年末ドラマスペシャル「忠臣蔵〜その男、大石内蔵助」

「忠臣蔵」泉岳寺への行進

今年もわが殿=“吉良のお殿様”吉良上野介こうづけのすけ義央が“悪役”にされちゃう時期がやって来ました!―

テレビ朝日系列で放送される「忠臣蔵〜その男、大石内蔵助」というものです。

以下、ドラマのあらすじです―
「忠臣蔵」刃傷松の廊下

元禄14年春。播州赤穂藩浅野家家老の大石内蔵助くらのすけは、江戸からの思いも寄らぬ知らせに言葉を失った。

藩主の浅野内匠頭たくみのかみが、殿中松の廊下で高家筆頭・吉良上野介に斬りかかったというのだ。内匠頭は朝廷からの使者を接待する役目“勅使饗応役”を務めていたが、諸式指南役の上野介から悉く意地悪い仕打ちを受け、その屈辱に耐え兼ねての事だった。

更に、時を経ずして届いた続報に、内蔵助は愕然と息を呑む。何と幕府は、殿中における刃傷沙汰を不届き千万として内匠頭に即日切腹を命じ、且つ赤穂5万3000石は取り潰しという裁定を下したのだ。

対する吉良には、一切のお咎めなし。喧嘩両成敗が慣習である当時、余りにも不公平すぎる裁定だった。儚く散った藩主・内匠頭の最後に内蔵助は、静かに無念を募らせる。

そして、浅野内匠頭の正室・阿久里あぐりは、髪を切り、実家である備後三次藩の南部坂下屋敷に引き取られ、“瑤泉院”を名乗るようになった…

城の明け渡しの期日が迫る中、赤穂藩では対応を巡って評定が開かれた。籠城し公儀と戦うべきとする者、追い腹を切って亡き君主の後を追うという者、恭順の意を示し速やかに城を明け渡すべきという者…だが、内蔵助の一言で、抗議の為の籠城、殉死を遂げる事と決まった。

ところが、約束の日、城に集まったのは僅か56名。300人以上居た家臣の多くは離散し、中には卑怯にも姿を晦ました者も居た。

そんな中、集まった忠臣たちに向かって、内蔵助は、遂に秘めていた本心を明かす…!

「この内蔵助の望みは唯一つ。怨敵・吉良上野介の首でござる。本懐を遂げる日まで、この内蔵助を信じ、各々方の命をお預け願いたい」

こうして切腹からひと月余りで赤穂城は明け渡され、浅野家は断絶した。

その後、内蔵助は京・山科の里に妻・りくや子どもたちと共に移り住み、放蕩の日々を送っていた。一力茶屋の花魁おいらん・浮橋太夫に入れあげるあまり、“浮き様”と渾名を付けられ、腰抜け侍と囁かれる日々。それは全て公儀の目を欺き、仇討ちなど毛頭考えていないと油断させる為の行動だった。

だが、御家断絶から1年余りが過ぎたある日。その変貌ぶりに失望した堀部安兵衛が内蔵助に斬りかかる…!
「忠臣蔵」吉良邸討ち入り

さて、主な配役の顔触れは、

  • 大石内蔵助良雄(赤穂浅野家筆頭家老)=田村正和さん


  • 立花左近(九條関白家の用人)=北大路欣也さん


  • 大石りく=岩下志麻さん

  • 大石主税ちから良金(内蔵助の嫡男)=西井幸人さん


  • 浅野内匠頭長矩=玉山鉄二さん


  • 片岡源五右衛門高房(側用人、児小姓頭)=尾美としのりさん

  • 堀部弥兵衛金丸(安兵衛の義父、前江戸留守居)=山本學さん

  • 堀部安兵衛武庸(馬廻)=小澤征悦さん

  • 吉田忠左衛門兼亮(足軽頭、郡奉行)=石田太郎さん

  • 赤垣源蔵(馬廻)=勝村政信さん…赤埴源蔵重賢がモデル

  • 岡野金右衛門包住=石垣佑麿さん

  • 礒貝十郎左衛門正久(側用人、物頭)=正名僕蔵さん

  • 岡嶋八十右衛門常樹(札座勘定奉行)=萩野崇さん

  • 大高源五忠雄(金奉行、膳番元方、腰物方)=田中隆三さん

  • 武林唯七隆重(馬廻)=丹羽貞仁さん


  • 大野九郎兵衛知房(末席家老)=峰蘭太郎さん

  • 高田郡兵衛(江戸詰)=林泰文さん


  • 小林平八郎央通(吉良家家老)=春田純一さん


  • 政五郎(吉良邸を作った大工の棟梁)=小野武彦さん

  • 塩山伊左衛門(赤垣源蔵の兄)=西田健さん


  • 「忠臣蔵」南部坂雪の別れ

  • 阿久里(内匠頭の正室、のち瑤泉院)=檀れいさん

  • 戸田局(小野寺十内の妹)=梶芽衣子さん

  • 浮橋太夫(祗園一力の花魁)=石田ゆり子さん

  • ほり(弥兵衛の娘、安兵衛の妻)=京野ことみさん

  • おみよ(政五郎の娘)=大塚ちひろさん


  • 「忠臣蔵」赤垣源蔵・徳利の別れ

  • おまき(赤垣源蔵の義姉)=角替和枝さん

  • おすぎ(赤垣源蔵の兄・塩山家の女中)=荒井萌さん


  • 多門伝八郎重共(江戸幕府目付役)=永島敏之さん

  • 土屋主税逵直(吉良家本所松坂屋敷の隣に屋敷を構えている旗本)=松平健さん

  • 柳沢出羽守保明(幕府側用人、大老格)=伊武雅刀さん

  • 吉良上野介義央(幕府高家肝煎)=西田敏行さん
の皆さんが競演されます。

放送日時は、12月25日(土)午後9時から放映されますよ!

― ◇ ◇ ◇ ―
「忠臣蔵」大石東下り

さてさて、“正和版”内蔵助はどんな映像を私たちに観せてくれるのでしょう!個人的な期待は、「南部坂の別れ」と立花左近との対峙でしょうかね。正和さんと欣也さんの“目でモノを言う”演技が楽しみなトコロ!

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)浄瑠璃坂の仇討→
※(参照)「堀部安兵衛〜いまこの時のために生まれ〜」→
※(参照)新春ワイド時代劇「忠臣蔵 瑤泉院の陰謀」→
※(参照)年号の表記について→
※(参照)吉良のお殿様→


    


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 01:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
 忠臣蔵の史実を追及した本を書いています。

「この間の遺恨、覚えたるか」の叫び声を書いているのは、奥祐筆だった向山誠斎が著編の「丁未雑記」にある梶川與惣兵衛の筆記で、国立国会図書館と東大史料編纂所にあります。

 ご存知かも知れませんが、このほかに紀伊徳川家の蔵書にあった「梶川日記」が東大総合図書館にあり、こちらのほうは、「声をかけて切りかけた」としか書いていません。

 掛け声は、一言。「えい!」「ヤッ!」「この野郎」。とっさに出る言葉も、一言。「やめて!」「お母ちゃん」「助けて」など。

「覚えたか」ならわかるけれど、「前からの恨み思い知れ」なとと文節をつないだ言葉は、掛け声としては不自然です。

 で、前者は、事件後すぐに書いたもの。後者は梶川本人があとから清書したものとされてきました。

 ところが、向山誠斎には大量の文書コレクションがあり、「雑記」は天保九年(1838年)の「戊戌雑記」から弘化四年(1847年)の「丁未雑記」まで。それ以降は、嘉永元年(1848年)の「戊申雑綴」から向山が死亡した安政三年(1856年)の「丙辰雑綴」まで。

 で、「丁未」(1874年)には、向山誠斎は奥祐筆を罷免されたあと。その無役になったけれど、安政二年(1855年)に函館奉行となって、翌年、蝦夷地で亡くなった。

 つまり、奥祐筆罷免後から函館奉行になって亡くなるまでのコレクションのなかに、「梶川筆記」があったということになります。

 「雑記」は天保九年(1838年)の「戊戌雑記」からなので、となると、奥祐筆のときに梶川筆記を写しておいてまとめたとも考えられますが、奥祐筆罷免が弘化元年(1844年)。「丁未雑記」はその3年後、弘化(1847年)の著編であれば、奥祐筆のときのメモから作ったか、当時、出回っていた「梶川日記」本を筆写したのかも知れません。

「丁未雑記」とよく似たもの(仮名遣いや内容の一部が異なる)ものが、鍋田晶山のコレクションにあるので、天保の頃には「梶川日記」が流出していた可能性もあります。
Posted by 百楽天 at 2012年12月07日 16:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169990588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック