十三まいり―大人への始まり

「何があっても、絶対、振り返ったらあかんよ」

京都・西山せいざんの名勝嵐山の中腹にあり、京都市内から渡月橋で桂川を渡った場所に“嵯峨の虚空蔵こくうぞうさん”と親しまれ称される法輪寺において、こんな言葉が行き交う日があります。

京都では陰暦3月13日、現在の4月13日を中心として前後1か月の期間中に、数え年13歳になった子どもたちがこの法輪寺に安置されている虚空蔵菩薩に参詣する風習があります。

それが「十三まいり」というものです。

虚空蔵菩薩にお参りして福徳、智慧、美声を授かり、健康を祈願して厄払いをする行事です。

古くは虚空蔵菩薩の命日にあたる陰暦の3月13日に参詣するのが一般的でしたが、現在では4月13日を中心に、年間1万人以上の13歳の子供とご家族が訪れます。

こうしたお祝い行事としては、「七五三」が関東圏、特に江戸を中心とした武家社会で多く催される風習なのに対し、この「十三まいり」は公家の習慣が庶民に広まったもので、京都のみならず畿内を中心に催されています。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、「十三まいり」は、何故数え年13歳なのでしょうか?

数え年の13歳といえば、ちょうど小学校の最上級生にあたる6年生の時。女子は初潮を迎え、男子は声変わりが始まり、時には夢精にびっくりするなど、大人への始まりを意識する年頃。

また、生まれた年の干支えとが、初めて一巡する年齢であり、“子どもの還暦”と呼ばれる人生の節目の年齢でもあります。

女子にとっては、人生で最初の厄年になる歳であり、男子にとっては、大人の仲間入り、すなわち元服のお祝いをする歳なのです。

それらの理由から、虚空蔵菩薩にお参りをして災厄を祓い、福徳・智慧を授けてもらうんですね。

― ◇ ◇ ◇ ―

では、どうして虚空蔵菩薩への参詣すると授かるのでしょうか?

その昔、弘法大師空海が修行の際、それによって飛躍的に記憶力を増大させたと云われる「虚空蔵求聞持法ぐもんじほうに由来すると云います。

多くの経典を覚えねばならない僧侶たちは「虚空蔵求聞持法」の習得に励んだそうです。寺に100日間籠もって、虚空蔵菩薩陀羅尼だらにを日に1万回唱える修行を行うのに、「虚空蔵求聞持法」によって集中力が高まり、一度聞いた事を決して忘れないという能力が身についたのだそうです。

虚空蔵とは無尽の宝庫で、智恵や財宝を入れる事のできる蔵を指し、虚空蔵菩薩は計り知れない智慧や福徳を備えており、常に人にそれらを与えて願いを満たす菩薩なのです。

そして、同じ様に智慧に関わる菩薩でも、文殊の智慧が知識の量や経験の深さを言うのに対して、虚空蔵菩薩の智慧は集中力やひらめきを言っていたのだとか―。

寺に伝わる『法輪寺縁起』(応永21年=1414)に拠れば、空海の弟子にあたる道昌がこの地で「虚空蔵求聞持法」を行った処、満願の日、衣の袖に虚空蔵菩薩が現れたという法話が残っています。

『今昔物語集』にはこんなエピソードが語られています―、

学問におろそかにし、遊興にうつつを抜かしていた僧侶が法輪寺に参詣しました。本尊の虚空蔵菩薩は美しい後家に化身して、好意を寄せる僧侶に対し「お経が暗唱できたら…」とか「比叡山で学僧になったら…」など巧みに導きます。僧侶は後家との逢瀬を期待して学業に励み、見事大成する―(『今昔物語集』巻17-33「比叡山僧、依虚空蔵助得智語」〔比叡の山の僧、虚空蔵の助けによりさとりを得たる語〕より)
というものです。また、『枕草子』においても「寺は…壺坂。笠置。法輪。」(『枕草子』194段「寺は…」)と並び称される程で、院政期には多くの人々の信仰を集めて隆盛を誇りました。

平安後期の公卿・藤原宗忠も、少年期に度々この寺に参り、学識向上を祈ったと、その日記『中右記』に書き残しています。

その後、「難波より/十三まゐり/十三里/もらひにのほる/智恵もさまざま」という歌や、「十三歳になる都の男女参詣する事おびただし」(『京城勝覧』、天明4年=1784)のように広く知られるようになり、京都のみならず畿内一円からのお参りが一般庶民に広がっていきます。

― ◇ ◇ ◇ ―

法輪寺に参詣し、先ずは半紙にそれぞれが思い思いの漢字1字を筆写して虚空蔵菩薩に奉納し、加持祈祷を受けます。

帰りにはお守りやお供物を頂いて帰ります。お箸はこの日最初に頂く食事の時から使いはじめ、お守りは勉強机に1つと毎日の通学用の鞄に1つを家族でお供物を頂き子の成長をお祝いします。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、冒頭にも紹介した「何があっても、絶対、振り返ったらあかんよ」ですが―

よく云われているのが、法輪寺からの参詣の帰路、本殿を出てから渡月橋を渡り終えるまでに後ろを振り向くと折角授かった智慧を返さなければならない」という言い伝えです。

そのためにも「何があっても、絶対、振り返ったらあかん」訳です。

法輪寺からの参詣の帰路、或いは母と手を繋ぎ、或いは1人で悠々と渡月橋を渡る子どもたち、その顔は立派に大人の仲間入りです。


 

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック