高校日本史、自分の時はどーやったかな?

つい先頃、伊吹文部科学大臣の発言で「日本史を必修科目に!」ってのがありましたね。

えっ?日本史って必修とちゃうんだ?ってビックり!

何でも、平成6年度(1994・4~)からグローバリゼーションの風潮に照らして世界史が必修で、日本史は選択科目になったのだとか―

そーいえば、専攻していた史学科のわが恩師(ゼミ指導教授)も「基礎知識のない学生が多くなった」と嘆いておられたっけ…

こと史学科に関して、スタートラインにおける差って結構大きいもんですよ。

大体、基本的に、

1回生は基礎購読とか、概論etc…
2回生は文献購読とか、概説etc…
3回生になって、演習購読、ゼミ開始、
4回生で卒論ゼミ

ってのが基本だと思いますが、

経験上感じるのは、推薦で入学した学生と一般で入学した学生とでは、同じスタートラインに立っているはずの4月の段階のはずですが、モチベーションの差がかなりあったりします。

推薦入学の学生は早い時期にピークに達している分、4月の時期はちょっと下降した感じになっています。

これに比べて、一般入学の学生はピークからまだ落ちきっていないんですよね。(言い方変えれば、昂ぶったまま…)

そんな中でも、とくに高校の頃から郷土史研究会系のクラブなどに参加していた学生と、これから初めて本格的に歴史(日本史・世界史)を習い始める学生とではうさぎと亀状態だったりします。

― ◇ ◇ ◇ ―

そんな中、ニュースでもやってましたが、富山県の高校で必修となっている世界史が履修されておらず、卒業できない恐れの学生が出てしまったのだとか―

不足分の50分×70コマの授業を履修するために、授業時間を増やしたり、集中講義で対応するとか言ってましたね。(→単位修得の事実はカバーできても、講習レベルで学生たちが知識をカバーできる程、歴史学は甘くはないですよ!)

センター入試まで約90日弱…私学を受験するならまだしも、国公立を受験する場合、他の科目との兼ね合いもあるから大変でしょうね。

まぁ、こうした事も全ては世界史のみを必修にしていた現実が仇になったのではないのでしょうか?

― ◇ ◇ ◇ ―

そこで、自分の高校時代はどうだったかな?と想い返してみたのですが、社会科で、

1年次に地理B(地誌学)←地理A(人文地理学)は選択!
2年次に日本史A
3年次に世界史A or B、政治・経済、倫理・社会

って感じでした。(僕の学生時は現代社会はなかったので…)

こと歴史の事だけを言えば、2年次に全学、日本史A(4単位)を履修して、3年次で各自に応じて世界史A(5単位)を取るか、世界史B(3単位)を取るか―でした。

私学を受験する学生は大抵、英・国・社での受験だったので、世界史B(3単位)の方を履修してましたね。

僕はというと、小学校の頃から歴史が好きになって、将来は歴史の勉強をするために大学の史学科に入学するんだ―と早々に目標を決めてましたので、日本史自体が高校で初めて習うのだし、ましてや世界史も初めて習うのやし、興味もあったので、世界史A(5単位)の方を履修したんですよね。

面白いのは、今思えば、史学科に入学して他の友人たちと違っていたのが、地理B(地誌学)を履修していたことです。(どーやら、わが母校だけだったみたいで…)

普通、地理A(人文地理学←気候区分とか習う方!)を必修にしてる学校の方がほとんどみたいなんですが、わが母校では地理A(人文地理学)は選択科目でした。←だから、3年次に履修しましたけどね!

― ◇ ◇ ◇ ―

史学科を目指す僕にとって恵まれたのは、2年次と3年次の担任が日本史・世界史の担当だった事です。

それぞれの先生が個性的な授業の仕方で、

2年次の担任=日本史の先生は、試験を一切されませんでした。

評価はすべて5~10枚程度のレポート提出で、僕は長州藩の奇兵隊に関してレポートを書いて提出しました。

3年次の担任=世界史の先生などはもっと個性的で、試験はすべて論述式でした。

例えば、問題の数は4問で、問1は10文字以内、問2が20文字以内、問3が30文字以内、問4が40文字以内、すなわち計100文字以内で100点満点の論述試験って感じだったんですよ。

これは結構、文章力をかなりなくらい養わせてもらいましたよ(笑)。

結果として、入学した大学は小論文入試重視のところだったので、高校時の先生サマサマ!と断言できます。

加えて高校の履修科目では、歴史の知識に必要だから…って事で、美術(史)も書道(史)も音楽(史)も、ましてや古文や漢文も「ゼッタイ、必要なんやし!」って事で、履修しましたよ。

自分がそうやって経験した事を思えば、富山の高校の件で、言い出しっぺは学生の方から受験に関連性のない科目はカリキュラムから外してくれ!とあったようですが、必要のない科目なんてない気がします。

僕は人文系の科目が得意な反面、理数系の科目が全くの苦手なわけですが、大学に入学したとて一般教養(基礎課程)時に習わざるを得ないわけですし、苦労しましたもん!(笑)

現代の学生さんたちは、単位選択制に慣れきっちゃっているみたいですが、結局は総合力が必要だし、それを乗り切って以降だったら、専門分野で自分の力をより発揮でき得るのだから、選り好みしない教育に持っていきましょうよ‼

この記事へのコメント

  • 御堂

    あほやんさん、こんばんは。

    ホントにそうですよね。

    僕の頃は地理、日本史、世界史、倫理・社会、政治・経済で一まとめに「社会科」として勉強してますが、今の学生たちは地理歴史、公民(倫理、政治・経済、現代社会)って分け方なのが問題の一因なのでは?
    2006年10月28日 00:29
  • あほやん

    世界史って必修だったんっすね。ニュース見るまで知りませんでした( ̄ロ ̄;)ガビーン

    御堂さんの言うとおり、世界史だけ必修にしたのは、やはり問題ありでしょう。

    なんで世界史だけ必修にしたのかな(・o・ ))(( ・o・)?
    2006年10月26日 20:06

この記事へのトラックバック