西郷隆盛の末弟・小兵衛は熊本に仮埋葬、当時の県政資料で確認

西南戦争で戦死した西郷小兵衛が熊本市本山の香福寺で仮埋葬されていた事が分かる『熊本県政資料』の明治11年の箇所

西郷隆盛の末弟で明治10年(1877)に勃発した西南戦争に参戦し、同年2月27日、熊本県玉名郡高瀬町(現、熊本県玉名市高瀬)での戦いにおいて政府軍の銃弾を受けて戦死した西郷小兵衛の遺体が、同県内の託麻たくま本山もとやま村(現、熊本県熊本市本山)の香福寺こうふくじに仮埋葬された事を示す詳細な記録が見つかりました。

遺体は現在、鹿児島市の南洲墓地(鹿児島県鹿児島市上竜尾町かみたつおちょう)に兄の隆盛らと共に葬られていますが、戦死した薩軍兵士たちの遺体がどのようにして故郷に運ばれたのか、戦後処理の経緯が分かる貴重な資料だと言う事です。

詳細な記録を発見したのは熊本近代史研究会の会員の水野公寿さん=熊本市=で、熊本県立図書館(熊本県熊本市出水)が所蔵する『熊本県政資料』の明治期の記載部分から発見されました。

『熊本県政資料』は明治20年(1887)に編纂が始まり、全57部で編成されています。

『熊本県政資料』の記載によると、明治11年(1878)3月6日付で当時の熊本県権令ごんれい(現在の県知事にあたり、官員が四等官の場合は県令と称し、五等官の場合は権令と称した)だった富岡敬明とみおかよしあき香福寺こうふくじがあった本山村の戸長に対して出した通達文書の中で市来いちき政方まさかたという鹿児島県士族から、本山村の香福寺こうふくじ内に仮埋葬された西郷小兵衛の遺体を鹿児島に持ち帰って改葬したいとの願いが出され、許可したので不都合のないよう取り計らって欲しい」という内容が書かれていたのだとか―

西郷南洲顕彰館(鹿児島県鹿児島市)の高柳毅館長によれば、市来いちき政方まさかたは西郷隆盛の妹・琴の四男で、外交官をしていたといいます。

小兵衛の遺体が運ばれた経緯の記録は鹿児島県側には残っていないが、「賊軍の妻が自分の名前で改葬願を出せなかったので、薩軍に関わっていなかった親族の市来いちきが出したのではないか」と高柳さんは話されている。

― ◇ ◇ ◇ ―

西郷小兵衛の遺体が仮埋葬されていたという記録が残る熊本市本山の香福寺

西郷小兵衛は、薩軍の一番大隊一番小隊長に選任され、副司令格兼一番大隊指揮長となった篠原国幹しのはらくにもとの補佐役として西南戦争に参加。

一番大隊は2月15日に鹿児島を出発し、同22日の本営軍議で一旦は篠原しのはらが主張する熊本城強攻策に決していたが、遅れて到着した小兵衛らが長崎、あるいは小倉を封鎖しようとする部分進撃策を唱えて容認された。

この点、小兵衛は「人格沈重にして思慮深い人物であった」と評されています。兄である西郷隆盛も年齢の離れた小兵衛を大層可愛がっていたそうで、兄の傍にいて、その言動や行動力に感化されて事で身についたのではないでしょうか。

小兵衛は熊本城の攻撃に加わった後、2月25日からは政府軍と菊池川を挟む形で稲荷山を巡って小競り合い、27日には繁根木はんねぎ川の南において激戦を繰り広げますがますが、敵弾を左胸部に受け、壮烈なる戦死を遂げるのです。

古老の話によると、小兵衛の遺体は永徳寺(熊本県玉名市永徳寺)付近の堤防に退避、焼け残った民家である橋本鶴松方の雨戸を1枚借り受けて、桃田ももだ吉次きちじ峠を経て、西郷隆盛が本営としていた北岡神社の神官宅(現、熊本県熊本市春日町かすがまちへ運ぶ途中で絶命したと云います。(その後、橋本家に対し、小兵衛の妻・松子からの礼状が届けられたそうです)

西郷小兵衛戦死の地碑

現在、永徳寺側堤防上には昭和10年(1935)の小兵衛の命日に建てられた「西郷小兵衛戦死の地」という石碑が立っています。

水野さんの調査では、、小兵衛以外にも熊本県内に仮埋葬された戦死者に対する改葬願が把握できただけでも60件を超えていたとの事。

それこそ、戦争終盤になって死者が急増すると戦場でそのまま仮埋葬していたという事なんでしょうね。

また、当時薩軍本営の近くにあった延壽寺えんじゅじ(熊本県熊本市川尻町)は薩軍の兵站基地及び野戦病院となっていたため、多くの負傷者が運ばれて来たのですが「用意した病床が2884床あった」(『川尻町誌』)との記載が激戦を物語っていますよね。

『薩賊死亡姓名』

同じく『熊本県政資料』に記載がある『薩賊死亡姓名』という資料があるのですが、これは西南戦争によって熊本県内で死亡した薩軍兵士たちの所属部隊や出身地、年齢、死亡した日付や場所までが詳細に記載された名簿で、表紙に「川尻町圓寿寺(=延壽寺)不動堂ニテ」とあり、明治10年(1877)2月から同4月までに戦死した計1394人(但し、内102人は重複)が収録されているんですよね。

同寺の蔵原恒海住職によれば「『853名を仮埋葬した』という記録が残っている。後に遺骨を郷里に持ち帰った例も多い」と語っておられます。

― ◇ ◇ ◇ ―

水野さんによると、西南戦争直後、コレラが流行し、熊本県は明治10年(1877)12月と翌11年(1878)5月の2回、改葬禁止令を出しているのだとか―

西郷小兵衛らの改葬はその間(=明治11年3月6日)に許可されている事から、「恐らく一周忌頃に遺族からの改葬願が続出したため、明治11年に入って一時改葬を許可したのではないか」「熊本県は賊軍であっても丁重に改葬に応じている。薩軍幹部の遺体がどのようにして南洲墓地まで移されたかという経緯の一端が判った事に加え、戦後処理の大変さも読み取れる」と話している。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック