新春ワイド時代劇「忠臣蔵〜その義その愛〜」

chushingura-justice and affection-.jpg

毎年恒例で正月2日にテレビ東京系列で放送される新春ワイド時代劇「忠臣蔵〜その義その愛〜」と決まりました。

制作側が掲げた番組概要は以下のとおり―

元禄14年、関ヶ原から100年、武士が官僚化し、「義」に生きることが困難になってきた時代、命を賭して、主君の仇を討ち、公儀の理不尽な裁定を世に知らしめた赤穂浪士47人。
人は、帰属する組織が無くなったらどうなるのか。家族や日々の生活はどうするのか―。
江戸急進派のリーダーとして、下級武士のエネルギーを結集し討入り最大の推進役となった堀部安兵衛を主役に、お家再興を第一義とする大石内蔵助との対決を軸に、
ご存知「忠臣蔵」のエピソードを織り交ぜつつ、脱落していく者の悲哀、様々な困難を乗り越え、本懐を遂げる誠の武士たちの生き様を、壮大なスケールで描く娯楽時代劇の決定版です!

との事です。主人公を堀部安兵衛で持ってきますか!まぁ、考えられるパターンの1つですね。

…という事は、江戸急進派のエピソードを絡めた演出になるのかな?

今回、通算で第34作目となる新春ワイド時代劇ですが、今年も7時間(3部構成)の放送時間とみられます。現状では数少ない時代劇枠なので、7時間でも貴重ですね。(テレビ東京系列は、まだ東京12チャンネルと言っていた頃から時代劇枠をしっかりとキープされていた実績(→「大江戸捜査網」など)があるので、今後も頑張って頂けたらと思います!)

さて、主な配役陣ですが―

  • 堀部安兵衛武庸たけつね(御使番、馬廻役、200石、江戸急進派のリーダー格、吉良邸討入りの際は裏門隊)=内野聖陽さん

  • ほり(安兵衛の妻)=常盤貴子さん


  • 大石内蔵助くらのすけ良雄よしお(赤穂浅野家筆頭(国)家老、1500石、吉良邸討入りの際は表門隊で指揮)=舘ひろしさん

  • 大石りく(内蔵助の妻)=萬田久子さん

  • 大石松之丞(主税ちから良金よしかね)(内蔵助の嫡男、吉良邸討入りの際は裏門隊の大将)=有岡大貴さん(Hey!Say!JUMP)


  • 浅野内匠頭たくみのかみ長矩ながのり(赤穂浅野家当主)=市川染五郎さん(7代目)

  • あぐり(内匠頭の妻→のち瑶泉院)=田中美里さん


  • 大高源五忠雄ただお(金奉行・膳番元方・腰物方、20石5人扶持、吉良邸討入りの際は表門隊)=眞島秀和さん

  • 奥田孫大夫重盛しげもり(武具奉行・江戸定府、150石、吉良邸討入りの際は表門隊)=榎木孝明さん

  • 貝賀弥左衛門友信とものぶ(中小姓近習・蔵奉行、2石10両3人扶持、吉田忠左衛門の弟、吉良邸討入りの際は表門隊)=合田雅史さん

  • 片岡源五右衛門高房たかふさ(側用人・児小姓頭、350石、吉良邸討入りの際は表門隊)=金子昇さん

  • 神崎与五郎則休のりやす(横目付・郡目付、5両3人扶持、吉良邸討入りの際は表門隊)=宮下裕治さん

  • 原惣右衛門元辰もととき(足軽頭・鉄砲頭、300石、吉良邸討入りの際は表門隊)=大石吾朗さん


  • 吉田忠左衛門兼亮かねすけ(足軽頭・赤穂浅野家飛地領である播磨国加東郡穂積〔現・兵庫県加東市穂積〕の郡代〔=郡奉行〕、200石、飛地領への役向きという事で役知料50石、吉良邸討入りの際は裏門隊の大将・大石良金の後見)=若林豪さん

  • 礒貝十郎左衛門正久まさひさ(物頭側用人、150石、吉良邸討入りの際は裏門隊)=池田努さん

  • 潮田又之丞高教たかのり(郡奉行・絵図奉行、200石、吉良邸討入りの際は裏門隊)=大石昭弘さん

  • 菅谷半之丞政利まさとし(郡代・馬廻役、100石、吉良邸討入りの際は裏門隊)=石井英明さん

  • 前原伊助宗房むねふさ(江戸詰・中小姓・金奉行、10石3人扶持、吉良邸討入りの際は裏門隊)=関貴昭さん


  • 高田郡兵衛(江戸詰、200石15人扶持、郡兵衛の伯父おじ(両親よりも年長者)にあたる旗本の内田三郎右衛門元知もとともへの養子縁組が絡み、最初に脱盟)=山田純大さん

  • 奥野将監定良さだよし(組頭、1000石、吉良邸討入りの際は表門隊)=田中隆三さん


  • 毛利小平太元義もとよし(大納戸役、20石5人扶持、元禄15年=1702=12月11日付の書簡で脱盟する旨を残して逐電→最後の脱盟者と云われる)=伊嵜充則さん

  • 登世(毛利小平太の女、小平太の子を宿す)=早織さん


  • 滝口庄太夫(旧赤穂浅野家家臣)=四方堂亘さん

  • 志乃(庄太夫の妻、夫を扶助するため、夜鷹に身をやつす)=遊井亮子さん

  • 高谷浅右衛門(旧赤穂浅野家家臣、夜鷹となった志乃に声をかけられ、客となって以降、関係を結ぶ)=市川段治郎さん


  • 井坂新助(旧赤穂浅野家家臣、当初は盟約のメンバーだったが脱盟する事になる)=金田明夫さん

  • よし(新助の妻)=飯沼千恵子さん

  • 八重(新助の娘)=土屋太鳳さん


  • 堀部弥兵衛金丸かなまる(安兵衛の義父、前江戸留守居、300石だったが、安兵衛に家督を譲り、隠居料20石、吉良邸討入りの際は表門隊、討入り口述書の草案を作成)=橋爪功さん

  • わか(弥兵衛の妻、安兵衛の義母、ほりの母)=平淑恵さん


  • 吉良上野介こうづけのすけ義央よしひさ(奥高家、高家肝煎)=柄本明さん

  • 小林平八郎央通 ひさみち(吉良家附家老、150石)=東根作寿英さん

  • 松原多仲宗許(吉良家家老、100石)=内田健介さん


  • 色部いろべ又四郎安長やすなが(米沢上杉家江戸家老)=内藤剛志さん

  • 椎葉喜十郎(色部の密偵)=宍戸開さん

  • 小萩(色部の密偵)=木下あゆ美さん


  • 吉川山右衛門(安兵衛の親友・上杉家用人)=村田雄浩さん

  • かや(山右衛門の妻、浪人した後の堀部家に助力を尽くす)=板谷由夏さん

  • 嘉一郎(山右衛門とかやの子、安兵衛が名付け親)=伊賀亮さん


  • 柳沢美濃守吉保(江戸幕府御側おそば御用人ごようにん、老中格・上座)=斎藤歩さん

  • 細井広沢こうたく(儒学者、柳沢家家臣、安兵衛とは堀内道場で昵懇の間柄、討ち入り口述書の添削を行うなど、安兵衛や吉良邸討入りを支援する、、『堀部安兵衛日記』の編纂を託される)=中村梅雀さん


  • 菅野六郎左衛門(伊予西条松平藩藩士、江戸詰、中小姓、直心影流堀内派の堀内源太左衛門正春が開く道場で安兵衛と出会い、意気投合して叔父・甥の義盟約を結ぶ、のち高田馬場での決闘で討死)=綿引勝彦さん

  • 村上庄左衛門(伊予西条松平藩藩士、江戸詰、中小姓、高田馬場での決闘で討死)=峰蘭太郎さん


  • 内田三郎右衛門元知もととも(幕府直参旗本、郡兵衛の伯父)=西岡コ馬さん

  • 高田弥五兵衛(高田郡兵衛の兄、幕府直参、600石)=吉見一豊さん


  • 吉五郎(八丁堀・左兵衛店の植木職人)=石倉三郎さん

  • 阿波野屋利助(大坂の塩問屋の店主)=石丸謙二郎さん

  • 明石太夫(官公許の傾城町けいせいまちで、この当時=元禄文化=の一大文芸サロンを形成していた花街かがい・島原の名妓)=中山忍さん


  • 落合与左衛門勝信(奥様衆=あぐり=付の家臣、200石江戸扶持6人、戸田局が出てこない場合の「南部坂の別れ」のキーヤー)=遠山俊也さん


  • 蟹沢横梅(安兵衛を題材に作品を作ろうと寄って来た戯作者)=ベンガルさん
の皆さんが競演されます。

さて、気になる放送日時は、1月2日(月)午後4時からですよ!

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)年末ドラマスペシャル「忠臣蔵〜その男、大石内蔵助」→
※(参照)浄瑠璃坂の仇討→
※(参照)「堀部安兵衛〜いまこの時のために生まれ〜」→
※(参照)年号の表記について→
※(参照)吉良のお殿様→

※(参照)新春ワイド時代劇「柳生武芸帳」→
※(参照)新春ワイド時代劇「寧々〜おんな太閤記」→
※(参照)新春ワイド時代劇「徳川風雲録」→
※(参照)新春ワイド時代劇「忠臣蔵 瑤泉院の陰謀」→
※(参照)新春時代劇ワイド「国盗り物語」→


    


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 08:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
今年は、大ちゃん(有岡大貴)が出演するんですよね〜(>A<)! 早く見たいです!
Posted by ひな★ at 2011年11月08日 21:08
さのすけさん、こんにちは!

“吉良のお殿様”、何とか復権させて上げたいんですけどね!(赤穂浪士を持ち上げてしまう日本の風潮を私は一番毛嫌いします!)

実際、刃傷事件で浅野家から森家へ領主が代わった際、それまで物入りの度に重税を課してきた浅野家に対して領民たちは「ざまあみろ!」って感じで喜んだそうですよ。

その逆に吉良家の領地では領民たちが“吉良のお殿様”の死をすごく悲しんだのだとか―

こちらは重税を課すことは決してなく、善政が敷かれていたようですね。(尤も、吉良家は貢ぎ物等で潤ってたので、領民を困らせる事はせずによかった訳です。賄賂を貰う事は別に悪い事でも何でもないですから…)
Posted by 御堂 at 2011年10月01日 15:38
お正月に忠臣蔵をするんですね。
知らなかったです。

一度、吉良側から見た忠臣蔵をすればいいのにと
思っています。
また、違った見方が出来ていいのでは・・・・

吉良町へ2回、史跡巡りに行きましたが、
地元では名君です。

吉良町の小学校では授業で、吉良さんの
話をするそうです。
Posted by さのすけ at 2011年10月01日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック