映画「獄に咲く花」―松陰先生と久子女史を描いた物語


幕末の思想家、松陰先生、吉田寅次郎矩方の没後150年を記念して制作された映画「ひとやに咲く花」がこの程完成しました。

米国への密航を試みるも失敗に終わった松陰先生が幽閉された萩の野山獄に投獄され、その獄中で出会った女囚・高須久子女史と心通い合わせた淡い恋物語を軸に、やがて安政の大獄によって刑死するまでを描いた作品となっています。

原作は下関市在住で直木賞作家の古川薫さんの小説『野山獄相聞抄―吉田松陰の恋―』

主な配役として―

松陰先生を前田倫良さんが演じられます。前田さんといえば映画「長州ファイブ」遠藤謹助を演じておられましたね。

また、高須久(劇中ではでいくらしい)女史には近衛はなさんが演じられるとか―

この近衛はなさん、俳優の目黒祐樹さんの長女との事。

って事は、お母さんは女優の江夏夕子さん。伯父さんは松方弘樹さん。お祖父さんは近衛十四郎さんって訳で、「近衛」の姓を受け継ぐんですね(笑)

ちなみに、目黒祐樹さんも野山獄司獄・福川犀之進役で配役されています。

映画「獄に咲く花」より1シーン

他の競演者の皆さんは、
  • 大深虎之允(松陰先生入獄時76歳)=下元年世さん

  • 吉村善作(松陰先生入獄時49歳)=神山繁さん

  • 弘中勝之進(松陰先生入獄時48歳)=勝村政信さん

  • 河野数馬(松陰先生入獄時44歳)=本田博太郎さん

  • 富永弥兵衛(松陰先生入獄時36歳)=池内万作さん

  • 孫助=大石昭弘さん

  • 源七=仁科貴さん


  • 松陰先生の母・瀧=赤座美代子さん

  • 松陰先生の兄・杉梅太郎=山ア康一さん

  • 松陰先生の弟・杉敏三郎=江副悟史さん


  • 金子重之助=林憲太郎さん

  • 高杉晋作=南誉士広さん

  • 久坂義助=梅林亮太さん

  • 品川弥二郎=藤森周一郎さん


  • 長井雅楽=柴田善行さん
松陰先生の生誕180年に当たる来年春に公開される予定で、まず山口県内及び福岡県内で来年2月から先行上映され、4月以降に全国上映されるとの事。

― ◇ ◇ ◇ ―

松陰先生高須久子女史の野山獄でのエピソード、それに関連して野山獄での松陰先生が試みた“更生教育”もちょこっとでいいから描いてくれないかなぁ。勿論、富永有麟も登場願いたいし…(笑)

今回、どうしようか迷っています。映画「長州ファイブ」が上映された際は、居ても立っても居られずの心境で山口県内での先行上映を観に行ったのですが、今回はどないしよ?

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)NHK大河ドラマ「花神」、新たに2話発掘される!→
※(参照)NHK土曜ドラマ「遠雷と怒涛と」→
※(参照)待ちに待った「風が燃えた」、33年ぶりの再放送!→
※(参照)NHK大河ドラマ「花神」第19話「上海みやげ」→
※(参照)その時歴史が動いた「奇兵隊〜幕末に命を賭けた若き庶民たち〜」→
※(参照)「長州ファイブ」→
※(参照)すべてはこの時から―昭和52年!→


 


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 05:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136010014
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

吉田松陰:〜「学と云うものは。」
Excerpt: 吉田松陰の言葉をトラックバックさせていただきました。
Weblog: 前向きになれる言葉
Tracked: 2010-01-05 02:24