「眞説・三国志」

「眞説・三国志」の諸葛亮孔明

スカイパーフェクTV衛星劇場で始まった「眞説・三国志」を観ました。この作品は原題が「三国演義」(全84話)で以前、NHK-BS2で2度放送された事があります。

今回、字幕版の第1話を録画チェックしてみました。―すると…これは、国際スタンダード版(全20話)を放送してるんですね。

やはり最初に観た印象ってのは強烈なもので、劉備玄徳(孫彦軍さん)の声の吹き替えは田中秀幸さんでないとイメージできないし…ましてや、諸葛亮孔明(唐国強さん)の声は安原義人さん、関羽雲長(陸樹銘さん)には石塚運昇さん、張飛翼徳(李靖飛さん)には天田益男さん、趙雲子龍(楊帆さん)には速水奨さん、曹操孟徳(鮑国安さん)には玄田哲章さん、孫権仲謀(呉暁東さん)には小杉十郎太さん、司馬懿仲達(唐振環さん)には野沢那智さん…という固定概念が定まっていたもんだから、今回、吹き替え自体が別人での有り様を確認したら、録画チェックするのはやめました。

でも、美味しいトコ取りの総集編って感じだから観る分には良いです。感動が甦って来ますよね。映像をまだ見たことのない方、観る価値は十分にあります。とくに赤壁の戦いのシーンはなかなか見応えです!


  

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック