(トピックス)奈良の都にペルシア人の役人がいた!―「破斯」木簡に記載

平城宮跡で出土した木簡、ペルシア人を示す文字が確認された
 Persia_mokkan_02.jpg

◇国際的知識で登用か

奈良市佐紀町の平城宮跡で出土した8世紀中頃の木簡に、古代ペルシアを意味する破斯はし(Bōsī)」という名字を持つ役人の名前が書かれていた事が奈良文化財研究所の調査で判りました。

同研究所によると、木簡は昭和41年(1966)8月に、平城宮跡・東南隅の築地塀の「雨落ち溝」で出土されたもので、長さ268o、幅32o。発掘当時は文字が薄く肉眼では一部が判読できずにいたが、今年8月に赤外線撮影をしたところ、文字を判読できたようです。

記載された内容は「大学寮解 申宿直官人事 員外大属破斯清通 天平神護元年」となっており、「天平神護元年(765)」当時の人事を扱う式部省の管轄下にあった役人養成機関である「大学寮」での宿直勤務に関する記録と判明しました。

大属だいさかんとは役職名を示し、「かみ/すけ/じょう/さかん」のうちの四等事務官に当たります。

「員外」は定員の枠外で任じられ事を示すので、恐らくは特別枠で任命されたのだと考えられますね。

Persia_mokkan_03.jpg

注目すべきは、「破斯清通」と記載された人名です。

破斯はしという名字は、イランの旧称で6世紀頃から唐代まで繁栄したササン朝ペルシアが勃興した、現在のイラン高原南西部に位置したパールサ(Pârsâ)地方(現在のファールス地方:Fārs)から転じたペルシア(Persia)を意味する波斯はしと同音である事から、木簡に記された人物はペルシア人ではないかと判断したようです。

◇平城京 多様な民族往来

国内での出土品でペルシア人を示す木簡が見つかるのは初見であるため、外国人が来日した平城京の国際性を示す史料となりそうです。

『続日本紀』には天平8年(736)8月に第10次遣唐使の副使であった中臣なかとみの名代なしろが帰朝した際、日本に連れ帰ってきた「唐人三人、波斯一人」を率いて、聖武天皇に拝謁したとの記載(『続日本紀』天平8年8月23日条…史料1)や、同年11月に法華寺での法要で唐楽を演奏した唐人・皇甫こうほ東朝とうちょうらと共に、波斯はし密翳みつえいに位階を授けたとの記載(『続日本紀』天平8年11月3日条…史料2)がみえます。(但し、密翳は以後の動向は不明)

史料1
○八月庚午。入唐副使従五位上中臣朝臣名代等。率唐人三人、波斯人一人拝朝。(『続日本紀』天平8年8月庚午条)
史料2
○十一月戊寅。天皇臨朝。詔、授入唐副使従五位上中臣朝臣名代従四位下。故判官正六位上田口朝臣養年富。紀朝臣馬主並贈従五位下。准判官従七位下大伴宿禰首名。唐人皇甫東朝。波斯人李密翳等、授位有差。(『続日本紀』天平8年11月戊寅条)

第12次遣唐使の副使の大伴おおともの古麻呂こまろ「大唐天宝十二載」、日本では天平勝宝5年(753)正月、各国の使節団が唐の玄宗皇帝臨御の朝賀に出席した際、東西2列に並んだ東側の第1席は「新羅」(統一新羅)、第2席は「大食」(アッバース朝イスラム)。西側は第1席は「吐蕃」(チベット)、第2席が「日本」でした。(『続日本紀』天平勝宝6年正月30日条…史料3)

史料3
○丙寅。副使大伴宿禰古麻呂、自唐国至。古麻呂奏曰。大唐天宝十二載。歳在癸巳正月朔癸卯。百官・諸蕃朝賀。天子於蓬莱宮含元殿受朝。是日。以我、次西畔第二吐蕃下。以新羅使、次東畔第一大食国上。(天平勝宝6年正月丙寅条)

天平8年(736)の時点では波斯はしと呼称していたペルシアですが、天平勝宝5年(753)の段階では「大食」となっているのです。

実際、ササン朝ペルシア期のの文献史料では波斯はしという語が使われていた事から、波斯はしは「ササン朝ペルシア期のペルシア人」と解釈され、641年(舒明天皇13)にササン朝イスラム勢力の侵攻によって滅亡し、ペルシア地域がイスラム勢力の支配下に治められて以降は「大食」〔タージ(Tāzī)、あるいはタヂーク(Tāzīk)〕と表記される事が多いのです。(『旧唐書』『新編東洋史辞典』)

この事から、イスラム勢力の侵攻によってペルシア地域を追われた人たちが東方へと移動しての長安まで亡命し、その中の数人が来日したのではないかとも考えられますね。

― ◇ ◇ ◇ ―

調査した奈良文化財研究所は「正倉院シルクロードを経てもたらされた西域の宝物が数多く残るように、当時の奈良の都が中国や朝鮮だけでなく、インドやヴェトナム、そしてペルシアなど西方の肌の色が違う様々な国の人々が分け隔てなく役人に登用する国際色豊かな都市だった事が分かる貴重な資料」としています。

― ◇ ◇ ◇ ―

この木簡は同研究所平城宮跡資料館(奈良市佐紀町)で開かれる秋期特別展「地下の正倉院展 式部省木簡の世界―役人の勤務評価と昇進―」(10月15日〜11月27日)の会期中、第2期目の11月1日〜13日の間展示公開される予定。


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442614276
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック