悪代官役、俳優の川合伸旺さん死去

“時代劇の名悪役”としての人気ぶりもあって製造された"限定商品「悪代官・川合伸旺」"

時代劇で悪代官や悪徳商人などを数多く演じられ、“時代劇の名悪役”として知られていた川合伸旺さんがお亡くなりになりました。享年74歳。ご冥福をお祈り申し上げます。

― ◇ ◇ ◇ ―

僕個人的には、“名悪役”で名の知れた川合さんの出演された作品の中にあって、唯一、お茶目な役どころといっても良かった「翔んでる!平賀源内」(平成元年)での北町奉行能勢甚四郎頼一役がすっごく印象的でしたね。

この能勢甚四郎頼一、実は「遠山の金さん」のエピソードの元ネタの人物だったりします。(随筆集『廿日草はつかぐさ』参照)

明治になって、能勢甚四郎頼一が活躍した話を全て遠山金四郎景元の話としてすり替えられちゃったんですよね。

実際のドラマ設定上は田沼意次側用人老中の時代ですが、現実に能勢甚四郎頼一が活躍した時代は一世代前の将軍・家重の時代で側用人大岡忠光の時代に北町奉行を勤めた人物なんですけどね。

そういう意味では、川合さん、あなたは最後に良き人物に光を当てて下さったのかも!!



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック