大河ドラマの名作たちが甦る!―時代劇専門チャンネル「大河ドラマ・アーカイブス」


第1作目の「花の生涯」が放送されて以降、およそ半世紀の歴史を刻むNHK大河ドラマ

しかしながら、残念な事に、過去に制作されたNHK大河ドラマの全てを目にする事は叶いません。

嘗ての放送用ビデオテープは大変高価で、かつ貴重なものであったため、放送を終えた作品のテープは、別の作品を重ね撮りして再利用されていたからです。

NHK大河ドラマにしても、初期の作品については一部の話数しか保管されていません。

ところが今回、CSの時代劇専門チャンネルにおいて、大河ドラマ・アーカイブスと題して懐かしい大河ドラマ作品の中で現存している話数を放送して頂けるのだとか―

今回お目にかかれる作品のラインナップは以下のとおり!

・第1作「花の生涯」(昭和38年=1963)
  第1話「青柳の糸」
・第2作「赤穂浪士」(昭和39年=1964)
  第47話「討入り」
・第3作「太閤記」(昭和40年=1965)
  第42話「本能寺」
・第4作「源義経」(昭和41年=1966)
  第1話「鞍馬の火祭」
  第33話「壇ノ浦」
  最終話「雲のゆくえ」
・第5作「三姉妹」(昭和42年=1967)
  第19話
・第6作「竜馬がゆく」(昭和43年=1968)
  第16話
・第7作「天と地と」(昭和44年=1969)
  第50話「川中島の章 その四」
・第9作「春の坂道」(昭和46年=1971)
  最終話「かくれんぼ その三」
・第10作「新・平家物語」(昭和47年=1972)
  第46話
・第13作「元禄太平記」(昭和50年=1975)
  第18話「刃傷松の廊下」
・第15作「花神」(昭和52年=1977)
  第19話「「上海みやげ」


・第17作「草燃える」(昭和54年=1979)
  第3話「「二人義経」
  第6話「「密使は走る」
  第10話「鎌倉へ」
  第16話「人質」
  第18話「亀裂」
  第21話「義経凱旋」
  第24話「静の舞」
  第25話「頼朝上洛」
  第30話「大姫錯乱」
  第33話「姫君毒殺」
  第39話「頼家追放」
  第43話「父と子」
  第48話「船霊」
  第49話「実朝暗殺」

放送は1月10日より毎週土曜日の20時からオンエア中ですので要チェックですよ!(再放送:翌週土曜日の9時〜、翌々週日曜日25時〜)

― ◇ ◇ ◇ ―

今回の個人的な最大の注目は「花神」「草燃える」を挙げます。歴史が好きになったきっかけを与えてくれたのがこの「花神」で、以来“長州贔屓”な人間なので、待ちに待った!!って感じですね。総集編はVHSもDVDも購入してるので、新しい発見は嬉しい限りです…

「草燃える」は、他の大河作品が稀少なのに比べれば、結構残ってる方ですよね。この作品も全部視聴していたので、、タイトルだけで、どんな内容か想い出されますし…この作品で一番印象に残っている静御前(友里千賀子さん)や大姫(斎藤こず恵さん→池上季美子さん)の放送回が観られるってのも嬉し懐かし!!な感じです。

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)「樅の木はのこっていた!」(その1)→(NHKアーカイブス「お宝発見ニュース」より)
※(参照)番外編 お宝発掘キャンペーン 第2弾募集のお知らせ→(NHKアーカイブス「お宝発見ニュース」より)
※(参照)→“幻”の大河ドラマ「草燃える」を探しています!→放送リスト及び現存数一覧(NHKアーカイブスより)

― ◇ ◇ ◇ ―

※(参照)→すべてはこの時から―昭和52年!
※(参照)→NHK大河ドラマ「花の生涯」
※(参照)→NHK大河ドラマ「花神」第19話「上海みやげ」




          


下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 01:02 | Comment(3) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
こんばんは!御堂さま
お返事ありがとうございます。
テープ起こしをしている御堂少年の姿が、目に浮かびます(笑)。

大河って多少の脚色はあっても、そのリアル性に感動するんですよね(ボクの場合)! その点、他の娯楽系時代劇とは違う思い入れで番組を観ています。
なお、小生呼び名は「Gくん」(敬称込み)でけっこうですから。
Posted by Gくん at 2009年02月04日 21:36
Gくんさん、こんばんは!

僕もNHK大河は「花神」から観始めて32年目に突入しました。それぞれの作品で、その時の世相がわかるし、何よりも、その当時の原風景が映し出されていた点が嬉しいです。(史跡の中には観光地の見栄え良く、原型を変えてしまったものもありますので…)

僕の家の場合、初めてビデオを買ったのが「武田信玄」(昭和63年=1988)の時で、それ以前はカセットテープに録音して、後でノートにセリフなどを書き写す―ってな事をやってたんですよね、懐かしい限りです(笑)
Posted by 御堂 at 2009年02月03日 22:10
こんばんは!御堂さま
NHK大河は、ボクも特別な思い入れでみています。

少年のころ(たぶんうちの家族みんなだと思いますが)は、その時代に”タイムスリップ”したような「錯覚」に陥りながらみていました。
ご紹介の大河、総集編でなく単独話でみれるということは魅力ですね! 残念ながらうちにはCSもBSもありません。トホホです。
Posted by Gくん at 2009年02月02日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113539673
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック