五山の送り火

「五山の送り火」配置

京都では土着信仰の1つとして、盂蘭うら盆会ぼんえの行事が行われます。

盂蘭盆会という呼称からして仏教行事と思われがちですが実際には、土着信仰における先祖供養の風習と単一仏教行事の盂蘭盆とが神仏習合された結果、現在のような盂蘭盆会の風習が形成されたのだと云います。

その盂蘭盆会を略した呼称が、私たちが現在よく使っているお盆という訳なのです。

まず8月7日から10日頃にかけて精霊しょうらい迎え」をします。

京都ではご先祖さまの霊の事を「精霊しょうらいさん」と呼び、「お精霊さん」が迷わずに冥土から自分たちの家族や子孫のもとに帰って来られるように各寺院では提灯ちょうちんあかりを灯したり、灯籠とうろうをかざしたりして、「迎え火」を照らし出します。

さて、12日の夜頃には「お精霊さん」も無事「迎え火」を頼りに帰って来られ、翌13日から15日の間は家にとどまられて、16日の夜に再び冥土に戻って行かはります。それ故、普段逢う事のない「お精霊さん」と過ごすための休みをお盆休みと言うんですね。

「お精霊さん」がおられる間の13日の朝食から16日の朝食まで各家庭では「お精霊さん」のために、特別に料理を作ります。

特に「お精霊さん」の好物を作ってあげたりするのですが、どちらかと言えば「薄味で、柔らかくてさっぱりした」精進料理風で生臭さを避けるために、お出汁だし昆布こぶだけで取るんですよね。

そうして16日は、「迎え火」と同じ所に火を焚き、帰り道を照らして「お精霊さん」を送り出すのですが、これを“送り火”と呼んでいます。

五山の送り火はこれを大掛かりにした盂蘭盆会の行事の1つで、松明の火を空に投げ上げ、虚空を行く「お精霊さん」をお見送りするという虚空蔵こくうぞう信仰から来たものといわれています。今はあまり見かけなくなっていますが、昔は迎え火として鴨川の河原や家の門口に火を灯したといいます。現在では、新暦の8月16日午後8時から、京都盆地の周囲の山々に「大」の文字から順に、「妙」「法」の文字、鳥居をかたどった火が次々に灯されます。

最近では、観光目的の一部として、京都三大祭(葵祭・祗園祭・時代祭)にこの五山の送り火を加えて、京都四大行事と俗称しています。さらに、東山如意ヶ岳の「大文字」が最もよく知られているので、“送り火”の代名詞になり、「大文字焼き」などと間違って覚える人も多いようですね。(奈良の若草山の山焼きみたいに山の草全体を焼くんじゃないんだし、「〜焼き」と付くからには、大文字山を焼いて山火事を引き起こさなきゃダメでしょ!相も変わらず、「大文字焼き」と言ってくる輩は“心の底からバカにしてやります!”笑)

五山の送り火とは東山如意ヶ岳(大文字山)の「大文字送り火」、松ヶ崎西山(万灯籠山)、松ヶ崎東山(大黒天山)の「松ヶ崎妙法送り火」、西賀茂明見山(船山)の「船形万燈籠送り火」、大北山の「左大文字送り火」、嵯峨水尾山(曼荼羅山)の「鳥居形松明送り火」の五山を総称したものであり、各々、異なる“送り火”行事の寄り合いで、それぞれに“送り火”を守る保存会が個別に存在し、互いに干渉せずに独自性を保って運営されているのです。現在のような形になったのは、近世初頭といわれており、如意ヶ岳の「大文字送り火」は17世紀中頃作成の絵図にしっかりと描かれているし、18世紀中後期の絵図には、五山全ての“送り火”が描かれています。興味深いのは、かつては市原野の「い」、鳴滝の「一」、西山の「竹の先に鈴」、北嵯峨の「蛇」、観音寺村の「長刀」なども“送り火”として点火されていましたが、明治の頃までに廃絶してしまっています。これらが残っていたら現在のように「五山の〜」と冠ぶる事もなかったでしょうね。

“送り火”の日には「あらめ」をお供えし、茹で汁を門口に撒いて「お精霊さん」を、お送りする「追い出しあらめ」の習わしなどの先祖供養に加え、厄除けとして、送り火を酒杯に映し出して飲むと無病息災でいられるとか、“送り火”の燃え炭を奉書紙でくるみ、水引でしばり厄除けとして玄関先に吊るすなどの風習があります。では、それぞれを見ていきましょう。

1.大文字送り火

大文字送り火

京都市北東部、東山三十六峰と呼ばれる連山に属する如意ヶ岳の支峰である大文字山にある。左大文字との区別で右大文字と俗称されています。五山の中では最も規模が大きく、一番初めに点火されます。元々は、浄土寺村の村民よる私的な行事であったのが、人々に親しまれる京都の盂蘭盆会行事として定着しました。

大文字山送り火に関する初見史料としては、舟橋秀腎が記していた日記の慶長8年(1603)の7月16日の箇所に「山々焼灯、見物ニ東河原へ出了」(=鴨川に出て、山々の送り火を見物した)〔『慶長目件録』慶長8年7月16日条〕と記されていたのが最初と云われています。但し、この送り火が「大」の形だったかどうかは定かではありません。

始まりの起源については、次の3説が挙げられます―

  1. 平安時代、弘法大師空海が始めたという説で、かつて大文字山麓の寺院の浄土寺が火災に見舞われた際に、本尊の阿弥陀仏が光を放ちながら山上に飛び、火を免れたという風聞を耳にした弘法大師空海がそれを真似て、人の体を表す「大」を描いて実施した(『都名所図会』、安永9年=1780=刊)との記述に基づいていますが、他のどの記録にも大文字のことが記されていない事から、これは俗説に過ぎないでしょう。


  2. 室町時代中頃、足利義政が延徳元年(1489)、近江国まがりの合戦で死亡した息子・義尚の冥福を祈るために、家臣に命じて始めたという説で、大の字形は山の斜面に白布を添え付け、その様子を慈照禅寺銀閣寺)から相国寺の僧侶・横川景三が眺め定めた(『山城名跡巡行志』、宝暦4年=1754=刊)とありますが、他方で、足利義政の妻・日野富子が命じたという風聞もある訳で、信憑性はかなり薄いでしょう。


  3. 江戸時代初期、近衛信尹が始めたという説で、
    山々の送り火、但し雨ふればの(延)ぶるなり。…(中略)…松ヶ崎には妙法の二字を火にともす、山に妙法といふ筆画に杭をうち、松明を結びつけて火をともしたるものなり。北山には帆かけ船、浄土寺には大文字皆かくの如し。大文字は三みやく(藐)院殿(=近衛信尹)の筆画にてきり石をた(建)てたりといふ(『案内者』、寛文2年=1662=刊)
    との記載があります。
こうして見ると、3の説が一番説得力があるのかな?

―さらに注目すべき史実として、室町時代後期のの天文19年(1550)の段階で、大文字山に築かれていた「如意岳城」が落城した記述(『言継卿記』天文19年11月23日条)がみられ、山頂には城郭が築かれていた事実が明らかです。

また、この辺り一帯が永禄元年(1558)の如意ヶ岳の戦いにおいて広範囲にわたって戦火にまみれてしまった後は、近衛前久さきひさの邸宅地になっていました。そして、それは慶長17年(1612)に前久が死去するまでの期間だったようです。

故に、江戸時代初期、近衛信尹が始めたという説が、一番間違いのないところではないでしょうか。

さて、当日16日の午後7時、山頂の弘法大師堂で浄土院(大文字寺)住職および保存会員ならびに参詣者などの有志によって般若心経があげられ、護摩酢(仏前酒)で心身を清め、親火を灯明から松明に火を移し、午後8時に金尾の部分にある親火に点火された後、合図により一斉に点火されます。

2.松ヶ崎妙法送り火

松ヶ崎妙法送り火の「妙」 松ヶ崎妙法送り火の「法」

京都市北東部・妙は松ヶ崎西山(万灯籠山)、法は松ヶ崎東山(大黒天山)にあり、二山から成ります。麓の涌泉寺の寺伝によると、当寺が鎌倉時代後期のの徳治2年(1307)、日像が天台宗から法華宗に改宗した際、「妙」の字を書き点火したのが始まりだと云い、「法」の字は、涌泉寺の末寺下賀茂大妙寺の日良が東山に書いた事が始まりだと云われています。少なくとも、「妙・法」の2字が同時につくらたものでないことは、「妙」「法」の左に画されていること(右読みでなければならない)からでも推定されます。また、「妙」の字がある万燈籠山が共有地であるのに対し、「法」は区画ごとに所有者が決まっていることも、山林所有権の発達史から考えて「妙」の方が古いことを示しています。さらに「妙」は草書体であるのに対し、「法」は楷書体の字形です。点火時刻は午後8時10分。京都地方簡易保険局屋上からの合図によって点火が行われます。点火終了後の9時頃から、桶泉寺で、日本最古の盆踊り「題目踊り」や「さし踊」が催されます。

3.船形万燈籠送り火

船形万燈籠送り火

京都市北東部・西賀茂の明見山にある。麓の西方寺の開祖慈覚大師円仁平安時代前期の承和14年(847)、唐留学からの帰路、暴風雨に遭ったが、南無阿弥陀仏と唱えたので、無事帰国できた事から、その船をかたどって始めたと伝えられる。しかし、円仁の事故が想起されたとしても、その始まりの起源を西暦1100年より以前に遡る事は困難で、「鳥居形松明送り火」と同様に、愛宕神社との関係と考えるべきでしょう。俗にこの船形は精霊船との異名を持ち、船首は西方浄土に向いているといわれます。明見山は、船山という名前で呼ぶ方が一般的です。「妙法」と共に『案内者』や『扶桑京華誌』(寛文5年=1665=刊)に記事が登場する事から、少なくとも300年近い伝統がある事のは確かです。点火時刻は午後8時15分。朝早くから割木を山に運んで点火の準備が行われ、西方寺で鳴らす鐘を合図に点火。送り火終了後は、西方寺で西方寺六斎念仏が行われます。

4.左大文字送り火

左大文字送り火

京都市西部、大北山にある。大北山も通称で大文字山と呼ばれています。字形は右大文字と酷似していますが、規模や点火手法に至るまで全ての面で異なっています。左大文字の始まりについては、『洛陽名所集』(万治元年=1658=刊)や『案内者』」に記載はないが、『扶桑京華誌』や『日次紀事』(延宝7年=1679=刊)、『山城四季物語』(延宝年間=1673〜1681=刊)には記載があります。『扶桑京華誌』には、

「大文字、北山村の西山に火を以て大の字を燃やす。伝えるところ、これまた筆画なり、左大文字、京の町より北山をのぞんで左にあるところなり」
との記載があり、また、「大文字送り火」の炎が御所の池に照らされて大北山に移ったという故事も残っています。特に守寺の法音寺にて、篝火から火を移した松明を山上に抱えて走る松明行列は勇壮です。大の字に一画加えて「天」とした時代もあったそうです。点火時刻は午後8時15分。左大文字は、岩石が多くて火床が掘りにくいため、以前は全部篝火を燃やしていましたが、現在は斜面に栗石をコンクリートで固めて火床をつくっています。

5.鳥居形松明送り火

鳥居形松明送り火

京都市西部・北嵯峨の水尾山(曼荼羅山)にある。嵐山や広沢池の近くにあり、市内で見える場所はかなり限定される。弘法大師空海が石仏千体を刻み、その開眼供養を営んだ時に点火されたとも伝えられるが、18世紀初頭の書物『翁草』の記述に基づいて、江戸時代中期に登場したとの見解が一般的である。火の神で有名な愛宕山の登り口にあり、愛宕神社参道を示す一の鳥居に由来しており、愛宕神社との関係から発生したと考えられている。点火手法は独特で、他の山と異なり、薪を井桁に組む手法を採用せず、薪を束ねた松明を火床(燭台のような鉄製の火皿)に乗せます。太鼓を合図に親火の所で松明に火を移し、一斉に松明をもって走り、各火床に突立てられて火が付けられます。あらかじめ各火床に点火が準備されていません。その手法は素朴で、五山の中で最も美しく、かつ勇壮な点火手法として知られる。点火時刻は午後8時20分。五山の最後に点火されますが、これは始めに点火させる大文字が下火になってくる時間で、大文字を見てからでも間に合うようにと配慮されています。

―以上が五山の送り火です。各山の足並みが揃うようになったのは、昭和戦後になって各保存会の意見を調整する保存会連合会が結成された後の事で、現在の点火順序に定められたのも連合会結成と同時期の事です。さらに、昭和58年(1983)には京都市無形民俗文化財に指定され、平成11年(1999)には大文字保存会が特定非営利活動促進法(NPO法)に基づいて法人格を申請、京都市に受理されました。

いかがですか。これが“京都人の、京都人ににおける、京都人のための”盂蘭盆会お盆行事の1つ、「五山の送り火」のあらましです。

最近では、京都固有の行事にもかかわらず、その幽玄さから観光行事と化し、正直迷惑を被っていますが、鄙びた他道府県の他所者よそもんたちに伝統と格式を重んじる京都人の先祖供養の仕法を目を見はって頂ければ幸いです。(但し、ご自分のご先祖さまをちゃんと供養なさってから来て下さいね!他所よそさま=ここでは京都人=の先祖供養を楽しんで、自分の先祖供養を疎かになさらないように…嘲笑)

― ◇ ◇ ◇ ―

※(関連)ハイビジョン特集「銀閣よみがえる〜その500年の謎〜」→
※(関連)大文字焼き?!→


 



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ

posted by 御堂 at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。