文部省唱歌100年


  1. 我は海の子白浪しらなみ
    さわぐいそべの松原に
    煙たなびくとまやこそ
    我がなつかしき住家すみかなれ


  2. 生れてしおにゆあみして
    なみを子守の歌と聞き
    千里寄せくる海の
    吸いてわらべとなりにけり


  3. 高く鼻つくいその
    不断ふだんの花のかおりあり
    なぎさの松に吹く風を
    いみじきがくと我は聞く
小学校で習った楽曲って、今でも自然に口遊くちずさめるものが多いですよね。

ましてや、それらの楽曲は題名からピンと来なくても、歌詞を見れば自然とメロディがすぐイメージできちゃうって感じなものが多い気がします。

『京都新聞』平成22年(2010)7月14日付朝刊に掲載された「凡語」を読んで知ったのですが、私たちに馴染み深い楽曲の数々、すなわち文部省唱歌が明治43年(1910)7月14日に誕生して、今年で100年を迎えたそうです。

文部省唱歌とは、明治43年(1910)から昭和19年(1944)に至る期間に文部省が編纂した、尋常小学校高等小学校および国民学校唱歌、芸能科音楽の教科書(下記参照)に掲載された楽曲の総称である。(なお、1900年代までの翻訳唱歌―例えば「蝶々」「庭の千草」「旅泊」「蛍(蛍の光)」など)は文部省唱歌に含まれていません)。

  • 尋常じんじょう小学読本とくほん唱歌しょうか』=明治43年(1910)

  • 『尋常小学唱歌』=明治44年(1911)~大正3年(1914)

  • 『高等小学唱歌』=昭和5年(1930)

  • 『新訂尋常小学唱歌』(第1学年用~第6学年用)=昭和7年(1932)

  • 『新訂高等小学唱歌』(男子用・女子用)(第1学年用~第3学年用)』=昭和10年1935)

  • 『ウタノホン』上、『うたのほん』下(国民学校初等科1、2年生)=昭和16年(1941)

  • 『初等科音楽1~4』(国民学校初等科3~6年生)=昭和17年(1942)~昭和18年(1943)

  • 『高等科音楽1』(男子用・女子用)=昭和19年(1944)


楽曲の全てが日本人による新作ですが、当時は作詞者・作曲者の名は匿名とされていたので、戦後になってこう呼ばれるようになったのです。

まず最初に誕生したのが、『尋常小学読本唱歌』というもので、明治43年(1910)に文部省が初めて編集した尋常小学校向けの唱歌(教科)の教科書になります。

当時の国語読本『尋常小学読本』の韻文教材27首(下記参照)が選ばれて曲がつけられたためこのような名称が付けられました。

収録された全曲については、『尋常小学読本唱歌』と並行して文部省が編纂した『尋常小学唱歌』に改めて再録され、『新訂尋常小学唱歌』国民学校期に編纂された芸能科音楽教科書『ウタノホン(うたのほん)』へも移行され、さらには戦後の検定教科書への移行の際も引き続き収録され続け、現在に至っています。

『尋常小学読本唱歌』に掲載された文部省唱歌
  • カラス(烏)

  • ツキ(月)

  • タコノウタ(紙鳶の歌)

  • こうま(小馬)

  • かへるとくも(蛙と蜘蛛)

  • ふじの山(富士山)

  • とけいのうた(時計の歌)

  • 母の心

  • 春が來た

  • 蟲のこゑ(虫の声)

  • 日本の國

  • かぞへ歌

  • ゐなかの四季(田舎の四季)

  • 家の紋

  • 何事も精神

  • たけがり

  • 近江八景

  • 舞へや歌へや

  • 三才女

  • 水師營の會見(水師営の会見)

  • われは海の子(我は海の子)

  • 出征兵士を送る

  • 同胞こゝに五千萬

  • 鎌倉

  • 國産の歌

  • 卒業

  • アサガホ(朝顔)


現在の『小学校学習指導要領』によれば、
○第1学年
  • うみ(文部省唱歌)

  • かたつむり(文部省唱歌)

  • 日のまる(文部省唱歌)

  • ひらいたひらいた(わらべうた)
○第2学年
  • かくれんぼ(文部省唱歌)

  • 春がきた(文部省唱歌)

  • 虫のこえ(文部省唱歌)

  • 夕やけこやけ
○第3学年
  • うさぎ(日本古謡)

  • 茶つみ(文部省唱歌)

  • 春の小川(文部省唱歌)

  • ふじ山(文部省唱歌)
○第4学年
  • さくらさくら(日本古謡)

  • とんび

  • まきばの朝(文部省唱歌)

  • もみじ(文部省唱歌)
○第5学年
  • こいのぼり(文部省唱歌)

  • 子もり歌(日本古謡)

  • スキーの歌(文部省唱歌)

  • 冬げしき(文部省唱歌)
○第6学年
  • 越天楽えてんらく今様いまよう(歌詞は第二節まで)(日本古謡)

  • おぼろ月夜(文部省唱歌)

  • ふるさと(文部省唱歌)

  • われは海の子(歌詞は第三節まで)(文部省唱歌)
このように、文部省唱歌はその大半が100年前に生まれた楽曲だという事がわかります。でも、そうした楽曲は親から子、そして孫に至るまでこれからも歌い継がれていく事でしょうね。

では最後にもう一度、「われは海の子」の歌詞を紹介します!

  1. 我は海の子白浪しらなみ
    さわぐいそべの松原に
    煙たなびくとまやこそ
    我がなつかしき住家すみかなれ


  2. 生れてしおにゆあみして
    なみを子守の歌と聞き
    千里寄せくる海の
    吸いてわらべとなりにけり


  3. 高く鼻つくいその
    不断ふだんの花のかおりあり
    なぎさの松に吹く風を
    いみじきがくと我は聞く


  4. 丈余じょうよのろかいあやつりて
    行手ゆくて定めぬなみまくら
    百尋ももひろ千尋ちひろの海の底
    遊びなれたる庭広し


  5. 幾年いくとせここにきたえたる
    鉄より堅きかいなあり
    吹く塩風に黒みたる
    はだは赤銅しゃくどうさながらに


  6. なみにただよう氷山も
    きたらばきたれ恐れんや
    海まきぐるたつまきも
    おこらばおこおどろかじ


  7. いで大船おおふねに乗出して
    我は拾わん海の富
    いで軍艦に乗組みて
    我はまもらん海の国


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック