「信濃の国」と分県騒動


  1. 信濃の国は十州じっしゅうに   境連つらぬる国にして
    そびゆる山はいや高く   流るる川はいや遠し
    松本伊那佐久善光寺   四つの平は肥沃の地
    海こそなけれ物さわに  よろず足らわぬ事ぞなき


  2. 四方よもに聳ゆる山々は   御嶽乗鞍駒ヶ岳
    浅間は殊に活火山    いずれも国の鎮めなり
    流れ淀まずゆく水は   北に犀川千曲川
    南に木曽川天竜川    これまた国の固めなり


  3. 木曽の谷には真木茂り  諏訪の湖には魚多し
    民のかせぎも豊かにて  五穀の実らぬ里やある
    しかのみならず桑採りて 蚕飼こがいの業の打ちひらけ
    尊きよすがも軽からぬ  国の命を繋ぐなり


  4. 尋ねまほしき園原そのはらや   旅のやどりの寝覚ねざめの床
    木曽のかけはしかけし世も  心してゆけ久米路橋
    くる人多き筑摩の湯   月の名に立つ姥捨おばすて
    しるき名所と風雅損みやびおが   詩歌に詠てぞ伝えたる


  5. 旭将軍義仲も      仁科の五郎信盛も
    春台太宰先生も     象山佐久間先生も
    皆此国の人にして    文武のほまれたぐいなく
    山と聳えて世に仰    川と流れて名は尽ず


  6. 吾妻はやとし日本武やまとたけ   嘆き給いし碓氷山
    穿うが隧道トンネル二十六     夢にもこゆる汽車の道
    みち一筋に学びなば   昔の人にや劣るべき
    古来山河の秀でたる   国は偉人のある習い
長野県民なら誰でも口遊くちずさめる「信濃の国」という県の歌があります。平成10年(1998)2月の長野オリンピックの開会式で参加した各国選手団が入場する際、その国に因んだ、所縁のある楽曲が演奏されたのですが、日本選手団が入場する際、なんと、この「信濃の国」が奏でられたのです。

すると、会場から大合唱の嵐が巻き起こりました。長野県民の中では、「君が代」を知らない人はいてもこの「信濃の国」を知らない人はいないだろうという程県民に浸透している歌で、小学校入学と同時に教わるのだそうです。県外でも長野県民が集えば必ずと言っていい位「信濃の国」が合唱されると云います。

元々「信濃の国」は長野師範学校の記念運動会で女子部生徒のお遊戯用として作られたのですが、後になって長野師範学校の校歌になり、昭和43年(1968)に長野県歌に指定されました。

この「信濃の国」がある時期、現在の長野県を分断の危機から救った出来事があったのです。それが昭和23年(1948)に起こった分県騒動です。

信濃国は一般に地域を東信・北信・中信・南信の4地域に区分されます。

当初、明治4年(1871)の廃藩置県直後は東信4郡(佐久・他県・更級・埴科)・北信2郡(高井・水内)を併せた長野県と、中信4郡(安曇・筑摩)・南信3郡(諏訪・伊那)・飛騨国全域3郡を併せた筑摩県に分かれていました。

ところが、筑摩県は明治9年(1876)に廃止され、飛騨3郡が岐阜県へ、中信2郡(安曇・筑摩)、南信2郡(諏訪・伊那)が長野県に編入され、現在の長野県が成立しました。それは旧来の信濃国全体を統合するものであり、この時歴史上初めて信濃国は統一されたのです。

しかし、中信ではしばしば木曽が独立した地域として扱われ、南信は通常、諏訪と伊那、さらに伊那は上伊那と下伊那とに細分されます。更級・埴科両郡は、犀川以南の善光寺平(長野盆地)南部から、上田平(上田盆地)への回廊地帯を占めていますが、長野と上田の両方とも結びつきが強く、善光寺平の篠ノ井・川中島地区(更級郡)と松代地区(埴科郡)が長野市に編入されて以降も残ったこの地域はしばしば東信に含まれます。

まさに、その実態は4つの地域からなる“信濃合州国”というべきでしょう。

さらに、元筑摩県の県庁があった松本の長野に対する対抗心は強烈なものでした。以後、幾度となく、松本では長野県からの分県運動、あるいは県庁の松本属庁請願運動が湧き起こります。東信・北信を代表する長野と中信・南信を代表する松本との対立という構図です。

そして、この分県論争の最も紛糾したものが、昭和23年(1948)3月の県の定例議会会期中に起こります。

県議会において分離賛成派の南信選出議員と反対派の北信選出の議員の主張が激しく対立し、県議会の定数(北信30・南信30の計60名)のうち、北信側に欠員が1名あったため、議決に持ち込めば南信側が勝つという状況が生まれたのです。賛成派30名、反対派29名という均衡ですね。

県政は大きな危機を迎えました。3月19日、いよいよ本会議での採決ということになり、北信側は議事の引き延ばし戦術を図り、議場は大混乱となりました。

一方で、聞きつけた大多数の長野市民が県庁を囲み、分県反対を呼び掛けました。やがて議会が開会し、議事が進んでいきます。

そして、いよいよ採決かという時、傍聴席から誰が指揮するまでもなく「信濃の国」が唱われ出したのです。

涙ぐみながら合唱する人たちの声―それはやがて、分離賛成派も反対派も加わって議場全体に広まる大合唱となります。

それが機縁となって採決は延期され、結果的に分県案は廃案となりました。しかし、「信濃の国」の大合唱がなかったら現在の長野県は2つに分かれていたかもしれないんですよね。「信濃の国」は長野県民にとって心の拠り所と言っても過言じゃないと思うのです。

 

つい先日の事です―

夏の高校野球の長野代表は創立100周年の年に見事、県の代表になったという県立松代高校だったのですが、その初戦、倉吉北高校(鳥取)との試合で、応援団が陣取るアルプス席からなんと!「信濃の国」を演奏してましたね。やはり、郷土を代表する音楽=曲なんだ…ってのを改めて感ぜずにおれません。

※(補追)
上記の映像は平成20年(2008)の第80回センバツに出場した長野日大と平成22年(2010)の第92回夏の大会に出場した松本工業の「信濃の国」での応援の様子です

― ◇ ◇ ◇ ―

今から26〜27年前、僕の住む宇治市の高校(宇治=現、立命館宇治と東宇治です!)が2年連続で夏の甲子園に出場しました。

私は違う区域の高校だったのですが、両校とも試合の当日には応援しに甲子園へ観に行ってました…

その時、♪宇治のなー 茶音頭〜♪って感じで、「信濃の国」のようにご当地・宇治の人だけが知っている「宇治音頭」のメロディが流れてきたんですね。アルプススタンドにいる応援団のブラバンでの演奏でした!これは流石に地元の人間としては感動モノです。

この「宇治音頭」、僕が小さい頃は町内会での盆踊りは勿論の事、小学校や中学校の運動会でも踊ってました(祖母も、母も、叔父も、従兄弟も…家族で一緒に!笑)

最近では、宇治の観光協会に問い合わせても「宇治音頭」なんて知らない?」と答えが返ってきます。知らない世代ばかりが勤めてはるのでしょうね。

すごく寂しいデス…(T-T)

それに比べたら、「信濃の国」でいつでもまとまれる長野の人たちって羨ましいなぁーという気がします。


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 04:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:コラム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。