(トピックス)大野市歴史博物館で企画展「絵図に見る越前大野城と江戸屋敷」、10月11日まで展示

「絵図に見る越前大野城と江戸屋敷」「絵図に見る越前大野城と江戸屋敷」

現在、大野市歴史博物館(福井県大野市天神町)で令和2年度企画展「絵図に見る越前大野城と江戸屋敷」が開催されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

舞台となる越前大野城(福井県大野市城町)は天正3年(1575)、金森長近によって築城されました。

天和2年(1682)、土井利房としふさが越前大野に入封して以降、最後の藩主で8代藩主・利恒としつねが明治4年(1871)の廃藩置県で廃藩に至るまでの期間は土井家の藩主によって藩政の基礎は固められます。

その間、宝永8年(1711)2月4日午後9時頃、藩の会所より出火したために角櫓すみやぐらが焼失。角櫓は再興不能となっています。

さらに、安永4年(1775)4月8日午前7時頃には「太郎兵衛火事」と呼ばれる大火で、天守閣や本丸などが焼失。

寛政7年(1795)に天守を除き本丸や藩主館などが再建されますが、同じ形態で復元されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

大野城などが描かれた「陸軍省城絵図」などが並ぶ企画展

越前大野藩の第2代藩主・利知としともが幕府に提出した『越前国大野城破損修復願絵図』(貞享5年=1688)、『越前国大野城曲輪焼失付修復之願絵図』(元禄8年=1695)、『越前国大野城曲輪焼失付修復之願絵図』(宝永8年=1695)や第6代藩主・利器としかたが幕府に提出した『越前国大野城絵図』(文政11年=1828)のほか、明治5年(1872)に陸軍省が作成した『陸軍省城絵図』(明治5年=1872)では越前大野城のほか、勝山城(福井県勝山市平泉寺町)、丸岡城(福井県坂井市丸岡町霞)、鯖江陣屋(福井県鯖江市本町)、小浜城(福井県小浜市城内)なども展示されており、取り壊し直前の各城の様子を知ることができます。

城絵図には、その作成目的によって様々なものがあり、大野城や小浜城に多く見られる「石垣修復を願うための絵図」、勝山城や丸岡城、鯖江陣屋の絵図のように「城建設用の設計図」、そして明治初期に陸軍省が作成したような「軍事拠点として城の全容を把握するための絵図」などが見られます。

陸軍省の絵図とその120年前の絵図を比較してみると、城下町や城郭の変遷が見比べられます。

城が取り壊しになった際に足羽あすわ県が行った入札結果を記した『元大野城郭御払下入札人名帳』(明治5年=1872)なども展示されています。

また、土井家に対し幕府から下された屋敷(上・中・下屋敷)周辺の絵図を描いた江戸屋敷図『江戸切絵図「本郷谷中小石川駒込図」』(嘉永3年=1850)や、第7代藩主・利忠としただが私邸として自分で購入した屋敷図『築地御屋敷総絵図面』(年不詳)には小ぢんまりとした屋敷と大きな庭園が描かれ、面積は3798坪と記されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

大野城の絵図がこれだけ一堂に会するのは珍しく、色々な絵図の中を自分なりにイメージして巡り歩いてみてはいかがでしょうか!

開催期間は10月11日(日)まで。入館料は、大野市民と中学生以下は無料。大野市外の大人は300円。詳しくは同館へ。

この記事へのコメント