祗園(御霊)会

7月、夏到来!って感じですね。

京都では祗園祭(の真っ最中です。今日で前半のヤマ場・山鉾巡行が終了。

残すは半月、まだまだ続きます―

しかし、どの新聞やニューズを観ても。山鉾巡行の事を祗園祭のハイライト」と表現していますね。

確かに、観光客も一番多く観覧するのは宵山から山鉾巡行にかけてだとは思いますが、ここで祗園祭(会)が終了したわけではありません。

祭事としての祗園祭(会)は終了したかもしれませんが、むしろ、ここからは神事としての祗園祭(会)が始まるのです。

― ◇ ◇ ◇ ―


平安京城は遷都して以来、急激な人口の増加に伴い、劣悪な公衆衛生環境が原因で疫病なども流行・蔓延しました。当時の人たちは、疫病の原因は疫神の仕業であったり、政争などで非業の最期を遂げた者たちの怨霊の仕業と考えていました。

そうした怨霊を鎮め、慰める行事として御霊会ごりょうえが催されたのです。

その先駆けとして、貞観5年(863)、早良親王、伊予親王など政争によって非業の最期を遂げた6名の怨霊を鎮め慰めるための官主導の御霊会が、神泉苑で行われました。

一方、民間の間では怨霊を鎮め慰めるのではなく、疫神自体を鎮め慰めるための御霊会が催されていました。

なかでも疫病を退治する神である牛頭ごず天王を祀る祗園社(明治時代以前の八坂神社の名称)の御霊会が一番の賑わいを見せていました。

そうして、貞観11年(869)全国的に疫病が流行した際に、卜部うらべの日良麿ひよしまろが当時の国の数に準じて66本の矛を立て、更に神泉苑にて祗園社のお神輿さん3基を迎えて牛頭天王をお祀りし、病気平癒・開運除災・五穀豊穣を祈ったのがその起源であると云われています。

それから約1世紀後の天禄元年(970)には御霊会は「毎年の儀」(=毎年の恒例行事)となりました

さらに天延2年(974)には御旅所を朝廷より賜り、6月7日に祗園社から御旅所へ、14日に御旅所から祗園社に3基の神輿が渡るという日程であ始まったのが、祗園祭としての正式な発足だとされています。

長保元年(999)には無骨むこつという芸人が大嘗祭の標山しめやまに似た作山を作って行列に加わり、これが山鉾巡行の始まりとされています。

その後、「応仁・文明の乱」を経た明応9年(1500)に再興され、現在のような様式へと定着していくのです。

明治維新以降、太陽暦の採用により、7月14日と24日の両日に山鉾巡行が変わり、昭和41年(1966)より7月17日の1日開催となりました。

― ◇ ◇ ◇ ―


さて、今日7月17日、山鉾巡行が終わった後の午後4時30分頃から八坂神社境内から祗園石段下に勢揃いした八坂神社に鎮座する御神霊を遷したお神輿さん3基(東御座みくら・中御座・西御座)が八坂神社の各氏子町内を巡行し、四条寺町の御旅所に御神幸(おいで)になります。これを神幸祭、御霊迎え、御霊送りなどと言います。

そして、1週間鎮座(=お泊り)された八坂の神さんたちは、24日の午後5時30分に御旅所を出発し、堀川通から大宮通までの三条小通りの中にある、所縁のとても深い神泉苑跡近くにある御供社を巡って、八坂神社に御還幸(おかえり)になるのです。これを還幸祭と言います。

なぜ、御旅所に1週間も鎮座(=お泊り)されるのかというと、昔の四条通には現在のような鉄橋ではなく、必要に応じて架橋された木橋しか存在しませんでした。

それ故、普段は参れそうにない氏子の人たちが参拝できるように、御旅所に鎮座されておられるわけです。

山鉾巡行は、その八坂の神さんが乗ってられるお神輿さんの通り道を先頭に立って掃き浄める露払い的存在になります。

それに対し、御旅所から八坂神社に御還幸(おかえり)になる還幸祭で通り道を掃き浄める役割お務めるのが当日に催される花傘巡行です。

まだまだ祗園祭(会)は続きますよぉ~


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック