(トピックス)「茶法は武家流に!」秀忠が指示?―織部の史料に記載あり!!

古田織部に関する新たな記述が見つかった『本家系譜 古田氏』  武家流の茶法について記述されている部分

◇通説は「秀吉」

千利休の高弟で茶人として「利休七哲」(『江岑夏書』)の一人として知られ、その作意や趣向から「ヘウゲモノ」(『宗湛日記』)と称えられた古田織部正おりべのかみ重然の親族が伝える史料徳川秀忠織部に武家流の茶の作法を定めるよう命じた記述がある事が分かりました。

― ◇ ◇ ◇ ―

史料織部の娘が嫁いだ豊後岡藩中川家古田家が伝える『本家系譜 古田氏』と題された江戸時代後期に豊後古田家の歴史をまとめたもので、竹田市立歴史資料館に寄贈されています。

それによると、織部はのちに秀忠の茶の湯師範となる訳ですが、秀忠江戸幕府第2代将軍に就任する直前の慶長10年(1605)年4月5日、京の織部宅を訪れた秀忠から「利休の伝える茶法は武門の礼儀にかなわないので、その旨を考えて茶法を改めて定めるように命じられ、織部は新たに武家流の茶法を定め、諸大名にその茶法を伝えた」と記載されています。

従来の通説では、利休の没後、利休に代表される町衆茶道に代わり格式を重んじる武家流に改めるように豊臣秀吉織部に命じた、とされていました。

研究者は「秀忠が将軍となるにあたり、茶道を重要視し、武家の茶道確立する事で文化的に諸大名を従えようとしたのでは」と話されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

この史料は、古田織部美術館(京都市北区)で催されている「古田織部の実像―『古田家譜』(豊後古田家伝来)初公開―」展で、織部にまつわる書状や資料、茶道具など約50点と共に公開されています。同展は来年1月15日まで(年末年始は休館)。問い合わせは同美術館まで。



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック