NHK大河ドラマ「おんな太閤記」完全版DVD−BOX


NHK大河ドラマ「おんな太閤記」

昭和56年(1981)1月11日から12月20日まで全50話で放送された作品。橋田壽賀子さんの記念すべき大河ドラマ脚本第1作目で、豊臣秀吉を支えた良妻・ねねの生涯を中心に、戦国の世と豊臣家の栄枯盛衰を女性の視線で描いたドラマでしたね。

第1話「出会い」から第27回「東西和睦」までが収録されています。10月25日発売予定。

主な出演者には、

杉原ねね→浅野ねね→豊臣吉子:北政所→高台院(佐久間良子さん)
木下藤吉郎→羽柴=豊臣=秀吉(西田敏行さん)
小一郎→羽柴=豊臣=秀長(中村雅俊さん)
なか→大政所(赤木春恵さん)
とも→日秀尼(長山藍子さん)
きい→旭姫(泉ピン子さん)
浅野やや(浅茅陽子さん)
京極竜子→三の丸殿(松原智恵子さん)
浅井茶々→二の丸殿・淀殿(池上季実子さん)
浅野弥兵衛(長政)(尾藤イサオさん)
蜂須賀小六(前田吟さん)
織田信長(藤岡弘さん)
お市→小谷の方(夏目雅子さん)
浅井長政(風間杜夫さん)
前田犬千代(利家)(滝田栄さん)
まつ→芳春院(音無美紀子さん)
徳川家康(フランキー堺さん)

などの顔ぶれでしたね!

この作品では、何と言っても、西田的秀吉が佐久間的ねねに呼びかける際の「おかか!」という呼び方でしょうか。まぁ、「まん(北政所の「まん」)かか様」からきてる!のは目に見えてましたが!(笑)

もう1つ、この作品での考証は桑田忠親氏でしたが、桑田先生はどちらかと言えば親淀殿タイプだったらしく、佐久間的ねねを好印象にする上で池上的淀殿を悪く描く作風をかなり嫌がってらしたのだとか―


 


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22548816
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック