「堀部安兵衛〜いまこの時のために生まれ〜」

平成19年(2007)のNHK正月時代劇は「堀部安兵衛〜いまこの時のために生まれ〜」と決まりました。

原作は池波正太郎氏の『堀部安兵衛』で、少年時代から高田馬場の決闘までの波乱に富んだ青春を描いたドラマだそうです。主な出演者の顔ぶれは、

・中山安兵衛=小澤征悦さん
・中津川祐見=宇梶剛士さん
・お秀=松尾れい子さん
・伊佐子=新妻聖子さん

・菅野六郎左衛門=松方弘樹さん
・大石内蔵助=中村梅雀さん
・堀内源左衛門=伊武雅刀さん
・北島雪山=北村和夫さん

となっています。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、堀部安兵衛武庸たけつねといえば、やはり「高田馬場の決闘の助太刀」と「赤穂暴徒による吉良邸襲撃」が有名ですね。

その出自を辿れば、越後国新発田城主溝口家家臣の中山弥次右衛門の長男として生まれています。母は初代城主・溝口伯耆守秀勝の五女・秋香と藩士・溝口四郎兵衛盛政との間に生まれた六女だとか―

となれば、安兵衛は溝口秀勝の曾孫にあたるということですね。

その母は安兵衛出産直後に死去しており、母方の祖母でる溝口秋香に引き取られています。 3歳の時、祖母の秋香が死去して以降は、父である弥次右衛門に引き取られ、男手ひとつで育てられます。

その父も安兵衛が13歳か14歳の時分に櫓の失火に対する落ち度の責任で溝口家を逐われて浪人となります。

浪人した後、父弥次右衛門も死去。孤児となった安兵衛は、はじめ母方の祖父溝口四郎兵衛盛政に引き取られますが、祖父・盛政も引き取られて2年ほどして死去したため、姉の嫁ぎ先である長井家に引き取られます。
19歳の時、長井家の親戚・佐藤新五右衛門を頼って江戸へ出て、堀内源太左衛門正春の道場に入門。天性の剣術の才で頭角を現し、免許皆伝となって堀内道場の四天王と呼ばれるようになっていくのです…

― ◇ ◇ ◇ ―

それにしても、安兵衛役の小澤征悦さん、着実なステップアップですね。

今年の大河「功名が辻」で山内一豊役を演じる上川隆也さんも「毛利元就」毛利隆元役(平成9年=1997)「逃亡」源次役(平成14年=2002)「最後の忠臣蔵」寺坂吉右衛門役(同16年=2004)と続き、「功名が辻」(同18年=2006)となりましたし―

来年の大河「風林火山」で山本勘助を演じる内野聖陽さんも「十時ととき半睡事件帖」(平成6年=1994)「徳川慶喜」徳川慶篤役(同10年=1998)「蝉しぐれ」牧文四郎役(同15年=2003)「秘太刀馬の骨」石橋銀次郎役(同17年)と来て、「風林火山」(同19年=2007=放送予定)となっているので―

小澤征悦さんも「徳川慶喜」沖田総司役(平成10年=1998)「人情届けます 江戸・娘飛脚」清太郎役(同15年=2003)「義経」木曽義仲役(同17年)と経験が積み重なっていることを思えば、将来的な期待感は十分持てますよね。

話は違いますが、NHKさんって面白いもんで、子役の時分から育ててきた役者さんを着実にステップアップさせたりします。

岩崎ひろみさんしかり、茅野佐智恵さんしかり…(→奇しくも、お二人ともNHK朝の連続テレビ小説「走らんか!」平成7年=1995=の出演者だったりしますね)

岩崎さんは「毛利元就」尼子みつ役(平成9年=1997)で、茅野さんは「翔ぶが如く」西郷菊子役(平成2年=1990)での出演経験がありますし…

そういう意味では、「コラ!なんばしょよっと」(平成4、5、9年=1992、1993、1997)に出演していた阪本浩之さん、大注目です。

阪本さんも「八代将軍吉宗」松平頼方役(平成7年=1995)「葵・徳川三代 」松平忠輝役(同12年=2000)「武蔵 」細川忠利役(同15年=2003)ときて、今回「功名が辻」では小早川秀秋役を演じられるようです。

何れにせよ、「堀部安兵衛〜いまこの時のために生まれ〜」での小澤征悦さんの勇躍に注目ですね!

放送日時は、元日、つまり1月1日(月)にNHK総合で、

・前編 21:00〜21:50
・後編 21:55〜22:55

となっています。

例年ならば、先にハイビジョンが元日に放送して、2日か3日に総合で放送する―ってケースだったのでちょっとビックリ!…だけど、注目ですよ!!


   


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24522725
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック