NHK大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」

再来年の平成23年(2011)のNHK大河ドラマ、実に記念すべき第50作目となる作品にごう~姫たちの戦国~」が決定しました。

主人公のごうとは織田信長の妹で浅井長政の正室・小谷の方(お市)の三女で、のちに徳川幕府第2代将軍となる徳川秀忠の正室となり、豊臣秀頼の正室となった千姫や第3代将軍となった家光後水尾天皇中宮となった和子(東福門院)の生母にあたります。主な配役として、

  • お江(のち崇源院)=上野樹里さん


  • 茶々(のち淀殿)=宮沢りえさん

  • お初(のち常高院)=水川あさみ


  • お市(小谷の方)=鈴木保奈美さん

  • 京極龍子(松の丸殿)=鈴木砂羽さん

  • 細川玉(ガラシャ)=ミムラさん


  • 浅井長政=時任三郎さん

  • …「炎立つ」(平成5年7月~6年3月:1993~1994)武蔵坊弁慶役、以来の大河出演ですね!

  • 豊臣秀長(羽柴小一郎)=袴田吉彦さん

  • 豊臣秀次(羽柴孫七郎)=北村有起哉さん

  • 黒田官兵衛(如水)=柴俊夫さん

  • …「草燃える」(昭和54年:1979)三浦胤義役、「春の波濤」(昭和60年:1985)三浦又吉役、「信長 KING OF ZIPANGU」(平成4年:1992)滝川一益役、「徳川慶喜」(平成10年:1998)寺岡勘十郎役、以来の大河出演ですね!

  • 前田利家=和田啓作さん


  • 石田三成(佐吉)=萩原聖人さん

  • 大谷吉継=鈴木一真さん


  • 京極高次(松の丸殿の弟、初の夫)=斎藤工さん

  • 織田信包=小林隆さん


  • 柴田勝家=大地康雄さん

  • …「太平記」(平成3年:1991)一色右馬介役、以来の大河出演ですね!

  • 明智光秀=市村正親さん


  • 森成利(乱丸)=瀬戸康史さん

  • 森長隆(乱丸の弟、坊丸)=染谷将太さん

  • 森長氏(乱丸の弟、力丸)=阪本奨悟さん


  • 佐治一成=平岳大さん

  • …「篤姫」(平成20年:2008)徳川慶喜役、以来の大河出演ですね!

  • 徳川秀忠=向井理さん


  • なか(豊大政所)=奈良岡朋子さん

  • …「花の生涯」(昭和38年:1963)おせい役、「天と地と」(昭和44年:1969)上杉定実の妻役、「春の坂道」(昭和46年:1971)北政所役、「風と雲と虹と」(昭和51年:1976)貴子の乳母役、以来の大河出演ですね!

  • おね(豊北政所)=大竹しのぶさん

  • …「花神」(昭和52年:1977)お里役、「獅子の時代」(昭和55年:1980)平沼(苅谷)千代役、「徳川家康」(昭和58年:1983)於大の方・伝通院役、「元禄繚乱」(平成11年:1999)大石りく役、以来の大河出演ですね!

  • 足利義昭=和泉元彌さん

  • …「北条時宗」(平成13年:2001)北条時宗役、以来の大河出演ですね!
  • 千宗易(利休)=石坂浩二さん

  • …「花の生涯」(昭和38年:1963)「赤穂浪士」、(昭和39年:1964)、「太閤記」(昭和40年:1965)石田三成役、「天と地と」(昭和44年:1969)上杉謙信役、「元禄太平記」(昭和50年:1975)柳沢吉保役、「草燃える」(昭和54年:1979)源頼朝役、「徳川家康」(昭和58年:1983)納屋蕉庵役、「八代将軍吉宗」(平成7年:1995)間部詮房役、「元禄繚乱」(平成11年:1999)吉良義央役、「新選組!」(平成16年:2004)佐久間象山役、以来の大河出演ですね!
  • 豊臣秀吉(羽柴藤吉郎)=岸谷五朗さん

  • …「琉球の風」(平成6年:1994)徳川秀忠役、以来の大河出演ですね!
  • 徳川家康=北大路欣也さん

  • …「竜馬がゆく」(昭和43年:1968)坂本竜馬役、「樅ノ木は残った」(昭和45年:1970)酒井忠清役、「新・平家物語」(昭和47年:1972)以仁王役、「独眼竜政宗」(昭和62年:1987)伊達輝宗役、「北条時宗」(平成13年:2001)謝国明役、「篤姫」(平成20年:2008)勝海舟役、以来の大河出演ですね!
  • 織田信長=豊川悦司さん

  • …「太平記」(平成3年:1991)吉次役、「炎立つ」(平成5年:1993)清原家衡役、以来の大河出演ですね!

各話タイトルは、
  1. 湖国の姫

  2. 父の仇

  3. 信長の秘密

  4. 本能寺へ

  5. 本能寺の変

  6. 光秀の天下

  7. 母の再婚

  8. 初めての父

  9. 義父(ちち)の涙

  10. わかれ

  11. 猿の人質

  12. 茶々の反乱

  13. 花嫁の決意

  14. 離縁せよ

  15. 猿の正体

  16. 関白秀吉

  17. 家康の花嫁

  18. 恋しくて

  19. 初の縁談

  20. 茶々の恋

  21. 豊臣の妻

  22. 父母の肖像

  23. 人質秀忠

  24. 利休切腹

  25. 愛の嵐

  26. 母になる時

  27. 秀勝の遺言

  28. 秀忠に嫁げ

  29. 最悪の夫

  30. 愛しき人よ

  31. 秀吉死す

  32. 江戸の鬼

  33. 徳川の嫁

  34. 姫の十字架

  35. 幻の関ヶ原

  36. 男の覚悟

  37. 千姫の婚礼

  38. 最強の乳母

  39. 運命の対面

  40. 親の心

  41. 姉妹激突!

  42. 大坂冬の陣

  43. 淀、散る

  44. 江戸城騒乱

  45. 息子よ

  46. 希望(最終話)
となっています。

脚本は「篤姫」(平成20年=2008)を手掛けた田渕久美子さんによるオリジナルだそうですよ。

― ◇ ◇ ◇ ―

NHKさんは何匹、どじょうを拾うつもりなのでしょう?―まぁ、田渕久美子さんって事なので「篤姫」路線なのはまる分かりですなんがね(泣)

また戦国、また織田・豊臣・徳川、またも女性目線がターゲット?そういう風潮が続く世情だし仕方ないけど…

所詮は、歴史など全く理解のない田渕久美子さんが創る創作劇に収まりそうなので、個人的には今回も視聴はするけど、録画するほどの貴重価値はない、と感じています。

個人的に感じるのは、(鈴木保奈美さんが出演されるからって訳じゃないけど…笑)昔あった大映ドラマ「おんな風林火山」っぽいシチュエーションな予感が!(笑)

最近、韓流の時代劇モノを観てるせいか、もっと広い視野(時代や人物)を考え付かないのかな?

かと言って、この時代を専攻している私としては、ドラマに便乗しての書籍の出版刊行、新史料等の発見・発表に期待度は大きいです!(笑)

― ◇ ◇ ◇ ―

個人的な期待としては、ごうと2番目の夫・豊臣秀勝(小吉)との間に生まれた娘・豊臣完子さだこの存在をどう描いてくれるかな?ってトコですかね。

この完子さだこ淀殿の猶子として養育(『慶長日件録』)され、後に五摂家九条忠栄(後の幸家)の正室となります。

豊臣秀頼の娘である天秀尼が正保2年(1645)に入寂し、嫡流は断絶。更に、この完子さだこが万治元年(1658)に薨去した事で傍流も途絶える事になります。

昔、この完子さだこをメインに扱った修士論文を見つけた事があったのですが、記録するのを忘れちゃって…(笑)

ps.
そうそう、余談ですが、三姉妹の長女である茶々ですが、いまだに「淀君」って差別用語で呼称されていますね。

ましてや、「淀殿」という呼称にしても、正式名称である「大坂殿」とか「二の丸殿」って感じに歴史考証して欲しいんですけどね。(この点、時代考証の先生方がいくら史実の絶対性を叫ぼうとも、ドラマの展開の面白さ重視のみしか考えない制作スタッフからすれば無視され続けるのでしょうけど…)

― ◇ ◇ ◇ ―

※(関連)特別企画「浅井三代と三姉妹―大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」の登場人物とその生き様を知る展覧会―」テーマ展「謎の秀吉子息たち~三人の秀勝~」展→
※(関連)浅井長政とお市の結婚時期→


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック