第1回 冬季ユースオリンピック・インスブルック大会

2012YOG_Opening_Ceremony.jpg

1月13日から22日までの期間、オーストリアのインスブルック(Innsbruck)で第1回冬季ユース五輪(Winter Youth Olympic Games)(以下、インスブルック・ユース五輪)が開催されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、ユースオリンピック(Youth Olympic Games、YOG)とは、青少年にもオリンピックを体験させようと提案され、14歳から18歳までを対象としたユース世代向けのオリンピック競技大会を言います。

そのモデルケースとして、ヨーロッパ各地では平成3年(1991)夏季大会から隔年開催でヨーロッパオリンピック委員会(EOC)主催によるヨーロッパ・ユースオリンピックフェスティバルが継続して開催されています。

平成22年(2010)にシンガポールのシンガポール(Singapore)で第1回夏季大会(シンガポール・ユースオリンピック)が開催され、今年=同24年(2012)に第1回冬季大会がオーストリアのインスブルックで開催される運びとなったのです。

インスブルックでは昭和39年(1964)と同51年(1976)の2回、冬季五輪が開催されている事でも有名な都市です。

このユースオリンピックは、五輪競技同様に4年に1回ですが、夏季五輪開催の年には冬季大会、冬季五輪開催の年は夏季大会が催されるそうです。

日本からはリュージュ、バイアスロンを除く5競技に選手32人、役員ほか20人の計52名の皆さんが出場し、22日までの10日間に7競技63種目でその腕が競われるほか、反ドーピングや文化交流などのプログラムが実施されるのだとか―

開催される競技と日本人選手の活躍は以下のとおり―

スキー競技(アルペン・クロスカントリー・ジャンプ・ノルディック複合・フリースタイル・スノーボード)

アルペン

  • 廣島聖也(Seiya,HIROSHIMA)選手(双葉高等学校)…男子回転−25位

  • 傳田佳代(Kayo,DENNDA)選手(長野県立飯山高等学校)…女子回転−コースアウト(旗門不通過)で途中棄権

  • 廣島聖也選手…男子大回転−7位入賞

  • 傳田佳代選手…女子大回転−23位

  • 廣島聖也選手…男子スーパーG−12位

  • 傳田佳代選手…女子スーパーG−23位

  • 廣島聖也選手…男子スーパーコンバインド−11位

  • 傳田佳代選手…女子スーパーコンバインド−18位

  • (パラレル団体・混合:男2、女2)
    クロスカントリー



  • 石川謙太郎(Kentaro,ISHIKAWA)選手(旭川大学高等学校)…男子10kmクラシカル−銀メダル獲得!

  • 寺林拓人(Takuto,TERABAYASHI)選手(北海道立北海道恵庭南高等学校)…男子10kmクラシカル−17位

  • 滝沢こずえ(Kozue,TAKIZAWA)選手(長野県立飯山高等学校)…女子5kmクラシカル−8位入賞

  • 大平麻生(Maki,OHDAIRA)選手(新潟県立十日町高等学校)…女子5kmクラシカル−19位

  • 石川謙太郎選手…男子スプリント−6位入賞

  • 寺林拓人選手…男子スプリント−32位

  • 滝沢こずえ選手…女子スプリント−30位

  • 大平麻生選手…女子スプリント−34位

  • ジャンプ

  • 佐藤幸椰(Yuriya,SATO)選手(札幌日本大学高等学校)…男子個人−銅メダル獲得!

  •  2012YOG_Ladies_Individual_of_the_Ski_Jumping_medalist.jpg
  • 梨沙羅(Sara,TAKANASHI)選手(北海道上川町立上川中学校)…女子個人−金メダル獲得!

  • 混合団体(佐藤幸椰選手、梨沙羅選手、山元豪選手)−5位入賞!

  • ノルディック複合

  • 山元豪(Go,YAMAMOTO)選手(富山県立雄山高等学校)…男子個人−銅メダル獲得!

  • フリースタイル

  • 桐山菜々穂(Nanaho,KIRIYAMA)選手(岐阜県揖斐郡大野町立大野中学校)…女子ハーフパイプ−8位入賞

  • 中川雄生(Yuki,NAKAGAWA)選手(富山県立雄山高等学校)…男子スキークロス−16位

  • スノーボード

  • 大江光(Hikaru,OHE)選手(龍谷富山高等学校)…女子ハーフパイプ−金メダル獲得!

  • 平岡卓(Taku,HIRAOKA)選手(上宮高等学校)…男子ハーフパイプ−銅メダル獲得!

  • スケート競技(スピードスケート・フィギュアスケート・ショートトラック)

    スピード・スケート

    2012YOG_Mens_500m_of_the_Speed_Skating_medalist.jpg
  • 角井俊洋(Toshihiro,KAKUI)選手(北海道立帯広南商業高等学校)…男子500m−銅メダル獲得!

