護良親王の御首級と雛鶴姫伝承

石船神社の複眼首級

山梨県都留市朝日馬場の石船いしふね神社で毎年正月15日に初祭りが執り行われますが、その際に同神社に安置されている大塔宮おおとおのみや 護良もりなが親王の「御首級ごしゅきゅうが公開されます。

護良親王南北朝時代足利尊氏と対立した後醍醐天皇の皇子で、同神社に残る伝承では、建武2年(1335)、足利氏によって鎌倉の土牢で護良親王が殺害されたおり、雛鶴ひなづるという寵姫が護良親王の御首級を携え、この地まで逃げ延びて息絶えた事から、その御首級が同神社に祀られる事になったのだと云います。

護良親王の御首級は江戸時代に復顔術が施され、「石船神社の復顔首級」として都留市指定有形文化財(第18号有形民俗文化財)として金庫に保管された状態で、神殿に安置されています。同神社では毎年正月15日の初祭りの際に、その年の祭礼当番が御首級の無事を確認する仕来たりとなっており、この日も神事の後に宮司が御首級を取り出し、4人の祭礼当番は異状がない事を確認すると、安堵の表情を浮かべておられた様子。


  • 「神体は護良親王の首級で、頭蓋骨に箔を押し付け、両眼に水晶を填め込んだもの。伝承では従者が護良親王の首を鎌倉から密かに持ち出し、合祀したという」(『角川日本地名大辞典』19巻 山梨県「石船神社」の項)

  • 『山梨日日新聞』昭和52年(1977)10月22日付には「日本最古の複顔術」と題して「ミイラ首は人間の頭骨に寄せ木細工で肉付けして顔の形に復元。その上へ漆を塗って復顔した可能性があると判定」したという記載がある。(『山梨日日新聞』縮刷版・昭和52年=1977=10月号)

  • 『山梨日日新聞』平成11年(1999)5月4日付には「復顔術は江戸初期に施されたとされ、日本最古という。技術も優れており、1979年に市の文化財に指定された」との記載がみられる。(『山梨日日新聞』縮刷版・平成11年=1999=5月号)

  • 『週刊昭和タイムズ』第40号「昭和52年」には「骨格から見て高貴な人物。鼻筋が通った美男子で、年齢は30歳前後」と鑑定されたとの記載がある。
― ◇ ◇ ◇ ―

雛鶴姫像

護良親王が相模国鎌倉二階堂谷の東光寺(現、神奈川県鎌倉市寺分)に幽閉された際、同行して勤仕していた雛鶴姫と呼ばれる女性がいました。

建武2年(1335)7月23日、北条高時の遺児・時行ときつらが率いた北条氏残党の軍勢が鎌倉に侵攻します。(中先代の乱

その際に足利直義ただよしにより護良親王が暗殺される事態が起こります。

雛鶴姫と数人の従者たちは護良親王の御首級をいだいて鎌倉からの脱出を図ります。

一行は先ず同国鎌倉郡下柏尾村(現、神奈川県横浜市戸塚区柏尾町)の王子神社に足を運び、ここで護良親王の御首級を洗い清めます。(「首洗くびあらい井戸」として伝承されている)

当初は東海道から京に帰洛しようと計画しますが、東海道が警戒厳重なのを考慮し、小田原より引き返して甲斐・信濃をまわるコースに変更します。

先ず、大山(神奈川県伊勢原市・秦野市・厚木市にまたがる山、丹沢大山国定公園)を経由し、相模国愛甲郡津久井の青山村(現、神奈川県相模原市津久井町青山)の寺院に逗留して病を癒します。

その間に護良親王の三十五日忌の供養を営み、小高い丘に供養塔を建てて護良親王の霊を慰めます。


この供養塔は応安4年(1370)の大塔宮33回忌の際に沙弥蓮明がこの塚で『法華経』千部を修して宝篋印塔を建立して以降、「千部塚」と呼ばれるようになったのだとか―

3か月ほどが経ち、雛鶴姫の病が快癒するとこの地を離れ、甲斐へ逃れて行きます。

急ぎ逃げ落ちる雛鶴姫ですが、実はこの時、護良親王の子を宿していたのです。

甲斐国都留郡秋山村(現、山梨県上野原市秋山無生野)まで辿り着いた時に産気づき、そこで皇子を産み落とします。

その後、雛鶴姫は産後の肥立ちが悪く、とうとうその地で他界してしまうのです。

雛鶴姫の薄幸な運命に涙した秋山の村人たちによって、淵沢(朝日川大旅沢)に墓碑塚を築いて弔われ、その地には現在、雛鶴姫を祀った「雛鶴神社」(現、山梨県都留市朝日曽雌)が建っているそうです。

また、この周辺地域には、多くの雛鶴姫に関して、

  • 雛鶴姫が歩んだ津久井の青山から秋山村までの山道を「雛鶴街道」と呼び、

  • 雛鶴姫が愛する護良親王の御首級を抱いて涙ながらに越えた峠を「雛鶴峠」と呼び、

  • 雛鶴姫に対し、援助や保護を拒絶した秋山村の集落を以降「無生野むしょうの」(=無情)と呼ぶなど、
様々な伝承が云われています。

さて、伝承では雛鶴姫が産んだ皇子は小大塔宮・綴連つづれ皇子と呼ばれおり、南朝方として各地を転戦しますが、後に敗れて衰退し、転々と放浪した折に、秋山村に辿り着き、村民の話から不思議からぬ因縁を感じたのか、村に住み着いて73歳の天寿を全うしたと云われています。

― ◇ ◇ ◇ ―

「雛鶴峠」は別に「大だみ峠」とも云うそうです。これは雛鶴姫荼毘だびに付した事に由来があるそうですが、後世になり、次第になまって「大だみ峠」と呼称されるようになったのだとか―

こうした雛鶴姫の伝説を基に、哀愁の演歌「雛鶴峠」が制作され、演歌歌手の大月みやこさんが唄われています。

最後に、大月みやこさんの「雛鶴峠」の歌詞を書き記します。雛鶴姫の悲哀をおもんばかりましょう!

「雛鶴峠」(昭和47年=1972)
◎作詞:沢登初義
◎作曲:古谷宏
◎歌唱:大月みやこ

♪土の牢屋の 灯火消せば
 星の鎌倉 潮騒ばかり
 いとし護良親王の みしるし抱いて
 行くか雛鶴 行くか雛鶴 雛鶴峠

 なれぬわらじに 血潮がにじむ
 皇子を身ごもる 雛鶴姫よ
 おいたわしいぞ 松葉に乗せて
 越える時雨の 峠路七里

 人の情けが あついと聞いた
 ここが甲斐国 秋山の里
 赤子が泣くのに 冷た乳房
 鶴も鳴く鳴く 鶴も鳴く鳴く 雛鶴峠♪
― ◇ ◇ ◇ ―

※(参考文献)山地悠一郎『護良親王の伝説』(近藤出版社)
※(参考文献)「石船神社の首級」「石船神社とその祭祀」『都留市史』資料編 民家・民俗

この記事へのコメント

  • 薄桜鬼

    私も携帯小説の「キミノ名ヲ。」を読んで護良親王と雛鶴姫について調べていたら、このブログを見つけました。
    もともと歴史が好きで、幕末しか興味が無かったんですが、キミノ名ヲ。を読んでから、二人のこと、北畠顕家や他の南北朝時代、鎌倉時代に出てきた人たちのことをもっと知りたいと思いました。
    護良親王と雛鶴姫の話を聞くと泣けてきます。
    いつか絶対鎌倉へ行きたいと思います。
    2014年04月19日 23:05
  • さほ

    私も「君ノ名ヲ。」を読んで拝見させていただきました。
    大学生になったらお金ためて絶対いこうと思います!
    2013年08月18日 17:17
  • ひまわり

    私も「キミノ名ヲ」を読んで、気になり拝見させてもらいました。
    2013年07月14日 14:59
  • 木風



    何年か前に「キミノ名ヲ」を読みました。

    私はもともと歴史が好きだったのですぐに鎌倉幕府滅亡から南北朝時代、
    大塔宮護良親王やその周りの人物について詳しく知りたいと思いと調べました。

    今では本当に護良親王を好きになりました。
    もちろん周りの友達は知らなくて悲しいんですけど、
    ここには護良親王を知りたくてここにきた人がたくさんいてやっぱり魅力があると感じる人はみんな一緒なんだと思いました。

    私も高校受験が控えているので、こんなことしている場合ではないんですが
    受験終わったら鎌倉宮の土牢、横浜の王子神社や石船神社にも足を運びたいと思います。

    2013年01月05日 09:35
  • 泣き子

    私も友達から紹介されて「キミノ名ヲ」を読みました。
     読んでから、雛鶴姫や護良親王など出てきた登場人物を調べてます。
     こんな些細なことで、歴史への関心が持てて、とてもうれしく思います。
     私は、受験を控えている中学3年生で、勉強に専念しないといけないんですが、是非、学生の人には、読んでほしいです。
     
    2013年01月02日 13:34
  • 私もキミノ名ヲを読みました
    すごく感動しました
    2012年09月16日 16:06
  • 御堂

    望さん、こんばんは!来訪&コメントありがとうございます!

    何か、話の筋を聞いていたら、その昔、楽しみに視聴していたNHKの少年ドラマシリーズ「幕末未来人」を想い起しちゃいました。

    眉村卓さんの短編小説『名残の雪』(角川文庫『思いあがりの夏』所収)をベースに制作されたTVドラマで、高校生の男子2人と女子1人が現代から幕末の時代にタイムスリップし、主人公が持っていた歴史年表の存在を悪徳商人に知られ、既成事実が次々と変えられていき、ついには日本は明治維新を迎えず、フランスの植民地となった―という数奇な運命に出くわす…といった内容のものでした。

    このドラマが放送されていたのが、私がちょうど小6の頃…社会科の教科書にやっと歴史が掲載される時期でした。

    このドラマで私は歴史というものに興味を抱き、この時点で「将来は歴史の勉強をするんだ!」と心に決め、以降、それに必要な学問(古典文学や漢文学、美術史や書道史など…)を身につけていったのが懐かしく想います!

    望さんも読後の昂揚感を忘れずにいてね!ゼッタイ、何かしらの役に立つから!
    2012年08月30日 01:52
  • 私も「君ノ名ヲ」を読みました。
    最後の最後で、二人が会えたことに
    嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
    2012年08月28日 10:36
  • 御堂

    ASUKAさん、はじめまして!来訪&コメントありがとうございます。

    私も自分の家紋が「笹竜胆」だってしったのは偶々、お墓を造るにあたり、父親の実家=本家(父は9番目の末っ子)に在る先祖代々のお墓をめぐったら、判ったんですよ。

    ASUKAさんは「菊水」なんですね。楠木正成じゃないですか!逆に羨ましい感じですよ…

    ps.
    ところで、豪雨の影響は大丈夫だったでしょうか?

    私の住んでる宇治もかなり被害を被りました。ただ、住んでいる場所は停電くらいで済みましたが。京阪宇治駅近くで宇治川べりに住む伯父の家(=母の実家)は床上浸水で畳上げや泥の拭き取り掃除など大変でした。こちらも局地的な豪雨が来たら、地盤が緩んでいるので、気が抜けないのが現状です。

    奈良南部から和歌山北部にかけては、先週も地震があったし、おとついは豪雨と重なって、地盤がかなり緩やかになってそうなので、「大丈夫やろか?」と心配です。
    2012年08月15日 16:25
  • ASUKA

    はじめまして!
    もともと歴史は好きでしたが、南北朝時代に興味を持ったのは、私もキミノ名ヲ。がきっかけでした。

    このページを読んで、雛鶴姫を思い浮かべて、また泣いてしまいました。
    ですが、この二人のことを想ってあふれる涙はいつも、
    哀しみからくるものだけではなくて、むしろ温かい気持ちのほうが大きいのですよね。
    深い愛が、強く伝わってくるから…。

    ところで、管理人さまは家紋が村上源氏のものなのですね!北畠顕家も大好きなので、やっぱり羨ましい*^^*
    私は奈良出身で、家紋は菊水です。
    キミノ名ヲ。のことを母に教えた際に初めて知り、歴史の流れに心が震えました。
    今日から里帰りで、金剛山などを巡る予定です。
    彼らが生きた証を、しっかりと胸に刻んでこようと思います。
    2012年08月13日 09:42
  • 御堂

    よしみさん、こんばんは!
    よしみさんが興味を持った1つ1つが数珠つなぎのように、また新たな興味へと発展していきますよ!そこから、自分だけの“歴史あるある”が見つかっちゃうかもね!!
    2012年08月09日 21:05
  • よしみ

    わたしもキミノ名ヲ見ました。 
    あれから2人のこと調べるように
    なりました。
    2012年06月21日 18:08
  • 御堂

    空さん、こんばんは!

    歴史の出来事を全て理解するなんて、私でも難しい事と思ってるんですよ。

    でも、護良親王に限らず、興味を持った何かから少しずつでも「こんな事実があったんだ!」って知れば知るほど、また新しい発見があるはずですよ。そのうち、空さんしか知らない発見が見つかればいいね!
    2012年04月25日 21:07
  • 私もキミノ名ヲを読みました

    実際歴史はあまり好きでわないのですが、二人のことを知って歴史には、裏に物語がある。その事を知り護良親王の事を調べてみました。
    2012年04月17日 22:43
  • 御堂

    リンさん、初めまして!そして、来訪&コメント、サンクスです。

    実のところ、私も昔、平安時代に東北地方を治めていた奥州藤原氏の事を初めて知ったキッカケだったのが、少女マンガだったんですよ(笑)

    今は活字小説はモチロンだけど、マンガ(少年誌、少女誌問わず…)でも感銘を受ける作品にたくさん出会えると思います。

    それらの中から、たくさんの興味を芽生えさせて下さい!
    2012年03月27日 21:08
  • 御堂

    蓮架さん、初めまして&こんばんは!

    改めて「キミノ名ヲ」という作品が多くの方に読まれているベストセラーなんだな、って気付かされます。

    もし今後、鎌倉に行かれる機会があった際には、小説に書かれた場面の描写を思い浮かべて、「あの時、こうだったんだな!」って感じてください!
    2012年03月27日 21:01
  • リン

    私もキミノ名ヲを読んで、興味を持ちました。
    この小説のおかげで、歴史が好きになりました。
    これからも、たくさん2人について
    調べてみようと思います。
    2012年03月26日 20:17
  • 蓮架

    あたしも、「キミノ名ヲ」という小説を読んで、2人の事を知りました。

    小説での終幕はとても悲しくて、涙が止まりませんでした。
    だけど、今、一緒に居る事を知って、とても嬉しい気持ちになりました。
    あたしは鎌倉までは行けないのですが、大人になったら是非、足を運んでみたいと思います。

    とても勉強になりました。ありがとうございます<(_ _)> 
    2012年03月15日 20:44
  • 御堂

    あやさん、当ブログへの来訪&コメント、ありがとうございます。

    歴史モノと文学モノって、合わさって大作ができたりするもの…

    私もこのブログでは、歴史の話はもちろん、好きな古文や漢文を混ぜあわせながら、文章を編み上げているつもりなんですよね。

    大塔宮と雛鶴姫のもの悲しさをあやさん風に描いてみるといいですよ!
    2012年01月21日 15:03
  • あや

    私もキミノ名ヲを読んで調べていたところこのHPにたどり着きました。
    宮様と雛鶴姫のこと私なりに調べてみようと思いましたが本当に歴史は奥が深い…。
    もー全然何が本当でなにが違うのかさっぱりわかりませんでしたが…。ただ雛鶴姫と宮様の愛は素敵☆
    これから機会を設けて鎌倉と山梨県を尋ねてみたいと思ってます。
    宮様たちが見ていた景色、昔とじゃ全く違うけど肌で感じて来たいと思います。
    またお伺いさせていただきます。
    2012年01月20日 21:16
  • 赤堀芳男

    今晩は。大塔宮護良親王の名前は、後醍醐天皇のために戦い、有名なので知っていました。大塔宮と言うと他にもいたようですが、護良親王のことをさすくらい有名です。でも山梨県都留市に「御首級」といわれ、大切にされていたことは全然知りませんでした。
    歴史が本当に身近にあることを知らされ、驚いております。有り難うございました。
    2011年12月03日 20:31
  • 御堂

    雛子さん、コメントありがとう!

    私自身は『キミノ名ヲ』を読んだ事がないのですが、興味があれば場所を訪ねてみたりして下さい。

    その場所を感じる事で、“あぁ、あの場面でのあのシーンはこんな感じだったのかも!”って思える自分がいるはずだから…
    2011年11月30日 20:44
  • 雛子

    私も、キミノ名ヲ を
    2011年11月30日 15:58
  • 御堂

    はっとりさん、こんばんは!来訪&コメント、有難う御座います。

    早速行って来られたんですね。

    >土牢を見た瞬間涙が出そうになりました。
     護良様が祀られている本殿の横に
     寄り添うように雛鶴姫も祀られていて
     なんだか安心しました。

    その感覚忘れないようにね!歴史を感じる事の第一歩は原風景を感じる事だし、その場所に自分を置く事で護良親王や雛鶴姫の気持ちがわかる気がするんだから!
    2011年08月02日 20:07
  • 御堂

    るんるさん、こんばんは!来訪&コメント、有難う御座います。

    ホント、機会があったら、訪れてみて下さいね。現実には700年が経過し、2人が過ごした時代の原風景は残っていないかもしれないけど、るんるさんが読まれた小説の1シーンをイメージする事で、“この場所で2人は仲睦まじく過ごしていたんだなぁー”って感じる事ができるかもしれませんよ!
    2011年08月02日 19:10
  • はっとり

    私は君の名ヲを読んで興味を持ち
    たった今鎌倉宮に行ってきました!
    土牢を見た瞬間涙が出そうになりました。
    護良様が祀られている本殿の横に
    寄り添うように雛鶴姫も祀られていて
    なんだか安心しました。
    2011年08月02日 17:21
  • るんる


    私も、小説の 君の名ヲ を読み、二人に興味を持って調べていたところです。

    700年前に本当に二人がいらっしゃったのですね。

    小説の中では二人はとても中睦まじく、護良親王はすごく姫を大事になされたそうです。
    悲運な運命でしたが、お二人の絆の強さに心をうたれました。

    私も一度、訪れてみたいです。
    2011年07月29日 19:36
  • 御堂

    そらさん、初めまして、こんばんは!

    私も正直に言って、ほとんど知らなかった女性なのですが、こうした悲劇的な生涯を迎えられた女性の事を調べるのが好きなので、大いに感銘を受けたんですよね!

    一度調べるともっともっと掘り下げたくなるので、より一層、雛鶴姫の事が知りたくなってます!!
    2011年02月19日 03:32
  • そら

    私は、携帯小説の 君の名ヲ とゆうのをよんで、護良親王と、雛鶴姫のことを知りました。
    どこまでが本当だったのか分からなかったのですが、これをみて、本当に雛鶴姫と護良親王はいらっしゃったんだなと思いました。
    私も一度、お2人に関わるところに訪れてみたいと思います。
    2011年02月12日 23:43
  • 御堂

    桃源児さん、初めまして&来訪サンクスです!

    そうなんですね!私自身富士山五合目より以東は未踏の地なんですが、こういう意外に知られていない悲劇の女性には至極感銘を受けやすい方なので、一度訪れてみたい気がします。
    2011年01月19日 21:33
  • 桃源児

    護良親王の御首級、そういう物があるんですね。複願術が為されているとは驚きです。
    以前、宮を祀る鎌倉宮に行ったことを思い出しました。
    2011年01月19日 10:10

この記事へのトラックバック