最後の六波羅探題・北条仲時

北条仲時画像

幕末期新選組に次いで女性に人気のある歴史上の人物として最後の六波羅探題北方・北条仲時が挙げられます。

北条仲時は元弘3年(1333)5月7日の六波羅探題陥落の際、北朝光厳天皇、後伏見・花園上皇を伴い中山道を鎌倉へと東走しますが、近江国番場宿ばんばのしゅく(現、滋賀県米原市番場)にて佐々木京極道誉らに行く手を阻まれ止むなく蓮華寺に籠り応戦したが、5月9日、奮戦空しく本堂前庭で自刃して果てました。

仲時は自害する際、配下の者たちに「我が首を敵に奉じて手柄にせよ」と言い残しましたが、配下の者たちも仲時の後を追うように自害して果て、その数は432名を数えました。

最後の六波羅探題・北条仲時ら432名の慰霊碑

当時の蓮華寺の住職が深く同情し、境内に墓を建ててその冥福を弔い、彼らの姓名と年齢を一巻の過去帳に記しました。それが国宝陸波羅ろくはら南北過去帳』(『六波羅過去帳』)です。中には中学生くらいの年頃の者、姓がなく名のみ記載されている者が多く見られます。

その時は、史学科時代の友人たちと蓮華寺を訪れたのですが、昔から霊感の強い私としては、蓮華寺に到着した辺りから、すごく気分が悪くなっていました。

友人たちが「お墓も参ろう」と言った時、私自身は止めておけば良かったのですが、ますます気分が悪くなって、その日の夜は飲み会もパスして、帰宅しました。

私よりももっと霊感が強い叔母(母の義姉)に診てもらったところ、その霊たちは私なら苦しみを和らげてくれると感じたようで、何人かの霊が憑いて来てしまった事が判りました。(憑かれるこっちの身になってよ、って言いたい!)

その日以来、数ヶ月かけて除霊をしました(=一度に除霊するには僕の体力が続かなかったので…)が、それ以降、歴史上有名な人物たちのお墓とかには訪ねないように心掛けています。(また、いつシンクロされるかわからんし…悲!)

北条仲時以下432名の切腹によって“血の川”が流れたという説明板

毎年5月9日には、仲時以下432名の冥福を弔いに多くの拝観者が参られます。(でも、僕と同じ様な体質の方にはお勧めできませんが、それでも墓参したいって方は何かしら手を施した上、万全の状態で行動してくださいね!)




下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ

posted by 御堂 at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:散策&観覧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。