「幻の甲子園〜戦時下の球児たち〜」

幻の甲子園

今年で太平洋戦争終結から65年、今年も阪神甲子園球場において全国高等学校野球選手権大会が開催されますね。

今大会で第92回を迎えますが、過去に出場校が出揃っていたが米騒動の煽りを受けた第4回大会(大正7年=1918)や日中戦争の激化のため各地区大会の段階で開催が中止となった第27回大会(昭和16年=1941)、そして以降、昭和21年(1946)に再開するまでの4年間は戦争による中断が存在します。

ところが、昭和17年(1942)に全国大会が開催されていたのです。

実は、前年の昭和16年(1941)に全国大会が中止していましたが、「戦意高揚」を目的として、野球をやらせようと文部省(現、文部科学省)とその外郭団体である大日本学徒体育振興会主催という形で「大日本学徒体育振興大会」が開催される事となり、その競技の一部として、中等学校野球選手権甲子園球場で開催されます。

「戦意高揚」を目的とした分、軍事色が強く、スコアボードには「勝って兜の緒を締めよ 戦い抜こう大東亜戦」というスローガンが掲げられたり、ユニフォームのロゴもローマ字から漢字に変更されました。また「打者は球を避けてはいけない。球に当たっても死球にならない」といった特別ルールも存在した程です。

そうして、大会が開催されたにも拘らず、この年の大会の主催が全国中等学校野球連盟と朝日新聞社ではなく、文部省(現、文部科学省)の主催だったために正式な歴史としては数えられず、“幻の甲子園”と呼ばれています。

朝日新聞社から「大会の回数継承」と「優勝旗の使用」を文部省(現、文部科学省)側に申し入れたのですが、文部省(現、文部科学省)が却下したために、現在に至っても全国高等学校野球選手権大会の公式記録としては個人レベルの記録でさえも認められてはいないのです―

この“幻の甲子園”と呼ばれた大会のデータを以下掲載しますね。

◆出場校:16校(岩手県、福島県、山梨県、富山県、島根県、沖縄県、朝鮮、満州は不参加)

○北海道大会=北海道(札幌地区のみ、釧路・旭川・函館・小樽地区では未開催)
→北海中(札幌地区)4−2 札幌二中(現 札幌西、札幌地区)

(旧来)奥羽大会=青森県、岩手県、秋田県
(旧来)東北大会=山形県、宮城県、福島県
○東北大会=青森県、岩手県、秋田県、山形県、宮城県、福島県
→仙台一中(現 仙台第一、宮城県)6−2 弘前工(青森県)

(旧来)北関東大会=茨城県、栃木県、群馬県
○北関東大会=茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県
→水戸商(茨城県)4−0 桐生中(現 桐生、群馬県)

(旧来)南関東大会=埼玉県、千葉県、神奈川県
(旧来)東京大会=東京府(※)
○南関東大会=千葉県、東京府、神奈川県
→京王商(現 専修大附、東京府)7−6 帝京商(現 帝京大高、東京府)

※ 東京府
東京府とは、慶応4年(1868)7月17日から昭和18年(1943)6月30日まで存在していた日本の行政単位の1つ。


(旧来)山静大会=山梨県、静岡県
(旧来)信越大会=新潟県、長野県
○甲信静大会=山梨県、長野県、静岡県
→松本商(現 松商学園、長野県)6−0 静岡商(静岡県)

(旧来)北陸大会=富山県、石川県、福井県
○北陸大会=新潟県、富山県、石川県、福井県
→敦賀商(現 敦賀、福井県)8−4 金沢商(石川県)

(旧来)東海大会=愛知県、岐阜県、三重県
○東海大会=愛知県、岐阜県
→一宮中(現 一宮、愛知県)3−2 岐阜商(現 県岐阜商、岐阜県)

○京津大会=滋賀県、京都府
→平安中(現 龍谷大平安、京都府)7−0 膳所中(現 膳所、滋賀県)

○大阪大会=大阪府
→市岡中 (現 市岡)7−5 浪華商(現 大体大浪商)

(旧来)紀和大会=奈良県、和歌山県
○近畿大会(三重県、奈良県、和歌山県
→海草中(現 向陽、和歌山県)5−0 天理中(現 天理、奈良県)

(旧来)兵庫大会=兵庫県
(旧来)山陰大会=鳥取県、島根県
(旧来)山陽大会=岡山県、広島県、山口県
○東中国=兵庫県、岡山県、鳥取県
→滝川中(現 滝川、兵庫県)6−0 鳥取一中(現 鳥取西、鳥取県)
○西中国=広島県、島根県、山口県
→広島商(広島県)5−0 萩商(山口県)

○四国大会=香川県、徳島県、愛媛県、高知県
→徳島商(徳島県)2−1 松山商(愛媛県)

○北九州大会=福岡県、佐賀県、長崎県
→福岡工(福岡県)6−5 豊国商(現 豊国学園、福岡県)

○南九州大会=熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
→大分商(大分県)1−0 熊本工(熊本県)

○台湾大会
→台北工(現 台北科技大学)4−2 高雄中(現 高雄中)

○朝鮮大会
○満洲大会

◆試合結果
◇1回戦
京王商 000 000 000 100 00 =1
徳島商 000 000 000 100 01X=2(延長14回)

水戸商 000 104 004= 9
滝川中 000 000 030= 3

台北工 100 000 000 1 = 2
海草中 000 000 001 2X= 3(延長10回)

敦賀商 000 001 002= 3
福岡工 200 035 01X=11

市岡中 000 000 000= 0
平安中 003 000 00X= 3

一宮中 301 020 010= 7
松本商 200 000 000= 2

北海中 001 000 100= 2
広島商 203 002 30X=10

大分商 020 000 000= 2
仙台一 110 000 01X= 3

◇2回戦
水戸商 000 000 000= 0
徳島商 000 000 10X= 1

海草中 031 000 001= 5
福岡工 110 000 000= 2

平安中 100 000 001= 2
一宮中 000 000 000= 0

仙台一 003 002 320=10
広島商 300 301 174X=28

◇準決勝
徳島商 000 000 100=1
海草中 000 000 000=0

広島商 000 0
平安中 000 0(5回途中ノーゲーム)

広島商 301 000 000=4
平安中 000 040 40X=8

◇決勝
平安中 100 001 040 01 =7
徳島商 010 000 500 02X=8(延長11回)

という様に、見事、徳島商が県勢として初めての全国制覇を成し遂げました。しかし、徳島商のこの優勝は公式記録には残りません。ただ、優勝した証として1枚の賞状だけが渡されました。(※1)


※1 この賞状ですが、昭和20年(1945)の徳島大空襲で焼失してしまったそうです。その後、昭和52年(1977)に改めて文部省(現、文部科学省)から賞状と優勝盾が贈られているとの事。

そんな球児たちの熱い想いをドキュメントした番組が放送されます―8月7日(土)にNHK総合で放送される「幻の甲子園〜戦時下の球児たち〜」(午後8時〜8時45分)という番組です。概要はこんな感じ―

昭和17年(1942)、太平洋戦争の期間中、ただ一度だけ行われた夏の甲子園大会。球児たちは、戦場へ向かう前に甲子園で野球をやりたいと夢見た。その切実な思い故、この年の甲子園は異様な熱気に包まれた。ところがこの大会は、高校野球の公式記録には一切残されなかった。あの汗、あの涙、球児たちの熱戦は、幻であったのだろうか…

実は、「幻の大会」の主催者は朝日新聞社から強引に開催権を奪った文部省であった。軍の協力の下、甲子園を戦意高揚のために利用しようとしたのである。スコアボードには、「戦い抜こう大東亜戦」というスローガンが掲げられ、軍隊式ルールが野球の姿を歪めた。

それでも球児たちは精一杯白球を追い、大会の後は野球への思いを断ち切り戦場へ赴いた。沖縄戦、原爆の惨禍、そしてシベリア抑留。過酷な運命に翻弄された球児たちは何を思い、どう生きたのか。甲子園大会のはじまる8月7日、歴史に埋もれた大会を映像で再現し、元ちとせさんがテーマソングを歌って球児たちの魂を蘇らせる。野球を愛する多くの日本人と共に、戦争の時代を生きた球児たちへ深い鎮魂の祈りを捧げたい―
現在の高校球児たちと同様に甲子園目指して日々頑張っていた球児の皆さんにとって、甲子園という舞台は主催者が何であろうと関係ないはず…彼らの熱い想いを受け止めてみませんか!

― ◇ ◇ ◇ ―

※(関連)幻の甲子園―兵庫県予選(日めくりアマチュア野球)→
※(関連)幻の甲子園 京王商(☆甲子園出場校ぶらり散策日記)→
※(関連)高校野球の100年(徳島の20世紀)→
― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)「出口のない海」→



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック