近衛経忠と「藤氏一揆」、そして…

時は南北朝時代の幕開け時期―南朝(吉野朝)方の重臣・近衛経忠が、東国に拠点を置く藤原姓の小田・小山・結城氏らに呼び掛けて、「藤氏一揆」、すなわち藤原氏連合を結成させ、小山朝郷を坂東管領とし、自ら藤氏を束ねる関白(&氏長者)として天下を掌握しよう―という動きを見せた。

こういう図式ですね―

「関白(氏長者)」近衛経忠

「坂東管領」小山朝郷

小田・小山・結城氏の諸氏

この時期の東国は、検断奉行の地位にあって、南奥羽から北関東にかけて広範な勢力を有する白河結城氏を中心とした国人一揆の結集(あるいは拠点作り)に精力を傾けていた北畠親房常陸国小田城に拠っていました。

結果として、「藤氏一揆」は起こらなかったのですが、こうした近衛経忠の画策は、北畠親房のそれと相俟って、南朝(吉野朝)方の二律背反な政策を露見させてしまい、東国の南朝方に疑心暗鬼を生じさせ、逆に不信感を募らせてしまい、東国の南朝方は分裂してしまいます。幕府方の一掃や抑止力を形成しようと目論んだ北畠親房の思惑は外れ、親房は虚しく吉野へ帰京します。

― ◇ ◇ ◇ ―

一体、近衛経忠はどうして「藤氏一揆」を企てようとしたのでしょうか?

多く言われている主張として、南朝(吉野朝)系の中で主戦派と講和派の対立が挙がります。

この場合、主戦派の代表格は北畠親房という事になります。近衛経忠は、実は講和派の1人で、講和をスムーズに持っていくとすれば、主戦派の親房の存在は差し障りがあるので、この際親房を排斥しようとした―というものです。

― ◇ ◇ ◇ ―

実際のところ、近衛経忠という人物をどう捉えるべきでしょう?

経忠の祖父で伏見天皇摂政・太政大臣を務めた近衛家基には、2人の男子がいました。1人は長男である家平(=経忠の父)、もう1人は次男の経平です。このうち、家平は長男ですが、母は鷹司家出身の女性でした。経平は次男ですが、母は亀山天皇の皇女でした。

家基は生前から自分の跡には母親が亀山天皇の皇女である経平とし、家平を後見役にしようと考えていた節があります。

家基の死後、遺言など何処へやら、家平関白・左大臣となります。家平経平近衛家の嫡流争いをして対立し、それがそのまま2人の息子たちの代にも続く事となって、経忠経平の子・基嗣と争うのです。

ちょうど後醍醐天皇が即位して以降、経忠関白藤氏長者として重用されます。ライバルである基嗣後醍醐天皇の皇女を妻としているのもかかわらず…きっと経忠は才に長けていたのかもしれませんね。

建武の新政が成って以降も、経忠は再び左大臣藤氏長者として重用され続けます。

その後、足利尊氏が入京し後醍醐天皇が吉野へ逃れた後に尊氏が擁した光明天皇が即位すると、経忠関白に任じられます。

経忠は密かに京都を脱出し吉野へ走ります。激怒した光明天皇経忠を解任し基嗣関白にします。

南朝(吉野朝)での経忠内覧・左大臣・藤氏長者を歴任し、後村上天皇関白を務めています。

とは言っても、村上源氏系の北畠親房の政策面での対立などがあって、一度吉野を出て京都に舞い戻っています。

ところが、京都に舞い戻ったとしても、所領や権限は全て基嗣側が握っており、当たり前の事ですが、京都には経忠の安穏の地では無くなっていました。

そこで、才の溺れた経忠「藤氏一揆」構想を画策したのかもしれません―

― ◇ ◇ ◇ ―

こうした近衛経忠「藤氏一揆」構想を具現化しようとした人物が約220年後に現れます。

永禄3年(1560)9月、近衛前久の関東下向」がそれです。

図式で示すと、

「関白」近衛前久

「関東公方」足利藤氏

「関東管領」上杉輝虎

関東地方の諸氏

この構図は「藤氏一揆」って訳じゃないけど、意外と先例として聞かされていたのかも…

― ◇ ◇ ◇ ―

さて、近衛経忠ですが、彼は正平7年・観応3年(1352)に亡くなります。北畠親房が翌々年の正平9年・文和3年(1354)に亡くなるので、対立は相打ちといった感じかな!

ただ、経忠にとってみれば、確かに建武の新政下で後醍醐天皇即位中は天皇親政って事で、院政(=治天の君)も置かず、摂政・関白征夷大将軍も設置されずにいましたが、後醍醐天皇薨去後は南朝(吉野朝)であっても、院政摂政・関白征夷大将軍も復活しているのです。

現実に近衛経忠もその子、経家二条家の者たちも南朝(吉野朝)方の摂関として君臨しています。

それ故、近衛経忠北畠親房と共闘していれば、また違った南北朝の抗争が観られたのに!と思う感じがします。

この記事へのコメント

  • 御堂

    赤堀芳男さん、来訪&コメントありがとうございます!

    過分な評価をして頂き、感謝致します。これからも暖かく見守って頂ければ嬉しいです!
    2011年10月01日 02:27
  • 赤堀芳男

    今晩は。初めてお便りいたします。私は幻想歴史小説を書いていますが、歴史にのっとったものではありません。プログを拝見して、日本の歴史がよく理解できます。歴史を学習したいと思いますので、これからも拝見させていただきます。よろしくお願いします。
    2011年09月30日 20:15

この記事へのトラックバック