「淀屋展」

淀屋研究会が主催する企画展「淀屋展」を観に行ってきました。

淀屋とは土木請負、材木業を行い、豊臣秀吉や徳川家康の時代に伏見城造営(文禄3年=1594)や淀川堤防の大改修(文禄5年=1596)で財をなし、大坂おおざか・中之島を開発します。

大坂おおざか夏の陣で豊臣家が滅亡してから意気消沈していた大坂おおざかの町ですが、淀屋はその後、徳川幕府から肥料となる干鰯ほしかや材木の販売、営業を認められ、「青物市場あおものいちば」を開きます。

また、屋敷前で始めた米市場は大坂おおざか米市場」の始まりで、やがて全国米相場の基準となり、寛永年間には諸藩への金融や特産物の取引を行っており、元禄の頃には日本一の豪商と云われます。

屋敷前で開いた米市場に集まってくる商人のために、屋敷前から米市までの間に架けた橋が「淀屋橋」(元和5年=1619)として有名です。

百万石の大名を凌ぐ財力と云われますが、宝永2年(1705)、5代目の淀屋廣當こうとうの時、「贅沢ぜいたくが過ぎる」という理由で、幕府から闕所けっしょ(財産没収)、大坂おおざか所払ところばらい(追放)の処分を受け、没落していきます。

淀屋が「大名貸し」などで幕府や大名に貸した借金があまりにも多額になり、淀屋の力を恐れた幕府が強権を発動したのだとか―

― ◇ ◇ ◇ ―

ところが、昭和54年(1979)、鳥取県倉吉市の大蓮寺だいれんじ「大坂淀屋清兵衛」と刻まれた人物の墓石が発見されました。

何故、倉吉で淀屋を号する人物の墓が見つかったのでしょうか?

つまりは、こういう事だったようです―

淀屋(岡本淀屋)4代目の当主の重当じゅうとういずれ幕府からの圧力がかかる事を予感し、「闕所けっしょ」処分の35年前から伯耆国ほうきのくに久米郡くめぐん倉吉宿くらよししゅく出身であった番頭の牧田仁右衛門じんえもん淀屋の再興を託します。それが牧田淀屋の始まりです。

牧田淀屋は主家との約束である「主家の血を絶やさない」「大坂おおざかに旗を掲げる」「決して突出しない」を守り、闕所けっしょ処分から59年後の宝暦13年(1763)に大坂おおざか・北浜に綿問屋を構えて「淀屋清兵衛」を名乗って、大坂淀屋を復活させたのです。

大蓮寺だいれんじで見つかった墓は、大坂おおざかに店を復活させた初代清兵衛の息子(四男)「牧田孫三郎季昌」の墓でした。

まさに、牧田淀屋岡本淀屋との約束である「主家の血を絶やさない、大坂おおざかに旗を掲げる、決して突出しない」を守り、約束を実現した瞬間でした。

牧田淀屋はその後、享保5年(1720)年に初代・仁右衛門じんえもんが亡くなると、養子の孫三郎季昌が2代目を継ぎ、倉吉で初めて淀屋を名乗って以降、8代目の孫三郎庸業まで栄えていくことになります。

一方で、大坂おおざか・北浜に進出した大阪淀屋は5代目清兵衛まで引き継がれていきます。

その後、幕末の動乱期の安政6年(1859)、倉吉の牧田淀屋大坂おおざか・北浜の大阪淀屋も突然店をたたみ、財産の9割を朝廷に献じたと云います。

奇しくも、岡本淀屋闕所けっしょ処分を受けてから150年目。淀屋の子孫たちにとって先祖代々の宿願である幕府への報復を果たしたのではないかと考えられています。

牧田淀屋の過去帳の余白部分には8代目の孫三郎庸業が記した次の文言がありました…「世代万々歳」と―

― ◇ ◇ ◇ ―

大坂おおざか船場せんば商人あきんどたちは「淀屋の轍は踏まない」と贅沢ぜいたくはせず、慎ましやかに―をモットーとしていたそうですが、淀屋の先見性を見習うべきではないでしょうか。

― ◇ ◇ ◇ ―

ところで、淀屋の初代・岡本常安おかもとじょうあん(辰五郎)は、山城国岡本荘の出身だとか―

岡本荘って何処にあったっけ?一応、枚方の岡、三矢に該当するらしいけど…

元々は武士の身分だったのが、織田信長に敗れて商人の身分に―とあるので、絞り込めば何か発見できそうかも!

八幡やわたの地で商売が許されたので、淀屋と号したようですが、淀城主だった永井尚政ながいなおまさと関連あるのかな?

永井尚政ながいなおまささきの老中で、寛永10年(1633)から亡くなる寛文8年(1668)まで山城淀城主であった人物。

弟の永井直清なおきよも寛永10年(1633)から慶安2年(1649)まで山城長岡神足こうたり藩主で、しかも慶安2年(1649)~3年(1650)の間は大坂城代を勤めているし…尚政なおまさの三男・永井尚庸なおつねも寛文10年(1670)から延宝4年(1676)に京都所司代を勤めている…

―で、

調べてみたら、やはり岡本淀屋と永井家は縁戚関係にあったようです。

そう考えたら、大坂おおざかにおける淀屋の活躍も存外あり得べき話に聞こえますね。

不思議なのは、延宝2年(1705)に処分が下ってから10年後の正徳5年(1715)に突然恩赦を受けている事実―

これも何か因果関係があると臭いませんか!―たとえば、一連の処分沙汰が示し合わせたものだったとか…!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック