上杉景虎と関東管領職―御館の乱を背景にして

上杉三郎景虎

上杉謙信(輝虎)が天正6年(1578)3月13日に49歳で急死しました。

3月9日にかわやで倒れ、意識不明のまま、13日に死去したのです。死因は脳卒中と思われます。

謙信の突然の死によって、上杉家中に激震が走ります。謙信の死があまりにも突然だったために、後継者争いが生じます。それが「御館の乱」です。

謙信には実子がおらず、生前に景虎景勝、義春という3人を養子がいました。

景虎は相模の北条氏康の七男・三郎で、永禄13年(1570)4月の越相同盟の折り、人質として越後に入り、謙信の姪と結婚し、謙信の初名である「景虎」を与えられます。

景勝は魚沼郡妻有庄(現在の新潟県南魚沼市)の坂戸城を本拠とする上田長尾氏長尾政景の次男・顕景で、永禄7年(1564)7月の政景の死後、養子となります。

義春は能登の畠山義続の子で、天文22年(1553)、能越同盟の際、人質として越後に入り、弘治2年(1556)に養子となります。しかし、元亀2年(1571)、上条じょうじょう上杉家上条定春の養嗣子となり、以降、親類衆として上条政繁を名乗ります。

この3人のうち、景虎景勝が後継者の座を巡って争うことになり、結果、景勝が勝ち、越後上杉家を継承します。

しかし、この御館の乱によって、謙信の時代に培われた越後上杉家の勢力と威信は大きく衰退することになりました―

さて、謙信は遺言という形では後継者を定めませんでしたが、一体、景虎景勝のどちらを後継者=意中の人物として決めていたのでしょう?

一説に、謙信関東管領職(=山内上杉氏の跡目)を景虎に、越後国主(=越後上杉家府中(三条)長尾氏の跡目)を景勝に、それぞれ継がせるつもりであったと云われています。

『北条五代記』には「誰もが家督は三郎(=景虎)殿が継ぐのであろう」と記しています。これが周知の事実だったのでしょう。

また、景勝弾正少弼を譲り受けたのに対し、その死去まで「三郎」のままであった事についても、謙信関東管領職景虎に譲るつもりであった事を示しています。

というのも、文安4年(1447)3月に出された後花園天皇綸旨による補任と、それに伴う「天子の旗」を下賜された事によって、関東の諸将から関東管領職そのものが「副将軍」「天子之旗本」と認識され、関東管領職足利将軍家とは同格の勅任官レベル=天皇から任命された職務として山内上杉氏に与えられたものと変貌した事も関連します。

すなわち、これ以降の関東管領山内上杉氏が受領名も官途名もなく、ただ「四郎」「五郎」のままであった事実がそれを物語っています。

それ故、景虎「三郎」のままであった事は、景虎こそが関東管領職の後継者であった事が考えられますね。

また、景虎が後継者と認識されていた有力な根拠として天正3年(1575)の『上杉家軍役帳』には、景虎には軍役が課せられていないのに対し、景勝は他の諸将と同様に軍役が課せられている事実が見られます。

この点は、後年に徳川幕府が諸大名に対し禁裏(=御所)の普請役を命じた際の豊臣秀頼の立場と似通ったものがありますね。

そもそも、長尾氏は代々、守護代を務め、蒲原郡三条(現新潟県三条市)を本貫とし、越後府中に居を構えた府中(三条)長尾氏上田長尾氏、古志郡蔵王堂・栖吉(現新潟県長岡市)を本拠とする古志長尾氏との間で抗争が激化していました。

永禄2年(1559)、関東管領職となる事が内定し上洛を果たした景虎(謙信)が帰国した際、越後の諸将は景虎(謙信)に太刀を献じてこれを祝したのですが、その目録『侍衆御太刀之次第』には「直太刀の衆」として上杉・長尾氏一門衆が、続いて「披露太刀ノ衆」とされる外様・譜代の国人衆が、最後に「御馬廻年寄分ノ衆」として旗本衆が序列化されています。

その中で、古志長尾氏長尾景信一門衆の筆頭に位置付けれ、上田長尾氏長尾政景国人衆の第7番目に置かれています。

景勝の実父である政景は、謙信に最も近親なのにも拘わらず、一門衆ではなく国人衆の、しかも7番目に位置付けられています。

政景は一族の扱いからも外され、国人衆の筆頭にも置かれなかった待遇だったんですね。

景勝はその実父・政景と同様に国人衆上田長尾氏の当主として、謙信への賦役に務めています。

すなわち、景勝謙信の養子とは言っても、その待遇は謙信の後継者としてではなく、国人衆の1人、つまり家臣団の1人として扱われていたことになります。

景勝謙信の生前より後継者だったと根拠に挙げているのが天正3年(1575)正月に顕景から景勝へ改名し、弾正少弼に任ぜられた点だと云われます。

謙信弾正少弼の官位を譲り与えたんだ―というのが根拠なのですが、これは謙信越後守護代長尾景虎の時代に任官したものなので、謙信越後守護代の立場としての上田長尾氏の当主であった景勝に下賜した―というのが正しい観方かもしれませんね。

また、景勝自身も“自分は越後上杉家を継いだのだ”という思いだった節が見受けられます。それは、景勝の嗣子である定勝の名に顕著に見受けられるのです。

定勝は慶長9年(1604)の生まれです。時代は徳川幕府草創期ですね。この時期に定勝と同世代の人物で伊達政宗の子で仙台藩を継いだ忠宗などは徳川秀忠の「忠」の字の偏諱を受けています。また、定勝の嗣子である綱勝徳川家綱の「綱」の字の偏諱を受けています。

定勝徳川将軍家偏諱を受けなかったようですね。しかし、それよりも注目したいのは、定勝の「定」の字なのです。

実は、越後守護だった上杉定実の「定」の字を意識したものではないのだろうか?という疑問が想定されるのです。

定実は天文19年(1550)死去し、越後上杉家は断絶しますが、守護代だった景虎(謙信)は、その名跡を景勝に継がせたのではないのでしょうか?

それを景勝も自覚していたので、越後上杉家の後継者として定勝と名付けたのではないのか―という憶測が芽生えます。

結果として、御館の乱は、越後上杉家の当主の座を巡って、景虎=古志長尾氏を擁するグループ」「景勝=上田長尾氏を擁するグループ」との対立抗争って事が分かります。

上田長尾氏出身である景勝を当主として仰ぐことに納得しない古志長尾氏などの重臣たちは、相模北条家という強大なバックボーンを持つ景虎を担いで敵対し、結果滅ぼされてしまいます。

景勝の立場からすれば、謙信一代で築いた上杉氏の勢力を越後のみしか力を発揮できないまで縮小してしまった―しかも、自分の手で―事になりますね。

景勝自身は「越後上杉家でいいんだ」と思っていたのかもしれませんが…

若しも、景虎御館の乱に勝ち、関東管領越後上杉家を継承していたら、上杉=伊達=北条という同盟の壁が幾らか発揮されて、後年の豊臣秀吉の天下統一も違った展開になったことでしょうネ!


この記事へのコメント

  • 御堂

    景勝さん、初めまして、こんにちは!来訪&コメント、そして、ご指摘ありがとうございます。

    私が景虎が関東管領上杉氏の後継者と思った点は、

    ・景虎が歴代の関東管領上杉氏と同様、官途名がない身分(=三郎のまま)である事
     例)上杉能憲(三郎)、上杉朝房(三郎)、上杉憲実(四郎)、上杉房顕(八郎)、上杉顕定(四郎)、上杉顕実(四郎)、上杉憲房(五郎)、上杉憲寛(四郎)、上杉憲政(五郎)

    ・景勝は軍役を課されているが、景虎は軍役を課されていない事

    の2つに依拠しているに過ぎません。確かに、景勝さんが仰る様に、

    >景勝「俺、不識庵様"(実城様)に続く“御中城様”」って呼ばれてたし…

    という事実がありますよね。それならば、同時代の景虎がどう呼ばれていたのか?検証しないと気になるところです。

    また、

    >『上杉姓(関東菅領上杉家)の譲渡』の書状も、生前に謙信公から貰ってたんだし…。誰が正式な跡継ぎだか解らなくね?…

    という点については、確かに

    ・上杉氏という以上、関東管領職の譲渡とみるのが一般的なもしれませんが…

    ・一門としての上杉氏の立場を与えた=保障したとも考えられます

    しかし、一番大事な事は、

    いくら上杉謙信が関東管領でも、関東管領職は室町幕府の職務、すなわち公職な訳で、任命権は足利将軍家が所持しています。

    戦国時代だし、足利将軍家すら有名無実な状態といっても、任命権は保持しています。この時期、足利義昭は備後鞆において、幕府機能を残存させています。

    確かに、里見氏や後北条氏のように自称する者もいるのも事実ですが、上杉謙信という人物を考えた時、この時代において秩序を重んじる性格の人が足利将軍家を無視して勝手に私物化して任免権を行使するのでしょうか?そこが疑問です!

    >謙信公は生前に、「北条氏政は弟(三郎景虎)とお付きの遠山親子を捨て」と神仏に願文の文中に書いて、かなりのご立腹。御館の乱の時にも氏政はゆっくり来て、助ける気があるのか無いのか…。元養子先の幻庵の妻子の所にも別な養子をあてがって、帰る所が無くね?側室の七男では実家に戻れたとしても、また何処かへ人質に出されるんじゃね?嫁に行った妹も一緒に自害したし、本当の家族の絆をつかんで、生死苦楽を共に出来るって幸せじゃね?実家・北条家に戻されて、また何処か知らない所に人質に出され、惨めな生死に処するよりは?

    庶子&異母兄弟の立場である以上、戦国時代の一般常識として、人質としてたらい回されるのは当たり前の事!ましてや、実の兄弟であっても、嫡男以外は他家への養子を望むもの!ですよね。

    (参考文献)
    ・木下聡論文「山内上杉氏における官途と関東管領職の問題」(『日本歴史』685)
    ・櫻井真理子「上杉景虎の政治的位置」(『武田史研究』28)
    ・片桐昭彦「上杉謙信の家督継承と家格秩序の創出」(『上越市史研究』10)
    2010年06月17日 20:38
  • 景勝

    追記

    景勝「謙信公は生前に、「北条氏政は弟(三郎景虎)とお付きの遠山親子を捨て」と神仏に願文の文中に書いて、かなりのご立腹。
    御館の乱の時にも氏政はゆっくり来て、助ける気があるのか無いのか…。
    元養子先の幻庵の妻子の所にも別な養子をあてがって、帰る所が無くね?
    側室の七男では実家に戻れたとしても、また何処かへ人質に出されるんじゃね?
    嫁に行った妹も一緒に自害したし、本当の家族の絆をつかんで、生死苦楽を共に出来るって幸せじゃね?実家・北条家に戻されて、また何処か知らない所に人質に出され、惨めな生死に処するよりは?」
    2010年06月17日 08:53
  • 景勝

    景勝「俺、不識庵様"(実城様)に続く"御中城様"」って呼ばれてたし(二人だけ様呼び)、
    『上杉姓(関東菅領上杉家)の譲渡』の書状も、生前に謙信公から貰ってたんだし…。
    誰が正式な跡継ぎだか解らなくね?」

    以上、呟いてみました、景勝殿に成り代わって。
     失礼しました
    2010年06月17日 08:30
  • 御堂

    Gくんさん、こんにちは!

    そうですね、おそらく初めて描く感じの「御館の乱」ですから、僕も楽しみです。(初めてモノなので、次に描かれるまで“基本映像”っぽくなる事でしょうし…)
    2009年01月24日 15:51
  • Gくん

    こんばんは! 御堂さま、あべる様
    「弾正少弼」は、謙信が守護代長尾景虎時代の官途ですね(記事本文)。これも気になります。

    御堂様も提示している後継者二分説に魅力を感じています。ちょうど、先代の越後守護定実と同守護代為景のような関係です。しかし、現実的でないことは上に記したとおりです。

    あべる様は、景勝後継説支持のようですね!姉の子で同じ長尾一族ということで自然ですよね。
    この件に付きましては、作家の桐野作人氏のブログに詳しい解説がありました。ご参照ください。

    最後に、NHK大河ドラマでこの御館の乱が、どう描かれるかですね! そのときまた巷(ネット上を含めて)には、いろいろな見解が出て来るものと予想します。
    2009年01月20日 20:19
  • 御堂

    あべるさん、こんばんは!
    当ブログへの来訪&コメントありがとうございます。

    御館の乱に関するご意見、もっともですね。僕自身、景虎に味方したつもりではなかったのですが…

    景虎にせよ、景勝にせよ、実際には全て“薮の中”状態だし、歴史という分野は数学のように「1+1=2」という解答では収まらないモノなので、色々な発想があってしかるべきだと思います。
    2009年01月18日 23:49
  • あべる

    はじめまして。記事を面白く読みました。僕も私見を少々述べさせてください。
    御館の戦乱については景虎が景勝に謀叛した可能性も少なからずあります。景虎が春日山に居住していた証拠が当時の史料になく、(逆に春日の町にいたことを示すものはある)景勝が春日山を軍事占領した記録の初出が北条寄りの軍記で、信憑性が低いのです。景勝は謙信の遺言で城に入ったと書状で書いてあります。軍記では遺言を気を失った謙信から引き出した扱いとされますが、軍記の扱いは非常に怪しいものです。
    また、三郎の名乗りは単純に官名がなかったためである可能性もあります。実際に関東管領として通称を使うなら三郎よりも五郎や六郎を使っていたでしょう。それ以前に弾正謙信がその先例を失わせている事実とも合致しません。
    各所で語られる景虎を正統とする論拠は少し弱いように思います。
    景虎は不幸ですがその思い入れから景勝さんが濡れ衣を纏わされてはそれも気の毒です。このように考えて泉下で寡黙に眠れる景勝の肩を持たせていただきました。駄文および突然の投稿で失礼しました。
    2009年01月18日 13:43
  • 御堂

    Gくんさん、こんにちは!

    僕が調べた限りでは、景勝は「弾正少弼」なのに、景虎は「三郎」のまま、という点にあるんですよね。

    歴代の関東管領=山内上杉氏も「四郎」とか「五郎」のままだったというのを本で読んで、それなら「三郎」のままの景虎こそが関東管領だ、と思ったわけです。

    もうこうなったら、昨年の「篤姫」放送中でもありましたが、新発見らしき何かが世に出るといいのに…と期待しちゃってるんですよね(笑)
    2009年01月17日 13:26
  • Gくん

    こんばんは!
    御館の乱の原因の考察、勉強になります。

    書籍やwiki、各歴史系ブログを見てみますと、
    景勝後継説、景虎後継説、二分説(御堂様ご提示、一説に・・)などがあり、百家争鳴状態です。
    ウーン! 謙信の意図は謎・不明です。
    謙信生存中は「長尾景勝」のままであったとの説まであり、よくわかりません。

    二分説に魅力がありますが、
    現実的ではありませんので、両者の衝突は避けられないものと思われます。


    2009年01月16日 21:22
  • 御堂

    Gくんさん、こんばんは!

    そうですね、僕も御館の乱→魚津城の攻防→長谷堂城の攻防→大坂冬の陣での鴫野・今福の攻防、などがどう描かれるのか期待してます。

    しかし、上杉三郎景虎の事を調べて書いた事もあってか、景虎の境遇に同情してしまっている自分がいるんですよね…
    2009年01月15日 22:44
  • Gくん

    こんばんは!
    御館の乱。
    今年の「大河」で、どう描かれるか興味があります。
    2009年01月15日 21:08
  • 御堂

    元康さん、こんばんは。

    僕も詳しく調べるまでは、景勝に良い印象があったのですが、むしろ景勝による下剋上=御家乗っ取りと考えた方がいいようですね。ホント、景虎が可愛そうな感じです。
    2007年03月24日 01:20
  • 御堂

    あほやんさん、こんばんは。

    >相模北条家という強大なバックボーン

    確かにそうなんですよね。でも氏政は機敏に動かなかった…結果、景勝に軍配が上がっちゃったわけで、上杉にとっても、この後、春日山→会津→米沢へと転封され、91万石→120万石→30万石→15万石→18万石→14万7000石で廃藩を迎えます。

    言ってみれば、ターニングポイントだったのかもしれませんね。

    >景虎が勝ってれば上杉=伊達=北条…北条=徳川ラインも絡んでくるかも

    そうですね!そう考えると、真田昌幸や信繁(幸村)の活躍も観る事はなかったかもしれませんね。
    2007年03月24日 01:19
  • 元康

    「御館の乱」の事は詳しくは知らなかったので、とても勉強になりました!

    てっきり後継者の景勝に対する、景虎の横槍だと思っていましたが・・・
    むしろ景虎の方が家督を継ぐと目されていたのですね。
    まあ大名からの養子と家臣からの養子、ですもんね。
    北条の影響力を恐れて、景勝に味方する家臣が多かったのかな~
    と思ってました。

    そういえば、「信長の野望」のゲームでも、謙信の後を継いだのは
    景虎だったコトがあります。
    ゲーム内では景勝に比べて格段に能力が劣るので、
    こちらは大助かりでしたけど(笑)
    実際、景虎の器量ってどんなものだったんですかね・・・。
    2007年03月23日 19:41
  • あほやんです

    おひさしぶりです。

    >相模北条家という強大なバックボーンを持つ景虎を担いで敵対し、結果滅ぼされてしまいます

    そういわれてみれば、景虎側は北条家という強大なバックボーンがあるはずなのに、負けちゃうんですよね。歴史も、必ずしも強そうな方が勝つわけでもないのでしょうか(・ω・)ノ

    景虎が勝ってれば上杉=伊達=北条という連合軍ができてたと思うと、秀吉にとっては厄介でしょう。下手すると上の連合軍に、北条=徳川ラインも絡んでくるかもo(^-^)o
    2007年03月21日 23:16

この記事へのトラックバック