「花嫁は16歳。」(原題:女子高生の嫁入り)

yogosen-01.jpg

スカパーの衛星劇場「花嫁は16歳。(原題:女子高生の嫁入り)」を観ました。

韓国に伝わる高句麗時代の民話をモチーフにした現代版ラブコメなこの作品。

平凡な高校生活を送るりつつも、タフでサムチャン(=ケンカが上手いという意味)なお転婆な少女・ピョンガン(イム・ウンギョンさん)は、幼い頃から訳もなく涙を流し続ける奇妙な女の子でした。

心配した母親が占い師の許に連れて行くと「悲恋伝説の姫に取り憑かれているから、16歳の誕生日までにオンダル将軍の生まれ変わりと結婚し、1年以内に子どもを出産しなければ死ぬ」と告げられてしまいます。

そんな占いを母親は相手せず、ピョンガンも半信半疑だったのですが、最近妙に災い事が降りかかる感じ―

占いが俄かに真実味を帯び始めたとき、彼女の前にオンダル(ウン・ジウォンさん)という名の転校生が現れます。

yogosen-02.jpg

何とか彼を射止めようと、あの手この手で必死にモーションをかけるピョンガンですが、なかなか上手くいかない上に、高校生である彼らの結婚は簡単に認められる訳もなく、しかも、ピョンガンの16歳の誕生日を目前にオンダルはアメリカに旅立つことに…

yogosen-03.jpg

果たしてピョンガンの運命や如何に!?―って感じな2人の、キュートで昔懐かしい純愛ラブコメな作品です。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、この作品のエピソードとして使われた高句麗時代の民話というのが、「馬鹿温達オンダル平岡ピョンガン姫」というもので―

朝鮮半島における三国時代高句麗百済新羅が並び立った時代)、高句麗第25代の平原ピョンウォンの一人娘に平岡ピョンガンという美しいお姫様がいました。

平岡ピョンガンは幼い頃から泣きべそで、一度泣き始めると宮廷中にと泣き声が響き渡り、誰がどうなだめても泣き止むことがなく、“泣き虫姫”と呼ばれていました。

困った平原ピョンウォンと王妃は、そんな姫をなだめる際に「そんなに泣いてばかりいたら、お前が大きくなったら“馬鹿温達オンダルのに嫁に行かせてしまうぞ」とからかいました。

すると不思議な事に平岡ピョンガンはピタリと泣き止んでしまうのでした。

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、平原ピョンウォンや王妃が比喩した温達オンダルという人物は平壌城の城壁の外側の町に目の不自由な母親と二人暮しで、そんな母親を養うために毎日村に出て行っては物乞いをして暮らしていました。

人々はそのような温達オンダルをいつも「馬鹿の温達オンダルが来るぞ」とあざ笑っていました。

しかし心優しい温達オンダルは怒る様子も見せず、笑いながら通り過ぎてしまうくらい真面目で心が綺麗な人柄だったのです。

そうした“馬鹿の温達オンダルは乞食だが心優しい孝行者”という噂が宮廷の平原ピョンウォンの耳にも届いていたのですね。(『三国史記』温達伝)

― ◇ ◇ ◇ ―

歳月が経ち、毎日泣いてばかりいた平岡ピョンガンも美しい花盛りの年頃(16歳)になりました。

平原ピョンウォン平岡ピョンガンを貴族の高氏の家に嫁がせようとしましたが、平岡ピョンガンは「王様はいつも私に温達オンダルの嫁に行かせると、私が幼い頃泣く度にそう仰ったではありませんか。一国の主でいらっしゃる王様は嘘や冗談を言わないものです。私はこれまで王様のお言葉を一度たりとも嘘だと考えた事はございません。それ故、私は他の人とは結婚できません。私は温達オンダルの許にお嫁に参ります」と、幼い時から聞かされ続けた“馬鹿温達オンダルの嫁になる、と言い張ります。

激怒した平原ピョンウォンは意志の固い平岡ピョンガンに対し、「私の教えに従わないというのなら、私の娘ではない。勝手にしなさい」と平岡ピョンガンを宮殿から追い出してしまうのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

平岡ピョンガンは、小さい頃から聞かされ続けていた平原ピョンウォンや王妃のからかい事に対して、何時の間にか(自分は)大きくなったら、温達オンダルの所にお嫁に行くものと思い込み、温達オンダルの風貌や人柄を気にかけるようになっていました。

ある時、平岡ピョンガンは侍女に温達オンダルの事で知っている事を話すようにと尋ねると、侍女は「あの有名な“馬鹿温達オンダルを知らなかったら本当に馬鹿ですよ」と数々の噂を平岡ピョンガンに語るのでした。平岡ピョンガンの心は、温達オンダルへの憧憬が一層強まっていたのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

温達オンダルは馬鹿ではないわ。目の不自由なお母さんのお世話をする孝行者じゃないの」と呟きながら平岡ピョンガン温達オンダルの家に向かっっていくのでした。

人づてに聞いて温達オンダルの家を訪れると、家には目の不自由な年老いた温達オンダルの母親が1人で居りました。

平岡ピョンガン温達オンダルがいる場所を尋ね聞きました。目の不自由な温達オンダルの母親は香りの良い平岡ピョンガンからの匂いを嗅ぎ分け、訪問者が高貴な身分の方だと感じたのでしょう。温達オンダルの母親は平岡ピョンガンの手を触って「私の息子は貧しいので、高貴な方とお会いできるような者ではありません。今あなたから格別な香りがします。きっと偉い方に違いないでしょうね」と語りました。

平岡ピョンガン温達オンダルを探して山に向かいました。そして、その胸のうちを温達オンダルに告白します。温達オンダルは驚いて拒絶するのですが、やがて温達オンダル平岡ピョンガンの決心を理解し、二人は夫婦となって暮らし始めます。

― ◇ ◇ ◇ ―

温達オンダル平岡ピョンガンの結婚生活で、平岡ピョンガンは家事や目の不自由な母親の世話など、宮廷では経験した事のない生計を営みますが、心は豊かで幸せな毎日を過ごしていました。

ある時、平岡ピョンガンは持参していた金の腕輪や宝石類を温達オンダルに差し出します。実は、宮廷を追い出される平岡ピョンガンを母である王妃は泣きながら見送った際に王様に分からない様にこっそりと金の腕輪や宝石類を包んで持たせていたのです。

「これらを売って、立派な家と田畑を買いましょう」―

しかし、温達オンダルは「苦労しないで得た財産は人を怠け者にしてしまう」と言って、平岡ピョンガンに差し返します。

温達オンダルは皆が言うような“馬鹿温達オンダル”とは違って、温達オンダルがあまりにも人が良すぎるので馬鹿にされ易かったのだと平岡ピョンガンは思うのでした。

しかし、温達オンダル平岡ピョンガンの真心に感じ入り、家や田畑、使用人(奴婢)、家畜の馬や牛、そして家財道具も買い揃えました。

温達オンダルは田畑での労働や家畜の世話などを一生懸命働きます。

ある日の事、「あなたに今必要なのは読み書きを習う事です」と言い、平岡ピョンガン自身が温達オンダルに文字の読み書きを教え、習得させていきます。

こうして温達オンダルは、昼は田畑の開墾に精を出し、夜は勉強に努めるという日々が続きます。

温達オンダルがある程度文字の読み書きが習得できるようになると、平岡ピョンガン温達オンダルに「あなたは、農業をする人ではありません。武芸を習ってください」と言い、鍛錬に励ませます。

またまた温達オンダルは、昼は剣術や弓術、狩猟、やり投げ、乗馬などの武術を習わせ、夜は勉強という日々が続きます。

そうこうするうちに、温達オンダルは体格も頑丈になり、武術の鍛錬もよく行ったために武人としての才覚が備わっていきました。

ある時、平岡ピョンガン温達オンダルに馬を買ってくるように言いました。その際に「市場で出回っている馬は買わずに、宮廷から使い道がないと払い下げられた馬を買ってください。そして、その中でも病気になってやつれた馬を選んでください」と注意を与えます。

そうして買った馬も大事に真心を込めて世話をしたので、日増しに太り、丈夫で立派な軍馬に仕上がったのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

数年経ったある日、狩猟大会と武術大会の開催の知らせを聞き、温達オンダルは参加して素晴らしい実力を発揮します。

高句麗では毎年3月3日に狩猟大会と武術大会が催されていて、そこには王族をはじめ臣下の者や兵士らも列席、参加するのです。

温達オンダルは誰よりも速く先頭を走り、も参加して一番多くの獲物を捕らえたので、平原ピョンウォンの目に留まりました。

平原ピョンウォン温達オンダルを呼んで名前を訊ね、彼があの“馬鹿温達オンダルだと知って驚きます。そして、温達オンダル高句麗の将軍に任命します。

中国・後周(=北周)武帝高句麗の領土である遼東ヨドンを攻撃してきた時、温達オンダル高句麗軍を指揮して大きな勝利を収めます。平原ピョンウォンは大変喜んで、正式に平岡ピョンガン温達オンダルの結婚式を挙げさせて、温達オンダルを娘婿に迎え、「大兄テヒョン」という高い官職に授けます。温達は優れた武芸と戦争での功労が認められ、身分の壁を越えて新しい政治勢力の代表になったのです。

宮廷を追い出されて温達オンダルの許に行った平岡ピョンガンもやっと平原ピョンウォンや王妃と再会する事が叶いました。

― ◇ ◇ ◇ ―

実際のところ、平原ピョンウォンの治世下での政治的状況は非常に複雑で、平原王の祖父の時代から貴族勢力の抬頭で王権は弱くなり、貴族の権力が強くなります。こうした状況から王権を強化するために平原ピョンウォンは貴族勢力を牽制するための新興政治勢力を必要とし、登用しました。

その結果、新しい政治勢力が生まれ、温達オンダルはその第1世代の代表的人物だったといえますね。

平原ピョンウォンの死後、嬰陽ヨンヤンが即位した590年。温達オンダル高句麗の総司令官として新羅との戦いに臨みますが、阿且山アチャソン城での戦いの中、温達オンダル新羅軍の矢を受けて戦死してしまいます。

高句麗の軍使たちは悲しみながら温達オンダルの遺体を棺に入れて宮殿へ運ぼうとしました。ところが不思議な事に何人がかりで動かそうとしても棺はびくともしません。

失った領土を回復しようと戦いに臨んだけれどそれが果たせなかったという情念のためなのか、温達オンダルの遺体を入れた棺が地面にくっついて動かせなくなったのです。

結局、平岡ピョンガンが峨旦城まで来て、涙を流しながら「死ぬ事は天が定めた事なのですから、もうお戻りください」と話しかけると、それまでびくともしなかった棺が動いたのです。

この温達オンダル平岡ピョンガンとの美しい恋物語、そして“馬鹿温達オンダルではなく高句麗の英雄としての温達オンダル将軍は、現在も韓国の歴史の中で生き続けているのです。

― ◇ ◇ ◇ ―

番組の最後でピョンガン(イム・ウンギョンさん)とオンダル(ウン・ジウォンさん)の娘として、ナンランちゃんが登場しますが、こちらも民話の好董ホドン王子と楽浪ナクラン姫」のエピソードネタでしたね(笑)

こちらもドラマ性十分ですしね!(しいて言えば『風の国』!?)





下記のブログランキングに参加しています。
記載された内容が目に留まった際には、クリックをお願いします!
人気ブログランキング
にほんブログ村 歴史ブログ
posted by 御堂 at 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史:ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。