広島城入城後も吉田郡山城は存続していた?

毛利輝元と二つの城~広島築城と残された吉田郡山城

戦国時代、中国地方を治めていた毛利輝元が天正19年(1591)正月月8日に本拠地を広島城(現、広島県広島市中区基町)に移して以降、旧本拠地の吉田郡山城(現、広島県安芸高田市吉田町郡山)は毛利氏の本拠としての役割を終えて廃城となり、家臣や城下町の商人らは広島城下に移住したと云われています。

しかし、吉田郡山城がその後少なくとも3年間は存続していたことが判明したのです。

それは大阪城天守閣に保管されている穂井田ほいだ元清(毛利輝元の叔父)の書状で、文禄3年(1594)に元清が兄の小早川隆景と共に吉田郡山城に出頭したとあるのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

縦約30㎝、横約50㎝の書状には「朝鮮(=朝鮮出兵)から帰国した元清が、小早川隆景と一緒に吉田に出頭した」と記されています。

厳島神社(現、広島県廿日市市宮島町)が所蔵する毛利氏関連の文献などから、元清が朝鮮(=朝鮮出兵)から帰国した年が文禄3年(1594)と特定でき、輝元が広島城(現在の広島県広島市中区基町)に入城した3年後であることが判明しました。

広島城に移転後も、元清、隆景ら毛利氏一族や重臣が吉田郡山城にて参集していた事実を見ると、吉田郡山城が何らかの形で維持されていたとも考えられ、広島城から吉田郡山城まで7里の道程があることから、輝元が吉田郡山城を「後詰めの城」と考えていた可能性もあるのでは、との推測されます。

― ◇ ◇ ◇ ―

その後、毛利輝元は周防国・長門国に移封され、慶長6年(1601)3月、安芸国(広島)には福島正則が入封して以降、元和5年(1619)まで治めますが、その間の慶長20年閏6月13日、一国一城令により、広島城以外は破却されます。

さらに、元和5年(1619)8月に浅野長晟ながあきらが安芸国に入封しますが、寛永14年(1637)に島原の乱が起きた際、その拠点として一国一城令で廃城となった原城跡が使われたため、キリシタン衆徒の決起を恐れた幕府によって、廃城の石垣や堀などの完全破却・撤去が徹底されることとなり、吉田郡山城跡も徹底的に破壊されたようですね。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参考)『毛利輝元と二つの城~広島築城と残された吉田郡山城』(吉田歴史民俗資料館 平成15年度特別企画展・図録)
※(参考)『郡山城―毛利氏260年の城―』(吉田歴史民俗資料館 平成19年度「日本百名城選定記念企画展」・図録)

※(参照)(トピックス)毛利氏時代の広島城天守閣の完成年が判明!

この記事へのコメント