第5回INAS−FIDサッカー世界選手権2010南アフリカ大会

“もうひとつのW杯”と呼ばれるサッカー競技があります。

INAS−FIDサッカー世界選手権(INAS-FID Football Championships)というものです。

INAS−FID(アイナスエフアイディー)とは、すなわちInternational Sprts Federation for Persons with Intellectual Disabilityの略称で、国際知的障害者スポーツ連盟の事を言います。

つまり、知的障がい者が出場するサッカーの世界選手権が開かれるのです。

INAS−FIDは、知的障がい者が全てのレベル(競技からレクリエーションに至る様々な段階)のスポーツ活動に参加する権利を保障する事、及びスポーツによる知的障がい者自身の成長と地域社会との交流(社会参加推進)の促進を目的として、昭和61年(1986)にオランダで設立されました。

INAS−FIDのそうした活動の中で、INAS−FIDサッカー世界選手権は平成6年(1994)にオランダで初めて開催されました。平成14年(2002)の時からオリンピックが開催する年にパラリンピックを開催する様に、FIFAワールドカップ開催年に同じ開催国で4年に1度行われて、現在に至っています。日本は日韓共催のワールドカップが催された平成14年(2002)の第3回大会から3大会連続3度目の参加を果たしていて、平成14年(2002)の10位が最高位となっています。

― ◇ ◇ ◇ ―

そして今年は―

第5回INAS−FIDサッカー世界選手権2010南アフリカ大会(INAS-FID 5th World Football Championships 2010)が開催されます。

  • 開催時期 平成22年(2010)8月21日〜9月12日

  • 開催場所 南アフリカ共和国リンポポ(Limpopo)州ポロクワネ(Polokwane)市ほか

  • 参加国数 1116か国(下記参照)

  • 試合形式 
    FIFA(国際サッカー協会)ルールに準ずる。4か国、4グループに分かれ、それぞれ3試合の予選ラウンドロビンを戦い、グループ1位と2位は決勝トーナメント戦へ進出。グループ3位と4位は順位決定戦にまわる。

日本代表選手には、
  • 加藤隆生選手(GK)

  • 山本匠伍選手(GK)

  • 堀内拓哉選手(DF)

  • 櫻井嵩比都選手(DF)

  • 出雲井恭兵選手(DF)

  • 宮原優樹選手(DF)

  • 村山翔太選手(DF)

  • 邉田光夫選手(MF)

  • 圷一二三選手(MF)

  • 野澤雄太選手(MF)

  • 浦川優樹選手(MF)

  • 坂野達也選手(FW)

  • 熊崎将大選手(FW)

  • 笠原健選手(FW)

  • 森山憂多選手(FW)

  • 高野孝一選手(FW)

  • 馬込喜一選手(MF)

  • 草信政裕選手(GK)

  • 長島幸佑選手(MF)

  • 淺津友伸選手(MF)
の20名が選出されています。

参加国は

【アフリカ大陸】南アフリカ(RSA)/ナイジェリア(NGA)エジプト(EGY)
【ヨーロッパ】ドイツ(GER)/ハンガリー(HUN)/ポーランド(POL)/トルコ(TUR)/ポルトガル(PRT)/オランダ(NED)/フランス(FRA)
【アジア】日本(JPN)/韓国(KOR)
【アラビア】サウジアラビア(KSA)
【中南米】ブラジル(BRA)アルゼンチン(ARG)メキシコ(MEX)

の11か国が参加(抹消した国は出場せず)しており、3つのグループに分かれて、

【Aブロック】南アフリカ/ポーランド/韓国/ポルトガル
【Bブロック】サウジアラビア/フランス/日本
【Cブロック】オランダ/ハンガリー/ドイツ/トルコ

試合が執り行われます。試合日程及び結果は以下の通り―

Aグループ 
○POL(1-0)  1−0   RSA(0-1)●
2−2

Cグループ
○NED(1-0)  2−1   HUN(0-1)●
2−1

Cグループ
○GER(1-0)  2−1   TUR(0-1)●
6−0

Bグループ
○KSA(1-0)  3−0   FRA(0-1)●
5−0

Aグループ 
○PRT(1-0)12  7−0   KOR(0-1)●
5−0

Cグループ
○NED(2-0)  1−0   GER(1-1)●
3−0

Cグループ
○HUN(1-1)  3−0   TUR(0-2)●
2−0

Bグループ
○KSA(2-0)  3−0   JPN(0-1)●
1−0

Aグループ
○RSA(1-1)15  7−0   KOR(0-2)●
8−0

Aグループ 
○POL(2-0)  2−0   PRT(1-1)●
1−0

Bグループ
○FRA(1-1)  3−1   JPN(0-2)●
2−1

Cグループ
○NER(3-0)  2−0   TUR(0-3)●
6−0

Cグループ
○GER(2-1)  1−0   HUN(1-2)●
2−1

Aグループ
○RSA(2-1)  2−0   PRT(1-2)●
3−1

Aグループ
○POL(3-0)14  8−0   KOR(0-3)●
6−0


以上で予選ラウンドロビンが終了し、この結果、

Aグループ
  1. ポーランド 3勝0敗/勝ち点9

  2. 南アフリカ 2勝1敗/勝ち点6

  3. ポルトガル 1勝2敗/勝ち点3

  4. 韓国    0勝3敗/勝ち点0

Bグループ
  1. サウジアラビア 2勝0敗/勝ち点6

  2. フランス    1勝1敗/勝ち点3

  3. 日本      0勝2敗/勝ち点0

Cグループ
  1. オランダ  3勝0敗/勝ち点9

  2. ドイツ   2勝1敗/勝ち点6

  3. ハンガリー 1勝2敗/勝ち点3

  4. トルコ   0勝3敗/勝ち点0

となりました。この結果を踏まえ、次の順に決定トーナメントに臨みます。

◇順位決定トーナメント
◆9−11位決定戦1
△JPN(B3)(0-0-1)  1−3   TUR(C4)(0-0-1)△
2−0

◆準々決勝1(QF1)
○POL(A1)  1−0   FRA(B3)●
1−0

◆準々決勝2(QF2)
○NED(C1)  1−1   RSA(A2)●
4−1

◆準々決勝3(QF3)
○PRT(A3)  3−0   GER(C2)●
0−2

◆準々決勝4(QF4)
○KSA(B1)  2−0   HUN(C3)●
0−1

◆9−11位決定戦2
○TUR(C4)(1-0-1)10  3−0   KOR(A4)(0-1)●
7−0

※この試合については、当初は 後半31分に韓国選手のケガにより、フィールドプレーヤーが6人以内になったため、規定により試合が打ち切りとなり、没収試合の裁定がありました。しかし、トルコ側が70分以上経過した試合はその時点で、試合が成立するというFIFAルールの採用を求めたので、主催者側がこれを了承し、成立試合となった経緯があるようです。

◆5−8位決定戦1(PO1)
○HUN(QF4L)  2−0   FRA(QF1L)●
0−1

◆5−8位決定戦2(PO2)
○GER(QF3L)  2−1   RSA(QF2L)●
0−0

◆9−11位決定戦3
○JPN(B3)(1-0-1)  0−1   KOR(A4)(0-2)●
5−0

この結果、9−11位決定戦は、

  1. トルコ 1勝0敗1分/勝ち点4/得失点差10

  2. 日 本 1勝0敗1分/勝ち点4/得失点差 4

  3. 韓国  0勝2敗  /勝ち点0
となりました。

◆7−8位決定戦
○南アフリカ(PO2L)5−3 フランス(PO1L)●

この結果、
  1. 南アフリカ
  2. フランス
が確定。

◆5−6位決定戦
○HUN(PO1W)  1−1   GER(PO2W)●
3−0

この結果、
  1. ハンガリー
  2. ドイツ
が確定。

◆準決勝1(SF1)
○KSA(QF4W)  2−1   POL(QF1W)●
2−1

◆準決勝2(SF2)
○NER(QF2W)  4−0   PRT(QF3W)●
2−2

◆3位決定戦
○ポーランド(SF1L)5−2 ポルトガル(SF2L)●

この結果、
  1. ポーランド
  2. ポルトガル
が確定。

◆優勝決定戦
○KSA(SF1W)   0−0   NER(SF2W)●
0−0
0−0
1−0

この結果、
  1. サウジアラビア
  2. オランダ
となりました。サウジアラビアは前回大会に続く連覇を達成!

最終順位は、
  1. サウジアラビア

  2. オランダ

  3. ポーランド

  4. ポルトガル

  5. ハンガリー

  6. ドイツ

  7. 南アフリカ

  8. フランス

  9. トルコ

  10. 日本

  11. 韓国
という結果になりました。

― ◇ ◇ ◇ ―

日本チームは最終成績として10位という結果でした。ちょっと残念で悔いの残る大会ではなかったかもしれませんね。でも、日本チームはフェアプレー賞を受賞したのだそうです。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)INAS−FID(国際知的障害者スポーツ連盟)のサイト→
※(参照)第5回知的障がい者サッカー世界選手権・モバチュウ→
※(参照)知的障害者サッカーを応援しよう!→


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160567352
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック