京の通り名

京都の街並みは、中国の首都機能の都城制(条坊制)を摸倣した「平安京(城)」の名残を現在もとどめており、東西と南北が碁盤の目のように整然と区割りされています。

両方の通りの名を言えば交差する地点がわかるので、住所も町名ではなく、通りの名前で表しています。

交差する地点から北へ向かう事を「あが」、南へは「さが」、東へ向かう事を「東」、西へは「西入ル」と言っています。

例えば、四条通と河原町通が交差する地点は、河原町通側から見れば「河原町四条」、四条通から見れば「四条河原町」となります。

また同じように、丸太町通と河原町通が交差する地点では、「丸太町河原町」、「河原町丸太町」って感じになります。

※但し、店舗によっては、作為的に住所に変化を付けてはるトコも若干あったりします。例えば、店の場所は明らかに四条通から北に1軒ほど「上ル」場所に立地していて、「●●通四条上ル」でええんちゃうん?」と思うけど、実際にこの店舗の住所表記は「●●通三条下ル」としてはるんですね。(どんだけ「下る」ねん!って感じやけど…笑)

…なので、中には作為的に住所を変化させてはるトコもあり、住所表記だけを頼りにしない事も京都を散策する場合には頭の隅に入れておきましょう!

そんな京都の街並みですが、京都以外の方でも迷子にならない位、覚え易い歌を幾つか紹介したいと思います。

まる たけ えべす  おし 御池おいけ 

あね さん 六角ろっかく たこ にしき 

 あや ぶっ たか まつ まん 五条ごじょう 

雪駄せった ちゃらちゃら うおたな

六条ろくじょう 七条ひっちょう とおりすぎ

八条はっちょう こえれば 東寺道とうじみち

九条大路くじょうおおじで とどめさす
これは地口歌じぐちうた(=語呂ごろ合わせをもじったもの)といって、正式な譜面はなく、生活や遊びの中から口伝えで広まっていったわらべ歌です。

例えば、子供が遊びに行った帰りに、道に迷わぬように、「九九」を覚えるような感じで親から子に代々謡い継いだと言います。

京都人でも若い世代のそのほとんどが知らないし、謡えもしない人が増えてきましたね、嘆かわしい話です。

それに比べて、年配の方々は皆さん、誰でもすぐに口遊む事ができる歌と言えるでしょう。京都人である“証”とも言い切れる代物です。

僕自身、子供の頃に母や祖母が謡っているのを聴いてるうちに自然に覚えちゃいましたからね…(笑)

さて、最初に挙げたのは、東西の通り名の歌で丸竹夷まるたけえべすと言います。それぞれを解説しますと、

  • 丸=太町まるたまち通…平安京期の春日小路

  • 竹=屋町たけやまち通…平安京期の大炊御門大路

  • 夷=えびすがわ通…平安京時期の冷泉小路

  • 二=じょう通…平安京時期の二条大路

  • 押=小路おしこうじ通…平安京時期の押小路

  • 御池=御池おいけ通…平安京時期の三条坊門小路


  • 姉=小路あねやこうじ通…平安京時期の姉小路

  • 三=さんじょう通…平安京時期の三条大路

  • 六角=六角ろっかく通…平安京時期の六角小路

  • 蛸=薬師たこやくし通…平安京時期の四条坊門小路

  • 錦=小路にしきこうじ通…平安京時期の錦小路


  • 四=じょう通…平安京時期の四条大路

  • 綾=小路あやのこうじ通…平安京時期の綾小路

  • 仏=光寺ぶっこうじ通…平安京時期の五条坊門小路

  • 高=たかつじ通…平安京時期の高辻小路

  • 松=まつばら通…平安京時期の五条大路

  • 万=寿寺まんじゅじ通…平安京時期の樋口小路

  • 五条=五条ごじょう通…平安京時期の六条坊門小路


  • 雪駄(→履き物の雪駄せった)=雪駄せきだ屋町=現揚梅ようばい通…平安京時期の揚梅小路

  • ちゃら(→鍵の擬音)=鍵屋町かぎやまち

  • ちゃら(→貨幣の擬音)=銭屋町ぜにやまち

  • 魚の棚・六条=六条魚棚ろくじょううおのたな通=現六条ろくじょう通…平安京時期の六条大路


  • 七条=七条しちじょう通…平安京時期の七条大路

  • 八条=八条はちじょう通…平安京時期の八条大路

  • 東寺道=東寺道とうじみち…平安京時期の九条坊門小路

  • 九条大路=九条くじょう通…平安京時期の九条大路

といった感じで、京都御苑(=昔の大内裏)の南の端(=丸太町通)から平安京(城)の玄関口の羅城門があった九条大路(=九条通)までの26の通りを謡っています。

いつ頃できたのかというと、京都町奉行所の与力だった神沢貞幹(杜口)が書いた随筆集翁草おきなぐさ(安永元年=1772=刊)や三浦庚妥の著書便用謡びんよううたい(享保8年=1723=刊)に出典の記述が見られますが、なかでも『便用謡』は、江戸時代以降、町会所で使われていただろう教本で、九九や日本の地名、社会生活上のマナーなど、実用的な知識に節をつけたうたい曲が収載されており、その中の九重ここのえこそ、「京の通り名」のオリジナルであろうと云われています。

この事から、室町末期あたりから貴族たちばかりではなく、広く武家や町衆に普及し始め、必須の教養であったと考えられ、江戸時代の中頃には「丸 竹 夷 二 押 御池 … 」とメロディやリズムを付けて謡う覚え方が常識になっていたようです。

以上が「丸竹夷」の概要ですが、正直、僕が祖母から、母から聴かされていたのは違うバージョンでした。

例えば、「〜魚の棚」までは同じなんですが、それ以降、

六条 三哲さんてつ とおりすぎ

七条 こえれば 八 九条

十条じゅうじょう 東寺で とどめさす

というものでした。こちらを考えてみると、

  • 六条=六条通

  • 三哲=三哲さんてつ(※1)=現塩小路しおのこうじ通…平安京時期の八条坊門小路

※1 京都タワーと京都駅の間の通りのことです。20年ほど前の市バスに乗車された方なら「三哲」のバスターミナルで聞き覚えがありますよね!

と下って、また

  • 七条=七条通

に上がり、

  • 八条=八条通

  • 九条=九条通

  • 十条=十条通

と来て、また八条通と九条通の間に建っている東寺に戻っています。深く考えて、

  • 東寺=東寺口?

とも考えたけど、東寺口は羅城門の近くであり、西国街道の出発点だから今で言えば、九条新千本にあたり、やはり戻らなきゃならない。

さらに、十条通は第二次大戦後にできた通りなので、だったらこの歌はいつ頃成立した歌なんだろうとの疑問が頭の中によぎります。

そう考えた時、一番最初に挙げた「丸竹夷」のバージョンはこうしたわらべ唄を監修する方々が伝統を無視して勝手に現代風に歌詞をアレンジしちゃったものとみてよいでしょう!(←時代は進んでるのだから、歌詞を変化させてもいいじゃない、という発想でしょうね。しかしながら、こうしたわらべ唄は民俗芸能といってもいいのだから、“温故知新”じゃないけど、旧き人から新しき人へ“口伝え”しながら残していくのが“良き伝統”と言えるのに、わざわざ譜面にしなくてもいいやん!って感じ…何だか、馬鹿にされ、見下された気分になります!)

さて次は違った方向から見る事にしましょう―

てら 御幸ごこ 麩屋ふや とみ やなぎ さかい 

たか あい ひんがし 車屋町くるまやちょう

からす 両替りょうがえ むろ ころも

新町しんまち 釜座かまんざ 西にし 小川おがわ

あぶら 醒井さめがいで 堀川ほりかわの水
   
葭屋よしや いの くろ 大宮おおみや

まつ 日暮ひぐらしに 智恵光院ちえこういん

浄福じょうふく 千本せんぼん はては西陣にしじん
これは逆に南北の通り名の歌で寺御幸てらごこと言います。それぞれ解説しますと、

  • 寺町=てらまち通…平安京時期の東京極大路

  • 御幸=御幸ごこうまち

  • 麩=麩屋ふやちょう通…平安京時期の富小路

  • 富=小路とみのこうじ

  • 柳=馬場やなぎのばんば通…平安京時期の万里小路

  • 堺=さかいまち


  • 高=たかくら通…平安京時期の高倉小路

  • 間=之町あいのまち

  • 東=洞院ひがしのとういん通…平安京時期の東洞院大路

  • 車屋町=車屋町くるまやちょう


  • 烏=からす通…平安京時期の烏丸小路

  • 両替=両替りょうがえまち

  • 室=むろまち通…平安京時期の室町小路

  • 衣=ころもだな


  • 新町=新町しんまち通…平安京時期の町尻小路

  • 釜座=釜座かまんざ

  • 西=西洞院にしのとういん通…平安京時期の西洞院大路

  • 小川=小川おがわ


  • 油=小路あぶらのこうじ通…平安京時期の油小路

  • 醒井=醒ヶ井さめがい

  • 堀川=堀川ほりかわ通…平安京時期の堀川小路


  • 葭屋=葭屋よしやまち

  • 猪=いのくま通…平安京時期の猪隈小路

  • 黒=くろもん

  • 大宮=大宮おおみや通…平安京時期の大宮大路


  • 松=松屋町まつやまち

  • 日暮=日暮ひぐらし

  • 智恵光院=智恵光院ちえこういん


  • 浄福=浄福じょうふく

  • 千本=千本せんぼん通…平安京時期の朱雀大路

  • 西陣=西陣にしじん

といった感じで、平安京(城)の東の端だった東京極大路(=寺町通)から洛陽城域(平安京(城)は右京区域を長安城、左京区域を洛陽城と呼んでいました。しかし右京区域は湿地帯が多く、都市機能が発達できなかったので、田畑へと様変わりし、そのため、左京区域が平安京(城)の区域となり、洛陽城と呼んでいた所から、内側を洛中、外側を洛外=洛北・洛南・洛東・洛西と称するようになった)の西の端だった千本通(=昔の朱雀大路)までを謡っています。

以上の歌はよく知られた方ですが、その他にも、

ぼんさん頭は 丸太町まるたまち

つるっとすべって 竹屋町たけやまち

水の流れは 夷川えべすがわ

二条にじょううた 生薬を

ただでやるのは 押小路おしこうじ

御池おいけで出うた あねさん

ろく銭もろうて たこ買うて

にしきで落として かられて

あやまったけど ぶつ々と

たかがしれてる どしたろ
という歌で「坊さん頭は丸太町」という子供たちが親しみやすく覚えやすいように作られた歌もあります。(ちなみに、最後の「松どしたろ」は、まどす=京ことばで、弁償する、という意味です)

ここまでに挙げた3つの唄で何か気付いた点はありませんか?

実は、3つの唄は共に唄のリズムが「8・5調」の旋律になっているんですよね。

例えば、「まるたけえべすに/おしおいけ」「てらごこふやとみ/やなぎさかい」「ぼんさんあたまは/まるたまち」という感じで同じように「8・5調」で区切られ、分かり易くなっているんですよ。

最後にもう1つ、

一条いっちょう戻り橋 二条の薬屋

三条のみすや針 四条芝居

五条の橋弁慶 六条の本願寺

七条停車場ひっちょうのそばみせ 八条はっちょうのおいも掘り

九条羅生門らしょうもんに 東寺の塔
という感じの歌ですが、これは一条いっちょう戻り橋」という歌で、東西の通りの中で代表する名所や、事跡、町の暮らしを唄っています。

まずは一条通。一条戻り橋が有名です。

この橋は堀川一条に架かる小さな橋で、平安時代初頭の延喜18年(918)、文章博士もんじょうはかせであった三善清行の葬列がこの橋を通りかかった時、紀伊熊野で修験道の修行をしていた息子の浄蔵八坂の塔で有名!)が火急の事に京に舞い戻り、橋の上で父親の柩と出会い、浄蔵が読経を唱えると、柩の中が動き、父の清行が生き返って対面、2人が話すのを人々が見たという逸話から、“死者が戻る橋”=「一条戻り橋」と呼ばれるようになりました。

二条通では、今でも多くの薬屋さんが多く並んでいます。

三条通では、江戸時代から京みやげの代表(今現在では「よーじ屋」が人気ですが…)であった「みすや針」の店が有名です。裁縫には欠かせませんもんね。(先日店の前を通ったら、ビル経営ななさっておられたのですが、店頭販売からは退かれておられました。裁縫とかしなくなったからかなぁー寂しいです)

四条通では、阿国歌舞伎発祥の地として有名で、現在でも唯一残っている顔見世興行の南座が繁盛しています。

五条通では、もちろん弁慶と牛若丸の故事が有名ですね。(実は本当に対決した五条大橋や通りは現在の松原通なんですけどね 笑)

六条通では、河原町通に面する渉成園から烏丸の「お東さん」東本願寺、堀川の「お西さん」西本願寺まで門前町筋として今も栄えています。

七条のそば店は、八条や九条の名産ねぎや京野菜の運搬の中継地として、休憩のため一服する場所として蕎麦そば店が軒をつらねていたそうです。

そして最後の九条通では、京の玄関口だった羅城門らじょうもんと東寺の五重塔が有名ですしね。

いかがですか?憶えておくとホンマ便利ですよ!時代が進むにつれ、通りが無くなったり名前が変わったり、また謡いやすいように歌詞が変わったりもしてますが、肝心なのは伝わっていく事なので、自分が覚えやすいメロディやリズムで覚えていくと案外、耳になじむんじゃないでしょうか。京都に来た際には是非口遊んでみて下さい!

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)寺御幸のわらべ唄(京都銀行のサイトから)→

   




下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 23:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
ゆきさん>
そうですね!現在はぬいぐるみなどを売り出してる店が前面に来て、みすや針さんは奥か2階に構えられましたね。私の母がお世話になっていたので、店の構えを変えられた際、ご挨拶に伺っております。まだまだ気張って頂きたいですね!!
Posted by 御堂 at 2014年12月09日 21:15
みすや針さんは奥の方で営業なさってますよ。横の細い通路を通りぬけると、別世界のような小さいけれど風流なお庭があり、その向こうに日本家屋のお店があります。春にはしだれ桜がきれいです。
Posted by ゆき at 2014年12月06日 10:04
「丸竹夷」がいつ頃できた歌なのか気になっていました。たいへん勉強になりました!
Posted by むら at 2014年06月15日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。