  • 一戸誠太郎(Seitaro,ICHINOHE)選手(山形県立山形中央高等学校)…男子1500m−銅メダル獲得!

  • 角井俊洋選手…男子1500m−12位

  • 菊池純礼(Sumire,KIKUCHI)選手(長野県立長野県小海高等学校)…女子1500m−銅メダル獲得!

  • 一戸誠太郎選手…男子3000m−銀メダル獲得!

  • 原田梨央(Rio,HARADA)選手(白樺学園高等学校)…女子3000m−銀メダル獲得!

  • 一戸誠太郎選手…男子マススタート(12周)−銀メダル獲得!

  • 角井俊洋選手…男子マススタート(12周)−4位入賞

  • 菊池純礼選手…女子マススタート(8周)−銅メダル獲得!

  • 原田梨央選手…女子マススタート(8周)−6位入賞

  • フィギュアスケート

     2012YOG_Mens_singles_of_the_Figure_Skating_medalist.jpg
  • 宇野昌磨(Shoma,UNO)選手(愛知県刈谷市立富士松中学校)…男子シングルス−銀メダル獲得!

  • 中村優(Shu,NAKAMURA)選手(北海道教育大学附属釧路中学校)…男子シングルス−6位入賞

  • (男子SP)
     06 宇野昌磨選手−51・52
     10 中村優選手−42・34
    (男子FS)
     02 宇野昌磨選手−115・63
     03 中村優選手−111・88
    (男子総合)
     02 宇野昌磨選手−167・15
     06 中村優選手−154・22
  • 庄司理紗(Risa,SHOJI)選手(成蹊中学校)…女子シングルス−6位入賞

  • (女子SP)
     01 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ(Elizaveta,TUKTAMISHEVA)選手(ロシア)−61・83
     06 庄司理紗選手−47・29
    (女子FS)
     01 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ選手−111・27
     05 庄司理紗選手−88・03
    (女子総合)
     01 エリザヴェータ・トゥクタムィシェワ選手−173.10
     06 庄司理紗選手−135・32
    →リーザ、完全制覇ですね!

  • 中村優(Shu,NAKAMURA)選手(北海道教育大学附属釧路中学校)& Jordan,BAUTH 選手(USA)& ugenia,TKACHENKA 選手 & Yuri,GULITSKI 選手(BLR=Belarus:ベラルーシ)…NOC混合団体−金メダル獲得!


  • NOC混合団体は、違う国の選手と混成チームを組んで競います。

    チーム4
    (男子個人)
     02 宇野昌磨選手−112・72
    (女子個人)
     02 Jordan,BAUTH 選手(USA)−77・84
    (アイスダンス)
     07 Eugenia,TKACHENKA 選手 & Yuri,GULITSKI 選手(BLR=Belarus:ベラルーシ)−44・36

    ショートトラック

  • 斉藤慧(Kei,SAITO)選手(光明学園相模原高等学校)…男子500m−5位入賞

  • 菊池純礼選手…女子500m−5位入賞

  • 斉藤慧選手…男子1000m−4位入賞

  • 菊池純礼選手…女子1000m−銅メダル獲得!

  • (混合リレー:男2、女2)
  • 菊池礼選手…NOC混合リレー−4位入賞

  • 斉藤慧選手…NOC混合リレー−6位入賞

  • アイスホッケー競技

  • 古川誠也(Seiya,FURUKAWA)選手(北海道帯広市立帯広第八中学校)…男子個人スキルチャレンジ−銅メダル獲得!

  • (男子・予選)
     02 古川誠也選手
       S1=1位(16人中)
       S2=1位
       S3=1位
       S4=9位
       S5=15位
       S6=3位
    (男子・決勝)
     03 古川誠也選手
       S1=1位(8人中)
       S2=2位
       S3=8位
       S4=6位
       S5=4位
       S6=3位
  • 出口茜(Akane,DEGUCHI)選手(北海道立北海道苫小牧西高等学校)…女子個人スキルチャレンジ−7位入賞

  • (女子・予選)
     04 出口茜選手
       S1=3位(16人中)
       S2=15位
       S3=3位
       S4=10位
       S5=8位
       S6=2位
    (女子・決勝)
     07 出口茜選手
       S1=6位(8人中)
       S2=3位
       S3=6位
       S4=6位
       S5=4位
       S6=2位

    スキルチャレンジは、シュート力や滑りの技術、パックのコントロールなど、以下の6種類の技術の合計得点で競われます。
     S1=スケーティングの速さ(Fastest Lap)
     S2=シュートの精度(Shooting Accuracy)
     S3=スケーティングの敏速性(Skating Agility)
     S4=ショットの速さ(Fastest Shot)
     S5=パスの精度(Passing Precision)
     S6=パックコントロール(Puck Control)

    ボブスレー競技

    ボブスレー

  • 上原志津佳(Shizuka,UEHARA)選手(北海道立北海道帯広農業高等学校)&押切麻李亜(Maria,OSHIKIRI)選手(北海道立北海道帯広南商業高等学校)…女子2人乗り−8位入賞

  • スケルトン

  • 佐藤弾(Dan,SATOH)選手(北海道立北海道帯広南商業高等学校)…男子1人乗り−9位

  • 野倉大貴(Hiroki,NOKURA)選手(宮城県立柴田高等学校)…男子1人乗り−10位

  • 安藤早紀(Saki,ANDOH)選手(宮城県立柴田高等学校)…女子1人乗り−14位

  • カーリング競技
    (詳細はココ→
  • 日本代表…混合団体−7位入賞


  • 日本代表チームの顔ぶれは、

    Lead 玉熊真子(Mako,TAMAKUMA)選手(青森明の星高等学校)
    Second 堀篭司(Tsukasa,HORIGOME)選手(長野県立長野県軽井沢高等学校)
    Third 北口瑞季(Mizuki,KITAGUCHI)選手(北海道立北海道滝川高等学校)
    Skip 臼井槙吾(Shingo,USUI)選手(北海道立北海道常呂高等学校)

    のメンバーで構成されています。

    カーリング競技には、
    RED GROUP
    オーストリア(AUT)
    カナダ(CAN)
    イギリス(GBR)
    ドイツ(GER)
    イタリア(ITA)
    日本(JPN)
    ロシア(RUS)
    スウェーデン(SWE)

    BLUE GROUP
    中国(CHN)
    チェコ(CZE)
    エストニア(EST)
    韓国(KOR)
    ノルウェー(NOR)
    ニュージーランド(NZL)
    スイス(SUI)
    アメリカ(USA)

    の16チームが競技に出場。各グループでラウンドロビン(総当りリーグ戦)を勝ち抜いた上位4チームが決勝トーナメントに進出。試合結果は以下のとおり―

    ◇予選ラウンドロビン
    ◆D1
    ○JPN 0 0 0 2 0 3 0 X=5
    ●ITA 1 0 0 0 1 0 1 X=3
    ◆D2
    ●AUT 0 2 0 0 0 3 0 0 ex0=5
    ○JPN 1 0 0 1 0 0 2 1 ex2=7
    ◆D3
    ○RUS 0 0 2 0 1 0 1 2=6
    ●JPN 0 1 0 3 0 1 0 0=5
    ◆D4
    ○JPN 0 1 0 0 0 2 0 2 ex2=7
    ●GBR 1 0 0 0 2 0 2 0 ex0=5
    ◆D5
    ○JPN 0 0 3 3 2 1 X X=9
    ●GER 1 1 0 0 0 0 X X=2
    ◆D6
    ○CAN 3 0 0 0 4 0 2 X=9
    ●JPN 0 1 0 1 0 2 0 X=4
    ◆D7
    ●JPN 1 0 1 0 0 1 0 1=4
    ○SWE 0 1 0 3 0 0 1 0=5

    ―以上の結果、日本チームは4勝3敗で3位となり、決勝トーナメントに進出!

    ◇決勝トーナメント
    ◆準々決勝
    ○SUI(BLUE GROUP 2位)0 0 0 0 0 3 0 1=4
    ●JPN(RED GROUP 3位)0 0 1 1 0 0 1 0=3
    →スイスに敗れたため、準々決勝で敗退!この結果、日本は7位という成績が確定しました。

  • 玉熊真子選手…NOC混合ダブルス−4位入賞


  • 違う国の選手とペアを組んで、トーナメント方式で競います。

    ◆1回線
    Kelsi,HEATH 選手(NZL)& Thomas,SCOFFIN 選手(CAN)vs 北口瑞季選手 & Thomas,MUIRHEAD 選手(GBR)
    ○NZL/CAN 0 0 4 1 1 0 3 X=9
    ●JPN/GBR 1 2 0 0 0 2 0 X=5

    →1回戦で敗退!
    →Thomas,MUIRHEAD 選手って、イヴ・ミュアヘッド(Eve,MUIRHEAD)選手の弟さんなんだね!

    Corryn,BROWN 選手(CAN)& Martin,REICHEL 選手(AUT)vs Ying,CAO 選手(CHN)& 臼井槙吾選手
    ○CAN/AUT 1 0 0 3 0 1 1 0=6
    ●CHN/JPN 0 1 1 0 1 0 0 1=4
    →1回戦で敗退!

    Emily,GRAY 選手(CAN)& Robert-Kent,PAELL 選手(EST)vs Anastasia,MOSKALEVA 選手(RUS)& 堀篭司選手
    ●CAN/EST 0 0 0 2 0 0 0 X=2
    ○RUS/JPN 1 1 3 0 1 1 1 X=8
    →2回戦に進出!

    Frederike,MANNER 選手(GER)&ORYNIAK Derek 選手(CAN)vs 玉熊真子選手 & Min-hyeon,YOO 選手(KOR)
    ●GER/CAN 0 0 0 1 0 0 X X= 1
    ○JPN/KOR 3 2 3 0 5 1 X X=14
    →2回戦に進出!

    ◆2回線
    Anastasia,MOSKALEVA 選手&堀篭司選手 vs Rachel,HANNEN 選手(GBR)& Marek,CERNOVSKY 選手(CZE)
    ○RUS/JPN 1 0 2 2 1 1 X X=7
    ●GBR/CZE 0 1 0 0 0 0 X X=1
    →準々決勝に進出!
    玉熊真子選手 & Min-hyeon,YOO 選手 vs Irena,BRETTBACHER 選手(AUT)& Amos,MOSANER 選手(ITA)
    ○JPN/KOR 2 0 3 1 1 0 2 X=9
    ●AUT/ITA 0 1 0 0 0 3 0 X=4
    →準々決勝に進出!

    ◆準々決勝
    Anastasia,MOSKALEVA 選手&堀篭司選手 vs Rachel,HANNEN 選手(GBR)
    & Eunbi,KIM 選手(KOR)& Martin,SESAKER 選手(NOR)
    ●RUS/JPN 1 0 2 0 1 2 0 0 ex0=6
    ○KOR/NOR 0 3 0 1 0 0 1 1 ex1=7
    →準々決勝で敗退!

    玉熊真子選手 & Min-hyeon,YOO 選手 vs Taylor,ANDERSON 選手(USA)& Duncan,MENZIES 選手(GBR)
    ○JPN/KOR 0 2 1 0 3 0 0 1=7
    ●USA/GBR 1 0 0 1 0 1 1 0=4
    →準決勝に進出!

    ◆準決勝
    Eunbi,KIM 選手(KOR)& Martin,SESAKER 選手(NOR)vs 玉熊真子選手 & Min-hyeon,YOO 選手
    ○KOR/NOR 0 5 0 2 0 2 1 3=13
    ●JPN/KOR 2 0 1 0 3 0 0 0= 6
    →準決勝で敗退し、3位決定戦へ!

    ◆3位決定戦
    玉熊真子選手 & Min-hyeon,YOO 選手 vs Marina,VERENICH 選手(RUS)& Korey,DROPKIN 選手(USA)
    ●JPN/KOR 0 1 0 1 0 1 0 2 ex0=5
    ○RUS/USA 1 0 1 0 2 0 1 0 ex1=6
    →3位決定戦に敗退し、4位が確定!

    ― ◇ ◇ ◇ ―

    今回、ユースオリンピック(Youth Olympic Games、YOG)に出場できた選手の皆さんにはこの祭典がどうように映った事でしょう。

    今までこれだけの練習を積み重ねたから、思うような結果がでた選手もいれば、まだまだ足りなかった面があり過ぎて、力を発揮できなかった選手もいらっしゃると思います。

    こうした経験を糧に、何年後かにはオリンピックなどの世界を舞台にした場所での活躍を期待してますよ!

    さて、ユースオリンピック(Youth Olympic Games、YOG)ですが、夏季大会の次期開催(第2回大会)は平成26年(2014)で、場所は中国・南京(Nanjing)に決定しており、冬季大会の次期開催(第2回大会)は平成28年(2016)で、場所は過去に冬季五輪も開催されたノルウェーのリレハンメル(Lillehammer)に決定していますよ。

    ― ◇ ◇ ◇ ―

    このインスブルック・ユース五輪に出場者した日本人選手の様子を映し出した「インスブルック・ユース五輪総集編」が放送されます。放送日時は以下のとおり―

     1月29日(日)NHK−BS1 午後7時〜7時50分
     2月 3日(金)   〃    午後9時〜午後9時50分
     2月 4日(土)N H K 総 合 午前2時11分〜午前3時
     2月 5日(日)NHK−BS1 午前1時〜午前1時50分


    ― ◇ ◇ ◇ ―

    ※(参照)第24回ユニバーシアード冬季大会→
    ※(参照)日本女子、タイブレークからの銅メダル!―カーリング トリノ・ユニバシアード→


    下記のブログランキングに参加しています。
    記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
    人気ブログランキング
    にほんブログ村 歴史ブログ
    posted by 御堂 at 02:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前: [必須入力]

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント: [必須入力]

    ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    この記事へのトラックバック