに・・・
    それだと、クイズが簡単過ぎになってしまうからでしょうかね?

    以前、某・質問系のサイトで、メチャメチャくわしそうな自称・専門家のかたが、戦国時代の終わりについて、「織田信長が足利義昭を奉じて上洛した時が、戦国時代の終わりだ」と主張されていたのを思い出しました~。
    その方の考えだと、安土桃山時代と戦国時代は別なんだろうな?とその時思ったのです。
    私のブログでは、大阪の陣を以って戦国時代の終わりとしてますが・・・時の流れというのは、区分なく流れて行くので、人工的に区切るのは難しいものですね。
    2007年10月29日 00:39

この記事へのトラックバック