日本最初の盲導犬たち

日本最初の盲導犬が身に着けたハーネス(胴輪)。リタが使用していた物

皆さんは、盲導犬を身近に接した事がありますか?

私は学生時代、最寄りのバス停留所から乗る際にいつも同じ時間帯に乗り込む女性がおられたのが初めて接する事になったのが最初でした。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、盲導犬は古くはイタリア・ミラノ近郊のポンペイで発掘された壁画や、13世紀頃の中国の絵画などに描かれていて、その多くは長いロープで繋がれた盲導犬が視覚障害者を引っ張って誘導している、といった形での活躍が見受けられます。

また、6世紀頃のフランス・ブルターニュ地方で視覚障害の宣教師が白い小型犬と共に宣教して歩いたという記録も残されています。

初めて盲導犬の訓練をしたのが、ヨハン・ウイルヘルム・クラインというオーストリア・ウイーンの神父で、1819年に盲学校を設立した際、盲導犬の研究も行い、そのデータを基にした著書の中で、視覚障害者が安全に歩行するための手段・方法として、犬の首輪に細長い棒を付けた歩き方を取り上げています。

これが盲導犬の訓練としての最初の出来事と云われています。

その後、現在のように盲導犬の訓練が施設で福祉事業の一環として取り組まれるようになったのが、第一次世界大戦中のドイツからでした。

まず1916年に、ドイツにオルデンブルク盲導犬学校が設立され、翌年に盲導犬が誕生します。

次いで、1923年にはポツダムに国立の盲導犬学校が設立されて多くの盲導犬が誕生し、大戦によって視覚障害となった軍人たちの社会復帰に貢献します。

また、世界各国から集まった訓練士たちを招き入るなど、盲導犬が波及する要因を形成するのです。

以降、盲導犬の育成事業はスイス、アメリカ、イギリスなどの国々において広がりをみせていきます。

― ◇ ◇ ◇ ―

日本人が初めて盲導犬を目撃したのは、昭和13年(1938)にアメリカ人のジョン・ホルブス・ゴードンさんが、オルティー・V・フォーチュネートフィールズという名前の盲導犬と共に観光旅行の途中、日本に立ち寄ったのがきっかけでした。

ゴードンさんは盲導犬の存在を知ってもらおうと、盲導犬と歩く姿を実演してみせたり、講演をしてまわるなど、積極的にアピールをしたのです。

そうしたゴードンさんのアピールに感銘を受けた人たちを中心に、昭和14年(1939)、ドイツのポツダム盲導犬学校から4人の民間実業家がそれぞれ1頭ずつ、計4頭の盲導犬を輸入します。

昭和14年(1939)5月26日、神戸港に4頭の盲導犬であるシェパードが遣って来ました。ボド、リタ、アスター、ルティという名前の4頭です。

これらの盲導犬たちは、日本シェパード犬協会(現:社団法人 日本シェパード犬登録協会)の蟻川定俊氏が、ドイツ語の命令語を日本語に教え直した後、日本の風土に適する様にもう一度訓練された上で、昭和16年(1941)、戦争によって視覚障害となった兵隊たちに下げ渡されます。

4頭の盲導犬は、光と希望を失ったユーザー(使用者)たちを勇気づけ、新しい人生の伴侶として活躍します。

しかし、その一方で戦争の激化と共に、ユーザー(使用者)と爆撃の中を逃げ惑うも盲導犬や人間すら食べるもののない食糧不足の中で手放される盲導犬もいて、数奇な運命を辿るのです―

― ◇ ◇ ◇ ―

日本に遣って来た盲導犬4頭のうち、リタボドは優秀で健康な方だった事もあり、視覚障害となったユーザー(使用者)と共同訓練を受け、日本最初の盲導犬となります。

しかし、最初であった為にリタボドは時代に波に翻弄され、敗戦の混乱の中でリタは病死、ボドは餓死してしまうのです。

でも、悲しい一生だった、とばかりは言い切れません。

それは、リタボドの存在が視覚障害となったユーザー(使用者)にとって、想像を遥かに超えた深い信頼と愛情のエピソードが語られているからです。

楽しそうに野山を誘導する姿や、精悍な顔つきで婚礼写真の真ん中を占める姿、優しい表情で甘える姿など…ユーザー(使用者)と一体となったリタやボドの姿には心が和みます。

ボドの最後(4人目)の主人になった山本卯吉さんは、昭和16年(1941)、中国の戦線で手榴弾により両眼を失明されました。

暗黒の底でささくれ立った心を持て余しながら、懸命に生きる手立てを模索していた頃、入院先の臨時東京第一陸軍病院から、失明兵士と盲導犬の訓練の実験としてボドを使うよう命じられます。

様々な試行錯誤の末、山本さんとボドは抜群の相性を発揮して、実家の植木屋兼農業を手伝い、やがて点字出版の仕事に参加して自立、結婚後更に、失明者への支援に尽力した企業のプレス工としても働く事になるのです。

山本さんはこう言っていたそうです―

ボドといると、新しい事にチャレンジしようと意欲が湧く。ハーネスを握っていると、姿勢を正して行こうと前向きになれる。だから「一、二、一、二」と掛け声をかけて、ボドを励まし、自らも励まして、寒風の中を歩いた。「行こう、ボド」。何時しかこれが口癖になっていた―と。
昭和14年(1939)に起きた旧満州での「ノモンハン事件」に通信兵として従軍し、全身を焼かれて両眼を失明した山崎金次郎さんは、ボドと日本の軍用犬との間に生まれたチト(千歳)と出会います。

チトは戦時下の空襲の際には山崎さんを防空壕へ誘い、戦後家業のラジオ修理業の部品の仕入れの際には大阪・ミナミの日本橋までお供したそうです。

また、その当時は舗装された道路ではなく、ほとんどが砂利道だったので、、雨が降って水溜まりができると、チトは自ら水溜まりに足を突っ込んで、山崎さんが濡れないよう誘導していたと云います。

そんな山崎さんがチトを想い、次のような歌を作っています―
霜道も/いとはず/誘導なしくれる/盲導犬のはく/靴なきか

朝の道/盲導犬と/立ちゐつつ/散る花びらを/頬にうけをり
最早そこには盲導犬と自分という二人称的な表現はありませんね。自分と一体化した、まさに身体の一部分といった感じで、盲導犬に対する愛情が溢れ出ています。

― ◇ ◇ ◇ ―

(参考)葉上太郎『日本最初の盲導犬』(文藝春秋)


 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック