向島と徳川家康

京都市の最南端にある伏見区。その伏見区の最南端で宇治川をはさんだ対岸に位置する向島(むかいじま)地域。この地は文禄年間に豊臣秀吉が伏見城を築城した事で一躍脚光を浴びます。

秀吉は指月山伏見城の支城として、当時「伏見向野」(『義演准后日記』)と呼ばれていた、この向島地区に城を築こうとしました。伏見城が公的な場とすれば、この城は私的な場と考えたのでしょう。

しかし慶長の大地震が起き、指月山伏見城は壊滅。新たに木幡山に築城される事となり、この城は打ち捨てられます。

やがて秀吉の死後、徳川家康が豊臣家の家老として木幡山伏見城に入るまでの間、向島にあった自分の屋敷とこの城を改築したのです。その際、宇治川を隅田川に見立てて、江戸にならって向島城と名付けました。

また向島城の別の名称として、四谷城とも呼ぶそうです。

そう言えば現在も四ッ谷池と呼ばれる一帯があります。

明治の初め頃まではこの一帯を四谷村と称していたそうで、その名残は現在、郵便局株式会社(日本郵便)の「京都向島四ツ谷池郵便局」という支社の名前にしっかり残っています。当時の面影が偲ばれますね。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)(トピックス)「指月山伏見城、やはりあった!」幻の伏見城、痕跡残る…遺構が初出土場所特定
※(参照)伏見桃山城、生まれ変わる!

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック