駒大苫小牧、初優勝!優勝旗、北の大地へ!

駒大苫小牧、初優勝

全国高等学校野球選手権大会の決勝が甲子園でありました―

駒大苫小牧(南北海道)vs済美(愛媛)が初優勝をかけて戦い、“駒苫”が13−10で勝って初優勝!深紅の大優勝旗が津軽海峡を越え、ついに北の大地に渡ります。

北海道勢といえば、これまで春センバツでの北海の準優勝が最高でしたが、“駒苫”は甲子園初勝利から一気に頂点に駆け上がったわけです。

私自身、北海道・東北・北陸勢の雪国勢を応援していたので、“駒苫”の勝ち上がりは嬉しかったし、ましてや僕の母は遠軽の生まれ、亡き祖母に至っては樺太生まれの稚内育ちなので、個人的な思い入れもあったりして…(^ー^)

これで残るは、白河関越え=東北地方と、愛発関越え=北陸地方が深紅の大優勝旗未踏の地となりましたね。ガンバレ!



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック