日本最初のマラソン大会―安政遠足

“「安中藩安政遠足之碑」 安中藩安政遠足に県連する碑Annakahan_Anseitooashi.jpg “「日本マラソン発症の地・安中」碑

日本でマラソン競争のような大会が最初に行われた場所を知っていますか?

昭和30年(1955)、それを裏付けられる史料が群馬県の碓氷峠に在る茶屋(現在のあづまや)で発見されました。『安中御城内おん諸士御遠足おんとおあし着帳』というもので、この時の出走者の氏名や着順などが記載されていたのです。

『安中御城内御諸士御遠足着帳』

そもそも、この土地のご領主様、すなわち上野こうづけ安中城主板倉勝明かつあきらは、“学者大名”と称される程の人物で、藩士の教育のために藩校造士館ぞうしかんに優れた学者を招いて、大いに文武を奨励していました。

そういう風潮の中、今から約150年ほど前の安政2年(1855)5月、板倉勝明は藩士の心身鍛錬を目的として、50歳以下の藩士96名を数組のグループに分け、安中城門をスタートラインにして、当時安中藩が警備の担当していた碓氷関所近辺で鍛えようと、碓氷峠頂上に建つ“熊野の権現さま”として知られる熊野権現神社まで七里七町(約29km)の中山道沿いの道を走らせたのです。これを「安政遠足」と云います。

完走者は延べ98人(うち2人は2回走ったそうです…ご苦労さま!笑)で、その記録を熊野神社の神主をしていた曾根出羽守に控えさせていたのが、上述した「安中御城内御諸士御遠足着帳」なのだそうです。

この「安政遠足」が、おそらく記録を競った遠足(=適応遠足)の最初と云われ、日本最初のマラソン大会として群馬県安中市では安中城址内の一角に「安政遠足の碑」「日本マラソン発祥の地」という碑を建てて顕彰しているのです。

その後、こうした板倉勝明の偉業を顕彰しつつ、楽しい行事として伝承していこうと安中市と松井田町の有志が「安政遠足保存会」を組織し、昭和50年(1975)に第1回目の「安政遠足 侍マラソン」と称して毎年5月の第2日曜日に開催され現在に至っています。

「安政遠足 侍マラソン」・コース図

コースは2種類あって、峠コース(29・17q)と関所坂本宿コース(20・35q)で、安中城跡をスタートし、旧中山道沿いに松井田宿碓氷関所などを通って県境の熊野神社まで走ります。

参加者は、手作りの鎧や股旅姿、あるいは流行のキャラクターや現在の世相を反映したキャラクターに扮するなど思い思いの格好で走る楽しい行事となっています。

「安政遠足 侍マラソン」・コースの標高差比較図

結構、コースはきついですよね(図参照)。標高差1100m弱での距離約20〜29q強ですもんね。箱根駅伝の山登り区間よりキツイかな!(スピードレースするわけじゃないけど…笑)。

高校時代の“適遠”が懐かしいなぁー。1年の時が40qコース、2年の時が20qコース、最後の3年の時が30qコースだったんですが、3年の時は全校で10番目に入ったんですよね。

だから、こういう催しは僕にとってはワクワクものです!



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
さがみたろうさん、こんばんは!来訪&コメント、有難う御座います。

パソコンを修理に出していたために、1か月以上も返信できず申し訳ありませんでした。

さがみたろうさんが仰ったのは、「タイムスクープハンター」の「風になれ!マラソン侍」という回ですね。

生憎、その番組は観ていないので、何とも言い難いのですが、恐らく日下部伝蔵は架空の人物なのでは?と感じます。
Posted by 御堂 at 2011年08月02日 18:30
2011年6月30日(木)の夜のNHK総合で、現代ジャーナリズムがレポート中継する仕立てで取り上げられていましたね。
最後の伝蔵のエピソードなんかも記録に沿ったものなのでしょうか。
Posted by さがみたろう at 2011年06月30日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック