「公暁」の法名は?「クギョウ」でいいのか?―その1(仮)

建保7年(1219)正月27日、相模国鎌倉郡小林郷北山において、鎌倉殿鎌倉幕府の長、棟梁、のちに日本国惣追捕使及び日本国惣地頭の任免権を持つ者)であり、征夷大将軍、右大臣でもある源実朝が甥(実朝の兄・頼家の子)で猶子(後見人)でもあった「公暁」によって暗殺されました。現在では撤廃されましたが、いわゆる道義的には尊属殺人ですね。

さて、この「公暁」ですが、一般的に「クギョウ」と呼ぶ事が周知されていますが、最近の研究でこれに疑義を唱える説があるんですよ。

― ◇ ◇ ◇ ―

まずは。「公暁」の略歴を列挙すると、

「公暁」は幼名を善哉ぜんざいと言いました。

父である頼家が建仁4年(1204)に北条氏の手によって暗殺された後、祖母である北条政子が引き取り、叔父である実朝の猶子となります。

建暦元年(1211)9月、12歳で鶴岡つるがおか八幡宮寺の別当職であった定暁の下で得度し、「頼暁」の法名を受けます。

その後、園城寺おんじょうじ(三井寺)において公胤の門弟として入室して灌頂を受け、「公暁」の法名を受けるのです。

建保5年(1217)6月、18歳で鎌倉に戻り、鶴岡八幡宮寺の別当職に就任します。

― ◇ ◇ ◇ ―

「公暁」園城寺(三井寺)で師事する公胤は“公家源氏の長”である村上源氏の出自で、その師であり、叔父である公顕も同じ出自です。

公顕は「コウケン」、公胤は「コウイン」と鎌倉期の史料において呼ばれていた事からすれば、公顕―公胤―公暁、と続く法流である以上、「公暁」の「公」もその流れを相承したものでなければ辻褄が合わないはず―

事実、江戸期以前の史料において「公暁」「コウキョウ」と呼んでいる史料もあるようで、そうであるならば「クギョウ」ではなく、「コウキョウ」と呼ぶのが相応しいのではないかと指摘されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参考)舘隆志「公暁の法名について」(『印度学佛教学研究』第61巻第1号)


 


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック