(書斎の窓)『証言 本能寺の変』

6月2日に刊行される『証言 本能寺の変』を紹介します。

従来の常識・通説に左右されることなく、「本能寺の変」を良質な史料群(計117点)に基づき検証!

実証史学を体感するのにはもってこい、な書籍となっています!―

  • 著 者:藤田達生氏(三重大学教授)

  • 出版社:八木書店

  • 定 価:3570円

(目次)

 はじめに プロローグ―明智光秀は逆臣だったのか?―

 第1章 信長の西国政策
 
  1 荒木村重の謀反
  2 四国政策の変更
   コラム1 幕府衆としての光秀
  3 秀吉の長宗我部氏攻撃
  (第1章 史料編)

 第2章 天下統一の最終段階

  1 紀伊国の幕府方勢力
   コラム2 紀州惣国一揆か「雑賀惣国」か?
  2 鞆の「公儀」
  3 西国出陣
   コラム3 三日前でも挙兵は決断できていなかったか?
  (第2章 史料編)

 第3章 「安土」幕府の時代

  1 安土行幸
  2 改革イデオロギー
  3 三職推任
   コラム4 似て非なるもの―安土城天主と大坂城天守
  (第3章 史料編)

 第4章 本能寺の変

  1 光秀の密使派遣
  2 従軍兵士・周辺住民の証言
  3 クーデター決行
  4 政権構想と支持基盤
  5 公方の画策
   コラム5 各地に残る光秀伝承
  (第4章 史料編)

 第5章 太閤と神君の神話

  1 備中高松の講和
   コラム6 光秀の密使は捕まったのか?
  2 復元「中国大返し」
  3 天下の再建
  4 「神君伊賀越え」
  (第5章 史料編)

 エピローグ―信長スクール―

 おわりに

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)「本能寺の変」の謎―なぜ光秀は信長に謀叛したのか?→



下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151721694
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック