(書斎の窓)マツノ書店、今回の復刻は?―『秋山好古』『秋山真之』『山懸公のおもかげ』

いつもお世話になっているマツノ書店(山口県周南市)からまたまた最新刊のカタログが到着。

今回の復刻本は、『秋山好古』『秋山真之』、及び『山懸公のおもかげ』の3点。

『秋山好古』 『秋山真之』

『秋山好古』及び『秋山真之』については、今年の11月からNHKスペシャル大河として3年かけて放送される「坂の上の雲」の主人公でもありますね。

その原作となる司馬遼太郎氏の『坂の上の雲』の原型ともいうべき書籍にあたるのがこの2冊と云われます。

そして『山懸公のおもかげ』です。

yamagatakonoomokage.jpg

本書は山県有朋が大正2年(1913)2月に没してほぼ半年後の9月に側近だった入江貫一によって著された書籍です。

入江貫一という人物は、山県有朋と同じ長州藩出身の野村靖の次男で、野村の兄で蛤御門の変(禁門の変)で戦死した入江九一の跡を継いで入江家を相続しました。

ましてや、意外と言ったら変ですが、山県といえば、“長州陸軍の首領”というイメージですが、実際のところは派閥の中には殆んど長州人はおらず、4人程度しかいなかったのです。

その少ない長州人の1人であった入江貫一が山県の秘書として最晩年は従事していました。

その彼が山県有朋の人となりを述べた書籍となっています。

※締め切りは3月10日(期間厳守)。発売は4月10日以降(予定)との事。詳細は、マツノ書店まで。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)マツノ書店、今回の復刻は?―『防長回天史』
※(参照)マツノ書店、今回の復刻は?―『大久保利通日記』&『西郷隆盛伝』
※(参照)マツノ書店、今回の復刻は?―『復古記』
※(参照)マツノ書店、今回の復刻は?―『七年史』・『会津白虎隊十九志伝』


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:書籍
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114478642
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック